« 加齢性白内障 | トップページ | カードの整理、第1弾 »

2014/07/09

オール・ユー・ニード・イズ・キル

2014年7月9日

の映画に行ってきました。主演は、トム・クルーズ。シニア料金で1100円。以前は1000円だったのですが、消費税が上がったと同時に、値上げになりました。消費税のアップ額に対し値上げ額が大きすぎると思うのですが、今の政府は便乗値上げを取り締まるどころか「歓迎」なので、致し方ありません。

この「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、まず原作の小説(ラノベ)を買い、次に小畑健氏による漫画(単行本2冊)を買い、最後がこの映画で、全部網羅したことになります。結果を先に言うとこの映画、面白かったです。

漫画が原作の小説とかなり変わっていましたが、この映画はもっと変わっており、これは原案を小説にもらった別作品と見た方が良いですね。擬態という宇宙生物と、死んだらループするという設定は同じですが、SFとしてかなり怪しい(突っ込まれたら破綻する)設定だった原作のループメカニズムを、この映画はかなりしっかりした設定に変えています。結末も変わっており、言うとネタバレになるので言いませんが、ハリウッドらしい結末だと思います。

片方の主役のリタは、小畑健氏の漫画の目の大きい少女が、魅力的ですね。ケイジとリタは一夜をともに過ごすのですが、その間に何が起こったのかは原作には何も書かれておらず、漫画も連載が「少年誌」のヤング・ジャンプだったため、これも何も書かれておらず、読者の想像にお任せしますという状態です。ハリウッド版ではどうなるかと思っていたら、2人が一夜をともに過ごすことはありませんでした(笑)。

« 加齢性白内障 | トップページ | カードの整理、第1弾 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/59955108

この記事へのトラックバック一覧です: オール・ユー・ニード・イズ・キル:

« 加齢性白内障 | トップページ | カードの整理、第1弾 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ