« コンタクトの効果について | トップページ | 佐藤しのぶの「夕鶴」 »

2014/01/27

淵野辺のD52

2014年1月27日

昨日、淵野辺の鹿沼公園に置いてあるD52を見に行ってきました。横浜線の沿線にD52とは似つかわしくありませんが、SL廃止の時に譲り受けたものでしょう。元五稜郭のカマで、密閉キャブにはなっていませんが、旋回窓など北海道仕様です。Img_5467a


この日は運転室内が公開されるというので見に行ったのですが、着いたときはちょうど昼休み中で係の方は不在、そのため運転室には入れなかったのですが、窓が開いていたので中までじっくり見ることが出来ました。この公開の日というのがボランティアの方の清掃日のようで、係の人と言ってもボランティア(保存会)の方です。

公園に置いてあるのはD51かC11がほとんどで、D52は珍しいですね。さすがにD52は大きく、迫力があります。
SLは子供の頃からずっと眺めていたのですが、機械を扱うようになって初めて見えだした部分もありますね。また個体の違いもわかり出しました。SLの先頭右側から出る蒸気は給水暖め器の排気で、力行の時にしか出ない、とわかったのもずいぶん後のことです。その頃はとっくに現役のSLはいなくなっていましたが。

このD52も第1動輪にフランジ塗油機が付いており、リンクで動く給油ポンプが付いていました。また速度計は原形は従輪から取っているはずなのに第4動輪から取っており、右側にも電気式の速度計が追加されていました。

保存機もじっくり眺めてみると、いろんな事が見えてくるようです。

« コンタクトの効果について | トップページ | 佐藤しのぶの「夕鶴」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こん**は。
SLは保存台数が多くていいですね。
小生の専門の旧国ときたら、もう数えるほどです。歴史的に見ても重要な車両も、JR化前にいとも簡単に解体の連続でした。
残念です

ひでほさん、ありがとうございます。
旧国電に限らず、客車系は鉄板が薄いので腐食しやすく、保存が難しいようですね。SLは鉄の塊だけあって、かなり痛んでもまだ補修が効きます。
特に鉄板の薄い昭和30年代の電車、気動車は、貴重な車両がいなくなっているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/59022624

この記事へのトラックバック一覧です: 淵野辺のD52:

« コンタクトの効果について | トップページ | 佐藤しのぶの「夕鶴」 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ