« カムフラージュ | トップページ | 納豆復活 »

2014/11/13

バイアスピリンとワーファリン

2014年11月13日

小生が月1回顔を出している大学のクラブのOB会は先輩方が多いのですが、脳梗塞の予防やら、経験者の方は、バイアスピリンを飲んでいる方ばかりで、ワーファリンを飲んでいるのは小生だけでした。そこで気になって調べたところ、

バイアスピリン→抗血小板薬→速い流れ(動脈)に適している。
ワーファリン→抗凝固薬→遅い流れ(静脈)に適している。
ということがわかりました。脳梗塞や心筋梗塞は動脈系ですから、バイアスピリンになるわけですね。一方小生などの心房細動系は、心臓の中でよどむことでの血栓や凝固の防止ですから、ワーファリンになるわけでした。

小生も、ぶどう膜炎の初期の時、バイアスピリンを処方されたことがあります。網膜の血流が悪くなっているとのことで、その血流復活用でした。結果は復活しませんでしたが。

小生は内出血の緊急対策としてワーファリンを中断しているため、血液さらさら系の薬は、何も飲んでいません。心房細動が起こらなければ良いのですが、元々小生は左心房が肥大している上に僧帽弁からの逆流もあり、血液はよどみやすくなっています。カテーテルアブレーションの結果逆流は少なくなっているはずなのですが、確認するのは1月末です。そこまでは、ひたすら心房細動が起こらないよう、おとなしくするのみです。

« カムフラージュ | トップページ | 納豆復活 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

私は1回目のIFN治療後、しばらくして、一過性脳虚血発作の疑いで職場で倒れ、救急車ですぐ近くの
病院に緊急入院しました。その際に、緊急に血流をよくする薬を点滴し、事なきを得ました。バイアスピリンの
服用を勧められましたが、めんどうになりしばらく飲んでやめてしまいました。あれから14年経過しましたが、
再発せず、ほっとしています。

yokobueさん、ありがとうございます。

一過性脳虚血ですか。再発が起こらなくて、何よりでしたね。
バイアスピリンの方が手軽と言うか、他に影響が少ないので、勧められる例が多いようですね。
小生は今ワーファリンを飲んでいないので、去年悩んでいた蓄膿を治療するチャンスなのですが、なぜか今年は花粉症が起きません。あれは花粉症ではなく、レニベースの副作用なのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/60645163

この記事へのトラックバック一覧です: バイアスピリンとワーファリン:

« カムフラージュ | トップページ | 納豆復活 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ