« カメラを持って散歩 | トップページ | バイアスピリンとワーファリン »

2014/11/11

カムフラージュ

2014年11月11日

小生は外見から見ると、どう見ても病人には見えません。歩くときも、一度首を痛めたときに整形外科から「もうっと胸を張って、堂々と歩け」と言われたこともあり、歩き方も病人には見えません。それが駅でゆっくり歩いていたり、エレベータを待っていたりすると、怪訝な顔をされるわけです。

そこで、100円ショップで杖を買ってきました。今はこういうものまで100円ショップで売っているのも驚きですが、当然強度や耐久性は期待できません。本当に杖が必要ならそれなりのところで買いますが、「カムフラージュ」用には、これで十分です。長さは、置いてある中で一番長い86cmです。身長から言うと、あと2cmくらい長い方が良いのですが、まあ良しとしましょう。14111101a


どういうときに使うかというと、まず図書館のエレベータ、「お体の不自由な方専用」と書いてあるエレベータも、これで堂々と乗れます。それから町中のコーヒー店など、「1階の席空いてない?」と堂々と聞けます。

もともと、内臓疾患の方は外見からわからないため、優先席でも席を譲ってもらえないなど、ご苦労されていると思っていました。3ヶ月間のドクターストップとは言え、今は小生が不便を感じています。姑息な手段ですが、自衛策です。

« カメラを持って散歩 | トップページ | バイアスピリンとワーファリン »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

小生も膝が痛いときに100均で杖買いました。
丈夫にできていて、良い買い物をしたと思いました。

杖なしでも、足が痛いときはエレベーターや優先席に堂々として座っちゃいます。
年のせいか厚かましくなってきました。

ひでほさん、ありがとうございます。

小生も、もっと堂々とやって良いとは思うのですが、昔からいろいろ言われ続けた、被害妄想もあるんでしょうね。まだ杖を持って人混みには行っていませんが、エレベータには堂々と乗れています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/60635548

この記事へのトラックバック一覧です: カムフラージュ:

« カメラを持って散歩 | トップページ | バイアスピリンとワーファリン »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ