« 高学歴ワーキングプア | トップページ | 繰り返せない旅だから »

2014/09/04

隅田川貨物駅

2014年9月4日

かんかん照りではなく、そして雨も降らなさそうだったので、かねてから一度行ってみたいと思っていた隅田川貨物駅に行ってきました。特に、HD300の入替時の音を聞いてみたかったのです。Img_59261a


最寄り駅は、南千住になります。地下鉄経由で行き、降りて駅前の歩道橋に上がったら、いきなり目の前にEH500が推進運転する貨物列車と、単機のEH500が併走中。何じゃこれは、と思いましたがカメラを出す暇もなく、通り過ぎました。Img_59311a


推進の貨物列車は引き上げ線で停車した後、一番南千住駅寄りの急カーブの線を通って出発していきました。まだ地理が頭に入っていませんが、これが南千住で合流する隅田川短絡線のようです。そうしたら今度は田端川から、EASTi-E(E491系)登場、建築限界測定用のマヤ50 5001を併結した4両編成です。これも短絡線を通って、常磐線へ向かいました。Img_59331a


入替機関車は、と見ると、DE10とHD300が1両ずつ稼働しているようです。しかし昔のヤードと違い貨車の組成がありませんから、ある時間が来ると動きますが、休み時間は結構あります。貨物列車の到着/出発時間を控えておくと、効率が良さそうです。Img_59361a


肝心のHD300の音はと言うと、引き出し時に吊り掛けモーター車のような音を立てますが(確か、モーターは吊り掛け式だったはず)、それ以外は低い連続したエンジン音がするだけで、コンテナ車のカシャカシャという連結器の音や、レールのきしり音に隠れ、ほとんど音がしません。その点DE10は引き出し時にエンジンを吹かせますから、こちらの方が迫力はあります。迫力のある音というのは、それだけ無駄が出ていると言うことですから、技術が進めば次第に迫力はなくなってくるのでしょう。Img_59421a


南千住駅の横を通る短絡線は、駅前のかなり低い位置を通ります。防音壁がありますが、面白い写真が撮れるのではないかと撮影場所を探していたら、いきなりEF65が現れました。常磐線にEF65?と思って帰ってから調べてみたら、馬橋から武蔵野線に入り、ぐるっと回って新鶴見を通る東京貨物ターミナル行きでした。Img_59701a


カメラに望遠レンズまで入れたバッグを抱えて歩道橋を行ったり来たりしていたら、案の定帰りの電車の中で、派手に心房細動が起きましたが、座っていける時間帯なので、治まる時間は(ゆっくり休む時間は)十分にありました。

« 高学歴ワーキングプア | トップページ | 繰り返せない旅だから »

鉄の話」カテゴリの記事

コメント

南千住は、いつも常磐線で通りすぎちゃいます。
小生には門外漢ですが・・・いろいろ楽しめそうですね。
どうでもいいことですが・・・
以前ばんばんさんに聞いた・・・・
おいしいうなぎ屋さんが南千住にあるらしいことを、
南海さんの記事を拝見して、思い出しました。

ひでほさん、ありがとうございます。

場所柄東北/常磐計の機関車が多いですが、機関車好きにはたまらない場所でした。
南千住のおいしいうなぎ屋さんですか。確かに、ありそうですね。
メトロの南千住駅前の歩道橋をうろちょろしていましたが、人の動きは、ものすごく多かったです。これだけ人が多いと、なにやら穴場の店はありそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/60259756

この記事へのトラックバック一覧です: 隅田川貨物駅:

« 高学歴ワーキングプア | トップページ | 繰り返せない旅だから »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ