« 原発の再稼働 | トップページ | 強力花粉症 »

2014/03/21

肝臓のエコー検査

2014年3月21日

先日、T病院に肝臓のエコー検査に行ってきました。肝臓の定期検診自体が半年に1回でエコー検査は1回おき、つまり1年に1回ですね。地階(実際には1階)の検査室に行くと、窓の外は桜が満開でした。yokobueさんによると、カワズザクラだそうです。

8:30の検査開始トップバッター、検査室に呼ばれて上半身だけ検査着に着替えて入っていくと、いきなり体重計に乗せられました。オムロン製の体脂肪が出るタイプで、家でもタニタ製の同じタイプを使っていますが、靴下を脱がないと数字が出ないタイプです。靴下を脱いで測ってみると、体重69.9kg、体脂肪率18.9%。身長が177cmなのでBMIからすると体重はやや多めですが、少し(「気持ち多め」くらいの方が体調が良いので、70kgに合わせるようにコントロールしています。エコー検査自体は特にどうと言うこともなく、結果がわかるのはY先生の診察がある4月4日です。

エコー検査が終わった後、4月4日のY先生の検診と、その前の3月24日の循環期の検診の前に、採血をしておきました。2回分となると量が多く、数えませんでしたが7,8本はありました。採血の看護師さんによると、これで合計して50ccくらいだそうです。

今日は朝食抜きだったので、病院から会社へ向かう電車の中で朝食代わりのビスケット。途中で紙パックの野菜ジュースを買いましたが、これは押さえると吹き出すことに気づいて電車の中では飲めず、結局飲んだのは会社に着いてから。ワーファリンも会社に着いてからになりました。その後で気がつきましたが、朝ワーファリンを飲む前に採血したのは初めてです。数値が変わるかな?

小生は6月末で完全引退する予定なので、電車の中でバタバタと朝食を取るのも、これが最後です。写真撮影に行って、朝食前に出発するときは別ですが(^_^;。余談ですが小生の身分は現在は契約社員なので、6月末で丸5年になり、法律的にも延長は不可能です。ですが3月の給料と一緒に、9月末まで(6ヶ月分)の定期代が支給されました。定年の時もそうでしたが、辞めると決めたらその時返せ、というシステムのようです。年間決算で見れば、単なる仮払いとその返却ですから、問題なんでしょう。なお小生は、定期は6月末までにしました。

« 原発の再稼働 | トップページ | 強力花粉症 »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肝臓のエコー検査:

« 原発の再稼働 | トップページ | 強力花粉症 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ