« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014/04/29

不整脈がだんだんひどくなる

2014年4月29日

天気予報では「花粉のシーズンは、ほぼ終わり」などと言っていますが、それはあくまでもスギ花粉の話で、ヒノキやブタクサは、これからです。小生も、そろそろ終わりかと安心していたらまたぶり返したようにひどくなり、烏山線でも結構くしゃみに襲われていました。昨日は連休谷間の(勝手に取った)休日で、いつもの内科に行ってきました。

診察では、一応風邪ではないかの確認のためにのどを見て、胸の音も聞きます。すると先生、「ずいぶん不正脈がひどくなりましたね」と言い出しました。心房細動のようです。先日の会社の健康診断でも、「逆流音はそれほどでもないが、不整脈がひどい」と言われたので、このところ不整脈はひどくなっているようです。最近は自動の血圧計で血圧が測れなくなってきており、内科の先生は、「このくらいの不整脈だと、自動では取れないでしょうねえ」と言っていました。

自覚症状では、最近疲れやすく(と言うより、バテやすく)なってきているのは感じます。そのほかは、駅のホームまではいつも階段で上がっているし、特に変わったところはありません。まあレニベースとワーファリンは飲んでいるので、様子見、と言うより6月の検診結果待ちということになりました。

これが自覚症状が出るようになったらどうするか、ちょっと心配なところではあります。5月末にAと岩木山の麓に行く計画を立てていますが、これは止めた方が良さそうです。

2014/04/28

LED電球を買ってみた

2014年4月28日

LED照明の悪口を散々言っておきながら、LED電球を買ってきました。事の起こりは、洗面所に使っている電球型蛍光灯が切れたためです。
元々ここには、60Wの電球が付いていました。しかし家の中でここの電球の交換頻度が一番高かったので、試しに電球型蛍光灯にしたものです。ところが、暗いのです。60W型と言いながら、点けたときの感じは30Wから40Wくらい、しばらく点けっぱなしにしていると、だんだん明るくなります。電球型蛍光灯は、点けっぱなしの用途に向いているようです。

その電球型蛍光灯が切れたので、代替品を見に電気屋に行きました。機種の変更も視野に入れてです。白熱電球の60Wは、大体800lm(ルーメン)です。ところが電球型蛍光灯の60Wタイプで800lm出ているものは、まずありません。一時的に白熱電球に取り替えたら明るく感じたのは、当然のことでした。ところがLED電球の中に、800lm出ているものがありました。しかも値段が1700円、メーカーは天下の東芝、これは試しに使ってみる価値はあると思って、買ってみることにしました。

LED電球の寿命は、一般的に白熱電球の20倍と言われています。この製品の定格寿命は、40,000時間。洗面所のように一日4時間程度しか使わないところは、27年も持つという計算になります。しかしこれはあくまでもLEDの設計寿命(明るさが元の70%になるまで)で、電気回路の寿命ではありません。実際はLED電球はLEDの寿命になる前に基板系の故障で点かなく例の方が多いようです。LED照明はまだまだ発展途上で、現在は当たり外れがあると思った方が良さそうですね。

省エネ性というと、白熱電球の寿命を2000時間、電気代を20円/KWhとしたら、白熱電球の寿命が切れるまでに2000円儲かることになりました。その時にまだ1700円で売っていたら、基板寿命が白熱電球並みでもペイします。こういう言い方をするのも、ヨ○バシカメラで会計の時に、「2400円です」と言われたからです。LED電球の60W型の低価格品(東芝、NECなどのメーカー品で)はそのあたりが相場で、1700円というのは破格に安かったからです。店頭表示を間違えたのかPOSの設定を間違えたのかはわかりませんが、無事1700円(税込み!)で入手できました。

低価格品ですから、青色LEDと黄色蛍光体で白色を作るタイプです。いわゆるブルーライト出まくりタイプですが、天井の高いところに下向きに点いているし、そんなに長時間いるわけでもないので、試しに使ってみるには良いかと思って買いました。昼白色で演色性は悪く、昔の蛍光灯のようです。なおもしリビングなどに使う場合は、3波長型の高演色タイプのものにします。自宅は全部3波長型の蛍光灯を使っており、LEDに変える気はさらさらないですが。

使ってみて、電球型蛍光灯と違ってすぐに明るいというのが魅力ですね。小生にはちょっとまぶしく感じますが、カミさんには好評です。特に洗濯をするときに、今までは汚れが見えずに苦労していたとのことです。どの程度持ってくれるか、ともかく試用開始です。

2014/04/27

烏山線の蓄電池電車

2014年4月27日

天気が良かったこともあり、昨日烏山線まで足を伸ばしてきました。ひでほさんの写真を見て「行く!」とか言って、ずいぶん時間が経ったような気がします。その間に烏山線には、蓄電池電車(EV-E301系)が走り出しました。Img_56811a


渋谷から湘南新宿ラインで行って、ちょうどその蓄電池電車に乗りました。宇都宮駅ではとなりのホームでの乗換ですが、15両から2両になるので、かなり歩きます。3分の連絡なので、小生の足で急ぎ足で歩いて乗ったと同時にドアが閉まり、「これでは乗り遅れる人が出るな」と思っていたら、動き出してすぐ停車し、ドアが開きました。やっぱり間に合わなかった人がいたようです。Img_56931a


この蓄電池電車、電化区間はパンタグラフから電気を取って走るので、普通の電車です。ただ電池には、その間も充電を続けているようです。車内にモニターが有り、今どういう動作上KYぽうかがわかります。宝積寺でパンタグラフを下ろして、蓄電池走行モードへ。Img_57011a


速度は遅くなりますが、これは蓄電池モードとは関係なく、線路状態のせいでしょう。大金の手前の撮影ポイントでは、5名くらいの人がいました。ここは下り列車は午前中が順光なので、皆さんこの時間を狙っているようです。Img_57111a


その大金で降りてその撮影ポイントへ。途中で道を間違えたため1時間近くかかってしまいましたが、天気も良く、いい感じです。ちょうど田植えの真っ最中で、1枚だけ水鏡できれいに撮れましたが、後は苗付きになりました。必ず大金で交換するので、待っていると下り上りの2本撮れます。Img_5725a


烏山線は日中はほぼ2時間ヘッドですが、30分以上かけて駅まで戻って食堂に入る気にもならず、昼食は非常用のビスケットにし、後は林の中に椅子を置いて、読書で過ごしました。心臓のためには、その方が良さそうです。Img_57281a


2組4本撮ったところで予定を変更し、烏山に向かわずに宝積寺へ。蓄電池電車は1本しかないため、烏山に行っても何もいないためです。宝積寺では、折り返しの時間にパンタグラフを上げて充電するのを見ることができました。この蓄電池電車のリチウムイオンバッテリーは630Vのため、架線の1500Vから充電するためには、ステップダウンコンバータが動作しています。停車中はモーター音がしないため、このコンバータの動作音が、結構大きく感じます。

天気が良いため、日焼け止めは塗っていとったのですが、手はしっかり日焼けしていました。

2014/04/19

岡山での光回線工事完了

2014年4月19日

岡山の、1月に工事を行う予定が大雪で中止になり、そのまま延び延びになっていた光回線の工事が、やっと終わりました。

工事は午後1時からの予定なので、正午少し前にお昼を食べに行こうと出かける準備をしていました。昨日「少し遅れる」と連絡があったので、午後1時までに帰ってくれば十分と考えたものです。ところが、トイレに入っているときにカミさんが「今から工事して良いかと言っている」と呼びに来ました。てっきり電話だと思ったのですが、なんと家の前に来てのインターホンです。慌ててズボンをはいて応対しましたが、こういう時は事前に電話でも入れるものです。

工事はおなじみの光ファイバを、エアコンの配管穴から入れるものです。仙台のマンションタイプが西に来たら一戸建てタイプに変わったので、独立配線です。このアパートはエアコンが造りつけで、配管はがっちりカバーがついています。そこのカバーを切って隙間から入れるものですが、後で見たら、他の部屋もほとんど光ファイバが入っていました。工事に人にとっては、慣れたものです。ひょっとしたら、この部屋の前の住人も光を引き込んでいたのかもしれません。

工事は終わったのですが、今回のNTT西の終端装置には、LANケーブルが付属していません。何でも、光電話を申し込むとLANケーブルが付属した終端装置(と言うより、ゲートウェイ)が来るそうです。そこで徒歩20分の電気屋までLANケーブルを買いに出かけました。LANケーブルもどんどん速度が速くなってカテゴリー7のケーブルも出ていましたが、7のケーブルは堅くて高いので、6Aのフラットケーブルにしました。パソコンも遅いので、このくらいで十分です。

パソコンの設定は、設定CD-ROMがついてきたので、簡単です。ただメールだけはOUTLOOKを使っていないので、自分で設定する必要があります。このNTT西の設定ツール、トレンドマイクロ製のウイルス対策ソフトがついていて、ノートンのものをしっかり削除して自分が主役になっていました。

さてメールの設定ですが、OCNから来た書類に書いてある通りに設定しても、アクセスできません。多分ここだろうと思って、サーバー名の頭をpopではなくメールアドレスの最初の語句にしたら、ちゃんと繋がりました。こういう設定方法は、しっかり書いておいてもらわないと、困ります。

今回は受信だけだったので問題ないのですが、OCNの回線からniftyのメールを送るときと、その逆は、送信サーバーのポート番号を変えないとうまくいきませんでした。前回はマンションタイプで今回は一戸建てタイプなので違うかもしれませんが、多分引っかかるでしょう。まあ、今度送信する時に、設定します。

2014/04/18

N700A改造車はやっぱり揺れる

2014年4月18日

昨日、岡山に移動しました。今回はN700系のオリジナル(N700Aへの未改造車)だったのですが、揺れません。一番揺れる新横浜-三島間でそう感じたのですから、間違いないでしょう。

今までの乗ったN700のA改造車(2000番台)は、皆整備不良のような揺れ方をしました。N700Aに改造するとき必要箇所だけの改造を行い、それによって崩れたバランスを調整していないようです。

かつては、JR東海の保線も車両整備も、最高でした。しかし現在はリニア新幹線にそのお金をつぎ込んでいるようで、その分東海道新幹線が手抜きになっているようです。と言っても、岡山まで飛行機を使う気はないし、、、。

2014/04/13

食塩一日6g

2014年4月13日

腎機能が低下しているとの警告を肝臓の検診の時に受けたため、行きつけの内科に行って相談してきました。当たり前の話ですが、今の段階では様子見しかありません。T病院の分院は腎センターも併設しているので、何か手を打つ必要があるレベルなら、速攻で送り込まれています。その様子見ですが、塩分は制限した方が良いとのこと。目安は一日6gとのことです。この6gなる数字、先生によると「6gは大変ですよ。漬け物など食べたら、それだけで越えてしみます。」一食6Gではなく一日6gですから、これは大変です。

帰っていろいろ調べてみました。成人男性の目安は一日10g以下で、高血圧の人は6gという目安になっています。ということは、一食あたり2gということになります。今まで塩分は気にもしなかったのですが、その気になっていろいろ見ると、一般に売られている品物は意外と塩分が多いですね。ガ○トで見たら、一食で6gを越えそうなものがたくさんあります。外食して2gに押さえるのは、至難の業のようです。

振り返って今までの食生活を見ると、一日あたり軽く20gを越えていたようです。そこで、まず塩分摂取量を半分以下にすることから始めました。まず小生は漬け物大好きだったのですが、昼(社員食堂)と夜の漬け物を廃止。味噌汁、ずいぶん前からインスタントですが、は味噌の量を半分にします。ところが、半分にした方がうまく感じます。元々九州の薄味文化育ち、最近は東京の塩辛い味にならされましたが、少し薄味にすると、たちまち復活です。おかげで、社員食堂の味噌汁がやたら塩辛く感じます。

晩酌のつまみはミックスナッツをつまんでいますが、これも無塩タイプを見つけました。またカリウムを取ると塩分は排出されやすくなるそうですが、レーズンがカリウムが多いそうです。これは塩分との兼ね合いを見て考えます。その他、塩を酢に変えたり、おせんべいの量をごく少なくしたり、なにやら急に生活習慣病対策らしくなってきました。

いろいろ調べてみると、小生の腎臓は、慢性腎不全の第1期らしいです。これが人によって症状が出てくるのが第2期、第3期になると食事療法やら投薬やらが始まります。ともかく、できたら改善ですが、最低限第1期のままに止めておかねばなりません。次のチェックは会社の健康診断、その次は、心臓の検査の時はクレアチニンの検査はやっていないので、10月になります。さて、どうなっているか。

2014/04/12

ストップビットの顛末


3月29日の、「ストップビット認識せず」の結末です。

3月31日(月)
横浜の本拠地に出社して、リーダーと報告兼ディスカッション。小生の後を継いでリーダーになった男は、FA関係には詳しくないが、通信系には強い。それによると、
1)たかだか5mくらいの通信でRS-485にノイズが乗ることは考えられない。
2)応答が帰ってくるのなら、ストップビットは認識している。ストップビットは単純だから、次の信号を誤認しても、ストップビットとして認識する。
3)パリティエラーと通信エラーは、分けて考えた方が良い。場合によっては、パリティエラーは無視する(パリティ無しにする)。
意見を総合すると、RS-485の配線は特に問題はないようだが、通信のバッティングの可能性を考えると温度計と温水器は系統を分けた方が良く、232C/485変換器の取り付けと、4線への引き直しはそのまま行うことにする。ここで気がついたのだが、変換器まで引っ張るRS-232C用の8芯シールドケーブルが手元にない。現場では少しとぐろを巻いていた記憶があるので、それをちょっと切ることにする。こんな事なら、前回RS-232Cのコネクタを切断するとき、線をもう少し長めに残しておくのだった。

そのRS-232C/485の変換器だが、メーカーを3月28日(金)に出荷していることは確認できたものの、来ない。代理店に連絡を取ったが、佐川の営業所と連絡が全く取れないとのことで、出荷番号を教えるから後はそっちで追いかけてくれとのこと。仕方なしに引き取る。確かにいくらかけても話し中で、たまに呼び出し音になると、呼び出し20回くらいで切られてしまう。消費税増税前で輻輳しているのだろうが、困ったものだ。結局あきらめて帰る。

4月1日(火)
月初めなので、恒例の朝礼。朝礼終了後宅配便受付所に行くと、佐川の昨日の配達は19時頃だったという。待っていなくてよかった。すぐに群馬に向けて出発しても到着するのは昼休みに引っかかってしまうため、月初の事務処理を全部済ませてから出る。今日から消費税が上がるため、今日からの出張の切符は昨日のうちに買っておいた。

群馬の工場に付き、作業服に着替えて配線を引き直す。そしてマニュアルを読み直していたら、運転停止がリモートで可能なことがわかった。これは外部接点がONの時は運転、OFFの時は停止と、非常にわかりやすい。ただ表面のパネルで「リモート」に切り替えておかないといけないのが難点だが、生産技術からリレーと2芯のケーブルをもらい、これも配線する。その後通信テストをすると、RS-485の4線式はエコーバックが出ないので、トレースの時に見やすい。パリティエラーを無視してやったら、温水器の温度設定だけは可能となった。今日はここまで。ホテル代が値上がりした。

4月2日(水)
パリティエラーが改善しないかといろいろやって見たが何ともならず、これはあきらめる。実際のところパリティ無しでもエラーチェックコードは生きているので、何の問題もない。温度変更は確実にできるようになったが、運転停止ができない。温水器のメーカーの問い合わせてみると、「運転/停止は、同じ命令を2回送らなければいけないんです」とのこと。そういう大事なことは、マニュアルに書いておいてくれ。
そしてこの新しい温水器は、運転/停止が家庭用のエアコンの押しボタンと同じで、同じ命令になっている。つまり、停止中に命令を出せば運転で、運転中に出せば停止になるわけだ。そのため別系統のパラレル信号で運転状態を確認するようにしているのだが、同じ命令を2回送って正しい命令となると、4回送ったら逆転した命令になるということだ。トレースを見ると、なぜか何回もやりとりをしている。いろいろやってみたが結局はあきらめ、リモート接点を使うことにする。

運転前に「リモート」への切り替えを確認する必要があるが、無事運転停止ができ、温度設定も変更も可能で、一応完成となった。オムロンに何回もやりとりしているわけと設定を確認したら、それはPMCR命令が何回も出ているせいだ、と言う。何となく納得できないが、今日はこれで終了。「電源を入れたら、リモートの設定を確認せよ」という操作説明書を作っておく。社内食堂の定食が、10円上がった。

4月3日(木)
昨日の夜につらつら考えて見て、PMCR命令の前の条件を、立ち上がり微分(DIFU)にする必要があるのではないかと思いついた。朝から早速やってみる。思った通り、トレースは1回である。オムロンの電話応対の担当者は正しかった。ただし、温水器の起動はできるが停止ができない。再度温水器のメーカーに問い合わせると、2回送る命令は同じ命令ではなく、最初は[01]で次は[00]とのこと。全く、こんな大事なことを何でマニュアルに書いてないんだ!ただし電話口では丁寧に応対し、携帯のメールに命令を送ってもらう。本当はFAXで送ってもらえばよいのだが、群馬のFAX場番号がわからなかったのだ。

携帯に送られてきた命令をプロトコルマクロに組み込んだら、見事に動いた。当たり前の話だが、正しい命令を使えば、きちんと動くものだ。その後水を使って模擬運転試験、時間短縮のため、所々でプロコン入力を行う。完璧に動作した。担当者に報告を入れ、工具等を片付けて終了。
結局動作不良の原因は、
1)パリティエラーは原因不明。早く無視すればよかった。
2)温水器マニュアルの不備。
3)小生のプログラムミス。
ということになる。15年ぶりにやると、こんなものか。

4月7日(月)
4日(金)から試作が入り、何かあったら小生の携帯に連絡が来ることになっていたが、何もなかった。それで今日(7日)担当者に確認したところ、何の問題もなく動作しているとのこと、小生としては、任務終了である。新しいラダーズをプリントアウトし、機械の中に入れてもらえるよう、製造課に送る。

自分では気がついているが、2回送ると命令が逆転してしまう仕様のため、命令を送るのは1回限り、通信エラーが起こっても再送は一切行わなくしている。今は良いが、これから外部でいろんな機器が動いたり、雷などの外乱があったときには不安である。そこで改良プログラムを考えたが、うまく動いてしまうと今度は「触らぬ神にたたり無し」となって、なかなかいじらせてくれなくなる。まあ6月までには、何とかしよう。

長々と、愚痴とも付かない戯言を書き連ねましたが、これを見てかつてNIFTYSERVEにあったFAフォーラム(特に、「シーケンサのはしご」)を思い出す方も、少なくなったでしょうね。

2014/04/06

世田谷公園のD51

2014年4月6日

小生にとっての今年の花見の最終日、世田谷公園に行ってきました。今日は、ミニSLも動いているはずです。
世田谷公園のみにSLはライブスチームではなく電動のようですが、手入れがよく、ともかくきれいです。ずいぶん昔に、子供を乗せに来た記憶があります。Img_5645a


桜も満開、桜の下はお花見客で一杯でした。小生がお昼を取るために立ち去った後、雨になりました。雷を伴ったかなり強い雨でしたから、大変だったでしょう。Img_5644a


世田谷公園にはミニSLだけではなく、本物のD51も保存されています。D51 272で、小生のniftyのIDみたいなカマです。掲示には厚狭機関区で廃車になったと書いてありますが、厚狭の前は熊本にいたカマで、熊本電化まで鹿児島本線を走っていました。Img_5650a


その当時から門デフで、熊本機関区では数少ない門デフのカマでした。1枚だけ現役時代に撮ったことがあります。1964年12月の撮影ですから、ちょうど50年前です。Img_56581a


2014/04/05

値上げの春

2014年4月5日

4月1日から消費税が上がり、その分、あるいはこの機会にと円安の影響分も含んで、いろんなものが値上がりしています。ベックスコーヒーショップでは4月を待たずに値上がりし、サンドイッチとのBセットが590円から620円になりました。4月になってからは、映画のシニア料金が1000円から1100円に、T病院の問診のみの診療費210円が220円になりました。群馬の社内食堂の定食も、400円から410円になっています。

鉄道を初めとする運賃が「切符」料金と「カード」料金との2本立てになりました。切符料金は今まで通り10円単位ですが、カード料金は1円単位です。ほとんどの場合はカード料金の方が安いのですが、一部逆転しているところもあるようです。

切符料金とカード料金の差で判断に困るようになったのが、回数券です。今までは10回の料金で11回乗れたので、何かの都合で1枚余って期限切れになっても、損はしませんでした。ところが4月以降はそうも言っていられないようです。14040504a

小生は定期券と反対の駅にはわりと頻繁に行っていたので、回数券を買っていました。今までは切符130円で、回数券は11枚で1300円でした。4月以降は切符が140円に値上がりして回数券は1400円になったのですが、カード料金は133円です。つまり11回乗っても1463円で、その差は63円にしかなりません。これは回数券を1枚無駄にすると確実に損で、必ず使い切る見込みが無いと、買えなくなりました。今持っている回数券は3月に買ったものですが、これを使い切った後は、どうするかは慎重に考えた方が良さそうです。14040508a


話は変わりますが、今日は洗足池に花見に行ってきました。珍しく、カミさんと一緒です。洗足池は昔のカミさんの行動範囲で、高校時代はよく洗足池図書館に通っていたそうです。

2014/04/04

肝臓は良いけど、腎臓が

2014年4月4日

半年に1回の、肝臓の検診に行ってきました。2週間前にエコーを撮ったので、その検査結果の確認でもあります。

ちょうど桜の季節。都心部はもう散りかけていますが、多摩地方は今が満開。東急の沿線も、あちこち満開です。T病院の分院にも桜並木がありますが、これも満開。昨日の雨でいくらか散り、桜の絨毯ができています。140404051a


さてY先生の診察。いつものように数値を丁寧に説明していきますが、クレアチニンで引っかかりました。正常範囲が1.06までのところ1.05、腎機能が低下しているそうです。帰ってネットで調べてみたら、1を越えると要注意のようです。その下のeGFRは55.5でLマークが付いていますが、これは低い方が悪く、正常の半分くらいの能力しか無い状態のようです。Y先生からは特に注意事項の指摘は無かったのですが、食べ物の塩分は減らした方が良さそうです。まあ今までがちょっと多すぎの傾向でしたからねえ。

過去の結果を見てみたら、1年前の2013年の3月がクレアチニンは0.9でeGFRは65.2、2013年9月は0.92と64.4。どうもだんだん悪くなっているようですね。これは本気で手を打った方が良さそうです。140404091a


先生からは指摘はありませんでしたが、コリンエステラーゼが201でLが付いています。そしてGOT=20、GPT=21。わずか1ですが、GPT>GOTになりました。肝臓もなにやら炎症傾向のようです。ひょっとすると花粉症の薬のクラリチンの影響が無いかどうか、近いうちに行きつけの内科に行って聞いてきます。

ウイルスの方は、C型はTaqManで検出せず、B型も検出せずで、HBs抗体+です。
エコーの方は、肝臓本体の方は多発性肝嚢胞、胆嚢は胆嚢壁肥厚、腎臓が腎結石とずらっと並んでいますが、要は特に変わりは無く、問題なしです。

次回は10月、その頃は毎日が日曜日のはずです。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ