« 山田和樹指揮スイス・ロマンド管弦楽団 | トップページ | オール・ユー・ニード・イズ・キル »

2014/07/08

加齢性白内障

2014年7月8日

このところ何かを長いこと見ると目が疲れるので、眼鏡の度が合わなくなったかと思い、眼鏡屋さんで測ってもらいました。自分では老眼の度が少し進んだと思っていたのですが、測定結果はほとんど変わらず、やや進んだ程度でした。そのため基本的な遠近、中近の眼鏡はいじらず、もう少し近距離向けの、言い換えれば度を少し強くした中近を、頼んできました。ただこの時驚いたのは、今まで矯正すると1.5近く見えていたものが、1.0がやっとになったことです。そのため、他の病気がないかどうか確かめるために、行きつけの眼科に行ってきました。

眼科の先生も話を聞いて、「大事な方の目だからじっくり見ます。」とのことで、瞳孔を開いてしっかり見てもらいました。結果は、初期の白内障でした。
白内障も他の病気からくることや薬物性も有り、いろいろあるため、老化による白内障は区別されています。小生の友人は以前「老人性白内障」と書かれてむくれていましたが、今は「加齢性白内障」と言うらしいです。小生のもそれで、まあ要するに、老化現象ですね。その初期でした。他に時々黒いものが見えるのですが、これは硝子体の濁りで、これも老化現象です。

これが普通の人であれば、「そろそろ手術を考えてください」というところらしいのですが、小生の場合は右目がほとんど見えないため、良い方の目の手術を行った場合は万が一のリスクが大きいので、ぎりぎりまで手術は行わないそうです。そして先生「私のいた大学だと、手術には一番腕の良い医師をあてていました。」と言うくらい万全を期していたそうです。

こういうことなら、少し見えづらくなっても我慢ですね。また白内障は進行を「遅くする」薬があるそうですが、それはまだ出なかったので、まだ余裕があるようです。

« 山田和樹指揮スイス・ロマンド管弦楽団 | トップページ | オール・ユー・ニード・イズ・キル »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加齢性白内障:

« 山田和樹指揮スイス・ロマンド管弦楽団 | トップページ | オール・ユー・ニード・イズ・キル »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ