« カテーテルアブレーションはやらない | トップページ | 遙か凍土のカナン »

2014/07/03

ランチタイムコンサート

2014年7月3日

ランチタイムコンサートなるものに行ってきました。平日の11時半から12時半まで、時間は1時間で、その代わり格安(1500円)です。場所は青葉台のフィリアホール。

平日の昼間だから当日券で大丈夫だろうと思ったら、大間違い。会場10分前に着いたら、サイドの一番端の席しか残っていませんでした。ほとんど後側です。それでもあっただけマシで、すぐに完売になってしまいました。う~~ん、小生みたいな、暇になった連中が増えたからなあ。

出演者は、スペイン出身のオーボエ奏者ラモン・オルテガ・ケロ。まだ26歳ですが、ARDミュンヘン国際コンクールの40年ぶりの優勝者(なんちゅうコンクールだ!)。現在は、バイエルン放送交響楽団の首席奏者です。ピアノは、ドイツ出身のアニカ・トロイトラー、こちらもグリーグ国際ピアノコンクールで1位無しの2位という、腕前です。

調べてみたら、昨日(7月2日)が日本でのデビューコンサートだったようですね。そのプログラムの中から抜粋しての1時間、「お得」なコンサートです。曲目はシューマンの幻想小曲集Op.73、サン・サーンスのオーボエソナタ(Op.166)、ファリャのバレエ音楽「恋は魔術師」より、それにカルメン幻想曲です。前半がオーボエのオリジナル曲、後半がオーケストラ曲のオーボエアレンジという組み合わせ。

いや、さすがに良い音しますね。特に高音がきれいです。明るい音色で、小生は宮本文昭氏の音色に近いかな、と思いました。華やかな曲でも全く乱れがなく、まさに「ブラボー」でした。

青葉台は街の様子がまた変わり、おしゃれな店が増えたのですが、MACのような気楽には入れる店がなくなり、小生にとってはうろちょろしづらくなりました。

« カテーテルアブレーションはやらない | トップページ | 遙か凍土のカナン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランチタイムコンサート:

« カテーテルアブレーションはやらない | トップページ | 遙か凍土のカナン »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ