« 本は図書館で | トップページ | E3系は揺れる »

2014/06/12

中島飛行機の製図器

2014年6月12日

昔大学に入ったときに親父から、表に「中島飛行機」と書いてある製図器(正確には、写図器)をもらいました。ライオン製で、昔のもの故烏口主体です。一番大きなコンパスがデバイダ、鉛筆芯、烏口、と交換できるようになっており、これは重宝して製図の授業の時にも使いました。卒業後電機会社に入社してからも、大きなコンパスは腕の継ぎ足しができるので、円線図を書くときに使いました。モーターの特性は円線図法で出し、実際はそれを計算で行ってコンピュータにやらせるのですが、実習中は本当に「円線図」を書かされたものです。14061001a


度重なる引っ越しで箱(木の箱です)はかなり壊れたもののまだ一応原形はとどめており、最近は会社の机の引き出しの奥に眠っていました。

退職を機会にこれも処分しようと思い、社内掲示板(ネットです)に出したところ、早速もらい手が現れました。どうも息子さんが関係のある会社にいるそうなのです。壊れかけた古い箱ですが(中身も有り)、価値を認めてもらえる方の手に渡って、良かったです。

手渡すときにも話題になりましたが、何でこれを親父が持っていたのでしょう。以前ここにも書きましたが親父は通信将校で、機械製図とは無縁です。それでも配線図など多少は図面を書く必要があって、どこからかもらったものでしょう。三菱でなく中島飛行機なのが、やはり陸軍ですね。

« 本は図書館で | トップページ | E3系は揺れる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/59804089

この記事へのトラックバック一覧です: 中島飛行機の製図器:

« 本は図書館で | トップページ | E3系は揺れる »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ