« 市立図書館 | トップページ | ねむの木の庭 »

2014/05/11

花粉症の目薬追加

2014年5月11日

5月の連休も過ぎ、普通のスギ花粉症の方は症状が治まるのですが、ヒノキやブタクサはこれからが本番で、少し症状がひどくなってきました。しかし目の違和感は花粉症の感じと少し違うので、昨日眼科に行ってきました。角膜潰瘍が持病になってしまったので、早め早めに見てもらうようにしています。

結果は角膜潰瘍ではなく、アレルギー性の炎症で、やはり花粉症のようです。ただまぶたの裏側にも炎症が出ているそうで、目薬が追加になりました。まぶたの裏側の結膜炎は、子供の頃よく濾胞性結膜炎と診断された子がいたものです。

目薬は現在リボスチンをもらっているのですが、これに加えてパタノールという目薬が出ました。薬局で聞いた点眼順序は、リボスチンがやや白濁しているので、パタノールが先です。点眼回数は普通一日4回なのですが、6回まで増やしてよいという指示が出ました。さらに押さえとして、フルメトロンも出ました。ただしフルメトロンはステロイド系なので、なるべく使わないように、使っても一日3回まで、という但し書き付きです。ステロイド系のため乱用すると、依存体質になってしまうそうです。小生の右目は一時期ステロイド漬けになりましたのが、それから手術をやっていますので、ずいぶん薬の感受性が変わったでしょうね。コンタクトを入れているせいか、右目は花粉症の症状があまり出ません。

今朝も心房細動が起こりました。どうものんびりした朝に出やすいようです。まあ6月まで、無理はしないようにしましょう。

« 市立図書館 | トップページ | ねむの木の庭 »

その他の病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症の目薬追加:

« 市立図書館 | トップページ | ねむの木の庭 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ