« 【新聞記事】C型肝炎の新薬、承認へ | トップページ | 追われる夢 »

2014/09/10

入院保証代行サービス

2014年9月10日

10月20日に入院することになっていますが、その時提出する入院申込書には、保証人と連帯保証人の名前を書く欄があります。この保証人と連帯保証人が同一人物で良いのかどうかは確認する必要がありますが、保証人は必ず必要なようです。今まで「連絡先」として書いたことはありますが、この「保証人」というのは初めてのような気がします。

まあ、今まで入院したのは肝臓の慢性病センターか眼科だったので、入院した当事者が死ぬ確率は、非常に低いものでした。ところが心臓病センターというのは、患者が死ぬ可能性も高く、死んだ場合の遺体の引き取りと支払い保証は、しっかり確認しておかなければならないのでしょう。当然と言えば、当然です。

これは言い換えれば、保証人がいないと、心臓手術は受けられないことになります。独居老人となったら、大変だと思ってちょっと調べたら、保証代行サービスというのが結構たくさんありました。内容は純粋な民間会社から、NPO法人まで。少なくとも、手数料を払えば、保証人の代行をしてくれるようです。

検索のトップに出てきたのは、仙台の会社でした。実は仙台でアパートを借りたとき、連帯保証人は不要で代わりに保証会社と契約するシステムでした。賃貸住宅の保証人は実に面倒で、これは良いシステムだと思っていました。これから先一人暮らしの人が増えるでしょうから、入院時の保証代行サービスは、これからますます必要になってくるでしょう。

« 【新聞記事】C型肝炎の新薬、承認へ | トップページ | 追われる夢 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんばんは。入院保証代行サービスとは、なんと必要なサービスなんでしょう。
今迄は、夫だけを書いて勘弁して貰い、どうしてもの時は市内の叔母に頼みますが、うちは子供がいないので、将来、必要になりそうです。
ところで、自宅のリフォーム中、近所のウィークリーマンションを借りて行ったり来たりしたのですが、それにも保証人が必要でした。借り手本人に職業があれば、保証人はリタイア組でも良かったので、義兄に依頼したのですが、本人がリタイアしていると、保証人は現職のある人をということでした。
まぁ、必要のないウイークリーの会社もあるんですが、きちんとした所ではありました。
現職時代、従兄弟の借家の保証人を頼まれたのが、今は昔ですわ。

ps
でも、入院費踏み倒す人もいるそうで、そういう人も相手にする商売なので、色んな背景を持つところがありそうで、依頼先は慎重に選ばないといけないかもしれませんねf^_^;

miyaさん、ありがとうございます。

小生はドラ息子が何とか正社員に潜り込んだので、いざというときは使えますが、こいつがつかまらなくて、なんだかんだで書類を作るのに2週間くらいかかりました。保証人は別生計の人と言われたら、大慌てすることになります。
小生も姉の稽古場を借りるときの保証人になりましたが、リタイアしてしまった今、次の更新はどうするのでしょう。
賃貸住宅も含め、保証法人が広まってくれた方が助かります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/60293806

この記事へのトラックバック一覧です: 入院保証代行サービス:

« 【新聞記事】C型肝炎の新薬、承認へ | トップページ | 追われる夢 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ