« ラデク・バボラーク/アレシュ・バールタ、ホルンとオルガンのコンサート | トップページ | 手術後初めての遠出 »

2014/12/19

遙か凍土のカナン

2014年12月19日

昨年の終わり頃から「マージナルオペレーション」にこり始め、そのまま芝村裕吏氏の「遙か凍土のカナン」に移行しました。最初の1冊は店頭で見つけたのですが、以降は例によって店頭ではなかなか手に入らず、最近はAMAZONです。そう言えばマージナルオペレーションを本屋に注文したのに入手できずAMAZONに切り替えたのが、ちょうど1年前でした。

今回の遙か凍土のカナン、第3巻をAMAZONに注文したらしばらくして第4巻の予約案内が来て、予約して入手しました。もう本屋での入手はあきらめたのです。ところが、昨日所用で横浜に行き、時間があったのでダイヤモンド地下街をぶらぶらしていたら、有隣堂が移転していました。横浜駅から見て右の方にあったのが、中央やや左です。児童書とコミックが別になっておりそこも覗いたら、マージナルオペレーションが全巻と、遙か凍土のカナンが最新の第4巻まで、すべてそろっていました。しかも遙か凍土のカナンは平積みです。ただし全部コミックと同じシール済みで、中を確認するわけにはいきません。周りを見たら、ラノベ系は全部このコミックコーナーにあるようでした。

小生はネット販売があまり好きではなく、店頭に並ぶならそちらで買います。ただ有隣堂でも横浜のダイヤモンド地下街にしか並ばないとなると、横浜まで来る交通費がばかばかしくなります。AMAZONは送料無料なので、地元の本屋さんに並ばないものはまだAMAZONになりそうです。

追記です。小生のホームページの「3回目のインターフェロンその後」に、2010年と2011年を追加しました。

« ラデク・バボラーク/アレシュ・バールタ、ホルンとオルガンのコンサート | トップページ | 手術後初めての遠出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんばんは。
本は、近くの本屋にオーダーしても「ネット取り寄せが早いですよ」と言われる始末。
有隣堂がD地下街中央通りに移転したのは知っていましたが、
昨日、初めてコミック売場の方へも行ってみました。
目的の「マスターキートン reマスター」は、やはり在庫切れでしたが。
(ネットでも割高の中古しかないのです、先月発行なのに)

ダイヤモンド地下街とジョイナスは、ずっと改装、店舗移転、入れ替えが激しく、しばらく行かないと、目的のお店が所定のところに無い状態が続いています。

富士山、綺麗ですね。岡山、体調崩さずで良かったです。

PS. ココログはiPadのSafariと相性が悪いのかコメントがなかなか入れられず、ROMで失礼してます。
(これはヤフーアプリから入れてみます)

miyaさん、ありがとうございます。

「マスターキートンreマスター」、すでに在庫切れですか。小生が行ったときは、まだあったような気がしたんですが。なお小生は、自宅近くのスーパーの中の本屋で手に入れました。ほとんど発売当日でしたが。

南海さん、発売当初なんて、素早い(笑)。
うちは東横線の車内広告で発売を知りました。
Amazonと有隣堂では無かったのですが、出版社サイトからe-hon経由で近所店舗で取り寄せられそうです。一人1冊限定(^_^;)

miyaさん。
出版社サイトという手がありましたね。
最近はなかなか再版してくれないので、流通在庫が無くなったら本当に入手できなくなります。在庫確保、何よりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/60832414

この記事へのトラックバック一覧です: 遙か凍土のカナン:

« ラデク・バボラーク/アレシュ・バールタ、ホルンとオルガンのコンサート | トップページ | 手術後初めての遠出 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ