« 左目は終了、右目はもう少し | トップページ | 遙か凍土のカナン »

2014/12/17

ラデク・バボラーク/アレシュ・バールタ、ホルンとオルガンのコンサート

2014年12月17日

芸術劇場の、ラデク・バボラークとアレシュ・バールタの、ホルンとオルガンのコンサートに行ってきました。バボラーク氏のホルンは以前から聞きたいと思っていたものの、チケットは買っていても都合で行けなくなったり、スケジュールが合わなかったりで、延び延びになっていたものです。オルガンとの組み合わせという、珍しいコンサートになりました。また珍しく、カミさんと一緒です。

芸術劇場は、会社の帰りだと19時に着かないので、あまり行くことはありません。時間を気にしなくて良くなったので、晴れて平日夜に行けるようになりました。改装になってからは、初めてです。ただし現在の「階段禁止」の状態だと、どう行くかが問題です。芸術劇場近くの出口はエスカレータがなく、また地下道が接続していますが、最後に階段があるようで、「車いすの方はご連絡ください。」と書いてありました。そこで副都心線からC9のエレベータで上がり、そこから外を歩いて行くことにしました。

渋谷で副都心線に乗り換えて待っていると、「菊名で非常停止ボタンが押されたため、8分の遅れになっています。」というアナウンス。単に遅れただけではなくしばらく電車が来なかったようで、ホームはかなり混雑しています。東急5050系の各停を見送り、次に渋谷で抜かれる5050系が来て、その次のメトロ7000系の急行に乗り込みました。西武線直通が東武線直通に変更になるという変わった運用変更でしたが、メトロ車なら何でもありです。しかしやたら東武車が目立つ田園都市線と違い、東横線は東急車が多いです。

急行に乗れたため遅れの分は取り戻し、予定通りに池袋に到着、C9のエレベータで上がります。ここのエレベータは「お体の不自由な方専用」などと言う掲示はないため、カムフラージュの必要はありません。そこから芸術劇場までは100mちょっとですが、ひどい雨であちこち濡れました。

芸術劇場に到着、傘を置いて、エスカレータで上がります。改装前の空中を上がっていくようなエスカレータはなくなり、壁に張り付いたオーソドックスな形になりました。芸術劇場のコンサートホールが地上5階(オフィスビルだと、7階くらいの高さ)いう高いところになったのは、下を走る地下鉄の振動/騒音を避けるためだとか。確かに、有楽町線が真下ではないものの、すぐ前の道路の下を走っています。かつて東京文化会館には秋葉原貨物駅の入替の騒音を避けるための防音壁がありましたが、鉄道の音というのは、音楽ホールにとってはかなり神経を使う存在のようです。

席は3階、2階まではエスカレータがあり、そこから先は階段かと思ったら、エレベータがありました。ただ2階以上の席は客席自体が階段ですから、出入りは必ず上り下りが伴います。そこはまあ、ゆっくりと。

バボラーク氏はチェコの出身ですが、オルガン奏者のアレシュ・バールタ氏もチェコの出身、今日のジョイントはそういう縁のようです。どこに立って演奏するのかと思っていたら、オルガン奏者の横でした。そこで横向きに立ち、ホルンのベルを客席に向けての演奏でした。席を申し込むときに1階の前の方が空いていたのですが、3階にして良かったです。

最初はバッハのコラールなど。バボラーク氏のホルンは、最初の音を聞いただけで「うわー、良い音!」と思います。それからブラウンの「無伴奏ホルンのための前奏曲」(ホルンソロ)、リストの「バッハの名による前奏曲とフーガ」(オルガンソロ)があり、「バボラーク氏のホルンはオーケストラの中ではどうなるだろう。」と思っていたところに、ブルックナーの交響曲7番の第2楽章をオルガンとホルン用に編曲したものがありました。

バボラーク氏のホルンは当然ひっくり返ったり外したりすることもなく良い音で、ホルンは簡単な楽器のように思えてしまいます。しかし先日日本音楽コンクールのホルン部門の決勝を聞きましたが、皆さんひっくり返ったり外したり。これでもファイナリストかと思いました。それだけホルンは難しい楽器なのでしょう。そうやってみると、かつてN響にいた松崎氏や日高氏など、いかに名手だったかがわかります。

後半は、ボク、ヤナーチェク、サン・サーンスの小品から。サン・サーンスの「ホルンとオルガンのためのアンダンテ」は、サン・サーンスはこんな曲も書いていたんだ、と思うような曲でしたが、しばらく忘れ去られていたものが、1980年になって再発見されたものとか。最後はクリスマスキャロル週で華やかに終わりました。良い演奏会でした。

帰りは、下り階段ばかりになるので山手線で帰りましたが、代々木を出たところで非常停車、何でも新宿駅で線路に人が降りたとかで、その場所と原宿でしばらく足止めを食いました。おかげでなんやかんやで寝たのは12時半、昔は当たり前(早い方?)でしたが、最近は12時前には寝るようにしているため、久しぶりの夜更かしになりました。

« 左目は終了、右目はもう少し | トップページ | 遙か凍土のカナン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 左目は終了、右目はもう少し | トップページ | 遙か凍土のカナン »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ