« 謹賀新年 | トップページ | 吉例、山手七福神 »

2014/01/03

VISTA移行顛末記

2014年1月3日

第2拠点の仙台には、ノートパソコンの中古品を買って置いていました。富士通の業務用モデルで、店頭には並ばないタイプですが、中古としては時々大量に出てくるモデルです。XPですが、実はVISTAをXPにダウングレードしたものだとのこと、リカバリーディスクはXP用とVISTA用の両方が付いてきました。ただ付いてきたのはこれだけで(当然、ACアダプタは付いていますが)、マニュアルはすべてハードディスク内蔵でした。そのために以前無線LANの設定で苦労しましたが。

WINDOWS-XPは今年3月末でサポートが切れます。ザウルスのバックアップ用のXPノートはサポートが切れたらスタンドアロンで(インターネットに繋がず)使うつもりですが、この第2拠点用は、新しいパソコンを買うのももったいないし、岡山へ移動する機会にVISTAに戻すことにしました。キーボードも付けられるタブレット型が5万円弱、WINDOWS-7の中古ノートが2万円台と、かなり触手が動きましたが、小生の使えるお金のほとんどはは岡山との往復の旅費に回るはずなので、やめました。拠点が統合される頃は生活パターンが変わっているはずなので、今買っても無駄になる可能性が大です。

XPからVISTAに戻すのはBIOSの設定から変えなければいけませんが、これは「購入時の状態に戻す」というボタンを押すだけなので、簡単です。後は5枚のCD-ROMを指定に従って入れるだけ、さほど時間はかからず、簡単でした。そして一太郎その他をインストールし、ネットに繋いでウイルス対策ソフトを入れようとしたら、「VISTAはSp1以上でないとダメ!」と出てインストールできません。そうこうしているうちにネットから大量のWINDOWS更新ファイルが入ってきますが、これが途中からエラーになり、しかもダウンロードされているファイルの中にはSp何とかというファイルはありません。これは手動でやらなければダメと思い、Sp1へのアップデートファイルを見つけてインストールしようとしたのですが、これもうまくいきません。仕方なしに、リカバリーをもう一度やることにしました。

今度はVISTAからVISTAへのリカバリーなので、Cドライブだけで済みます。前回マウスを繋いでリカバリーをやったのがまずかったかもしれないと思って、マウスも外しました。後の手順は同じですが前回の経験から、WINSOWSアップデートは自動インストールではなく、確認してインストールするようにしました。そしてリカバリーが終わったところで、他のソフトを入れる前にSp1にアップデートをしました。最初は64bitと32bitを間違えたものの、後はうまくインストールできました。できましたと言っても、勝手に再起動を繰り返しながら、1時間近くかかりました。そこでウイルス対策ソフトをインストール、しばらく前に1年分の更新をしたばかりだったのが、XPからVISTAに変わっても無事継続できました。その後はSp2までアップデートし、その所要時間が1時間、電源を切ろうとしたら120以上のアップデートファイルがたまっていて、これはそのまま勝手にインストールさせながら寝てしまいました。

翌日に必要なソフトを入れ、無線LANの設定やら、メーラーの設定やら。やっと無事使えるようになりました。VISTAは2017年までサポートが続くようなので、第2拠点が統合できるまではこのパソコンで大丈夫でしょう。VISTAには能力不足でかなり遅いのが難点ですが、第2拠点そんなに長期間はいないので、我慢です。

« 謹賀新年 | トップページ | 吉例、山手七福神 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんばんは
本年もよろしくお願いします。
小生もVista PCを3台をつかっています。
7は1台です。
Vistaは遅くて故障したのではないかと思うときがしばしばです。
7に早くUPDATEしとけばよかったです。

ひでほさん、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

小生のメインPCはXPからいきなり7になったので、VISTAは初体験でした。いやはや、ともかく遅いですね。「動かなくても、しばらく待つ」事が大事だと、思い知りました。これがメインならたまらないところですが、第2拠点なので、我慢です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VISTA移行顛末記:

« 謹賀新年 | トップページ | 吉例、山手七福神 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ