« 心房細動、治らず | トップページ | 通勤電車エクササイズ »

2014/08/08

カテーテルアブレーション、やります

2014年8月8日

またまた、Hハートセンターに行ってきました。
11時の予約でしたが、送迎バスが11時ぎりぎりになるために1本前にしたら、予約の1時間前に着いてしまいました。そして呼ばれたのは、予約の1時間10分後、ひたすら読書でした。今回は「それからの武蔵」。

そして診察、と言うより説明。昨日までの先生はお歳でしたが、今日の先生は若いです。カテーテルアブレーションがどういうものかはもう知っている前提になっているのか、それについては一切説明はありません。考えられる危険性などについては、手術の前日に説明があるようです。そこで「リスクが多すぎる。いやだ!」と言ったら、その時点で中止になるのでしょう。まあ、大体のリスクは、承知していますが。そう言えば目の手術の時もリスク説明は、前日でしたね。

小生の心臓の状態は、今ならカテーテルアブレーションができること(心房肥大がもっと進むと、できなくなる)。1回でうまくいく確率は、残念ながら70%くらいとのこと。「本当は100%と言いたいところですけどねえ。」とは先生の弁。まあ小生が今までいろんな事をやってきた中では、たぶん一番高い確率です。このカテーテルアブレーション、まさに日進月歩で、去年できなかったことが今年はできる、という状態だそうです。

と言うことで、10月にカテーテルアブレーションをやることになりました。9月はすでに一杯だそうです。10月は遊びの予定をかなり入れていて、その合間に入院することになります(良いんだろうか(^_^;)。入院期間は、一週間見ておいて欲しいとのこと、再手術の可能性も見ているのかもしれません。

手術日程が決まると、手術室の予約やら、スタッフの予約やら、全部自分で入力するんですね。「先生、全部自分で入力するんですね。」といったら、「そうなんです。誰か人を付けてくれれば良いんですけど経費節減で。」その後「大体○○は××で、そして**で」と親医療法人の悪口がひとしきり出ました。すごく面白い内容でしたが、生々しいのでカットします(笑)。まあ最近はどこの会社でも経費削減ですから、昔は部長になれば、「○○君、やっておいて」で済んだことも、全部部長が自分でやっています。

手術の一週間前に造影の検査がありますが、そこまで来院無しになりました。そのため今までT病院で出してもらっていたワーファリンもこちらで出してもらうことになったのですが、PT-INRが3はおろか2.6でも「高すぎる」とのことで、4mgが2.75mg(0.05mgは錠剤の半分)になりました。ずいぶん細かい先生です。

蓄膿の件については、まず先に不整脈を治して、うまくいけばワーファリンを止められるので(小生はあまり期待していませんが)、それからの方が良いと言うことになりました。ただ長時間仰向けに寝ると鼻汁がのどに落ちてきて咳き込むので、その場しのぎの対策を何か考えなければなりません。

昨日に引き続き、今日も帰りの送迎バスをタッチの差で逃しました。
カミさんは明日帰ってくるので、説明はそれからです。入院日は家族同伴指定ですから、日程調整も入るかもしれません。

« 心房細動、治らず | トップページ | 通勤電車エクササイズ »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんばんは
急展開ですね。
病院だいたいわかりました。
心臓で権威のある病院で安心ですね。
うまくいくことを祈っています。

前にもお知らせしましたが・・・・
小生がJ病院に入院しているとき・・・
循環器内科のカテーテルアブレーション治療で入院していた患者さんがおられたので・・・
知っていることを書きたいと思います。

その患者さんは3泊4日の入院でした。
ちょうど不整脈が出ていないときを見計らって、
電気的にわざと不整脈を出させて発生個所をつきとめて焼いたようです。
手術の麻酔は、カテをいれるところの局部麻酔のみだったそうです。
どちらにしても、手術中は意識ははっきりしているようです。
でも、不整脈が出ていないときでも、わざと出させるので、気分はよくないみたいです。

ひでほさん、ありがとうございます。

元々この病院は小生が、「T病院はカテーテルアブレーションやってくれない、何とかならない?」と泣きついたところですから、カテーテルアブレーションができるとなると、とんとん拍子に話が進むのも、当然と言えば当然です。
経験された方のお話、ありがとうございます。局所麻酔で太ももから入れるというのは、他の病院のホームページの解説で見ていました。出ていないときにわざと不整脈を起こさせるのですか。小生は今心房細動はほとんど出っぱなしですから、かえって大変かもしれません。
いろいろ手術もやりましたが、皆局所麻酔で、小生は全身麻酔も、下半身麻酔も、経験がありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/60118302

この記事へのトラックバック一覧です: カテーテルアブレーション、やります:

« 心房細動、治らず | トップページ | 通勤電車エクササイズ »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ