« 残り一ヶ月強の、老師社員的日常 | トップページ | 自動改札機が導入された頃 »

2014/05/31

社達

2014年5月31日

昨日、会社で社達が出ました。6月末付けの定年退職者と、定年後再雇用社員の退職者です。再雇用期間は5年で、この期間満了者と、一部は満了前に「もう、辞めた」という方たちです。世代的に定年退職者より最雇用後の退職者が多く、かなりの数です。その中に、小生の名前もありました。日頃の行動は、とても6月末で退職する人のものではないですが、実際に社達が出て、改めて6月末で終わりという実感が出てきます。

昨日の夜岡山に移動し今朝は岡山だったのですが、朝から会社のi-Phoneにメール着信がありました。「休日なのに、誰だ」と思って開いてみたら、社長からのご苦労さんメールでした。昨日の社達を見て(実際に見たのは、通達が出る前でしょうが)、メールしてきたようです。6月中に本社に挨拶に行こうと思っていましたが、都合がつかなくても大丈夫のようです。

その社達、社員番号と名前が書いてありますが、社員番号から入社年度が判ります。そうすると入社時の学歴もほぼ判りますが、現在の学歴と違う方も多くいますね。その人たちは入社後夜間の大学なり高校なりに通ったわけですが、我らの世代はそういう方が結構いましたね。特に中卒入社で夜間の高校に通う、という人たちが多かったです。小生の高校入学は昭和39年(1964年)ですからちょうど50年前、「3丁目の夕日」のちょっと後の世界です。

昨日の岡山への移動はN700A改でしたがJR西所属の5000番台、揺れずに快適でした。

« 残り一ヶ月強の、老師社員的日常 | トップページ | 自動改札機が導入された頃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。
定年退職後の再任用2年目を迎えました。
我が社は、5年まで毎年更新可能です。
今の職場は、さらに嘱託での居残りができるみたいです。
どうするかは、そのとき考えるのでしょう。

楠の末裔さん、ありがとうございます。
うちの会社でも特殊技能を持った方は65歳以上になっても、嘱託で残ることが可能なようなのですが、元管理職は「一切まかり成らぬ」という社長命令が出ています。何とかごまかして小生に仕事を振れないかと考えている連中がいるのですが、どうなる事やら。
小生は7月以降、病院通いが忙しくなりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/59735406

この記事へのトラックバック一覧です: 社達:

« 残り一ヶ月強の、老師社員的日常 | トップページ | 自動改札機が導入された頃 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ