« 本を注文する | トップページ | 蛍光灯型LED »

2014/01/13

50mmF1.8試運転

2014年1月13日

一人で写真を撮りに行くときは、生来が怠け者のため、条件の良いときにしか撮らないのですが、他の人、特に友人のAと行くときには日の出前から日没後(夜も!)写真を撮るので、明るいレンズが欲しくなります。日頃使っているEOS-Kissの標準形ズームは18-55mmですが、F値は3.5-5.6で、条件が悪いとISO感度を上げても追いつかなくなります。Aが愛用しているのはニコンの50mmF1.4のレンズで、条件が悪いときは固定焦点に限ると言っています。確かに50mmはフィルムカメラの時期から各メーカーとも名機といわれるレンズを出しているところで、最高のものからちょっと落ちたあたり(例えば、F1.8)でもそこそこの値段で手に入ります。暮れに会社が休みになったときに、カメラ屋にレンズを見に行きました。Img_5441a


35mmフィルムで標準と言われるのが50mmで、これを小生が持っているようなAPS-Cのサイズに付けると75mm相当になります。この75mmというレンズは「鉄」にはなかなか使い勝手の良いサイズです。すると、ありました!キャノンの50mmF1.8、何と値段が9K以下!オートフォーカスが超音波モーターではなく普通のモーターなので応答性は少し悪くなりますが、置きピンにすれば良いだけのことです。衝動買いしてしまいました。Img_5444a


買った後はバタバタしていて取り出せず、やっと昨日試運転をやってみました。条件が悪くなる日没後に出動です。まさにタヌキ(笑)。

なるべく開放に近くなる容易にISO感度を調整し、上のメトロ8000系は1/500F2.5、次の東武50050系は1/1000F1.8(開放)、一番下の東急5000系は1/1000F1.8ですがわざとアンダーにしてソフトで補正しています。Img_5455a


こうやってみると、開放より一つ絞ってF2位で使った方がピントの合う範囲が広がり、きれいに撮れるようですね。ただいずれも、できあがった写真は肉眼の感じより明るいです。Aが「明るく撮れるぞ」と言っていましたが、まさにその通りでした。

« 本を注文する | トップページ | 蛍光灯型LED »

鉄の話」カテゴリの記事

コメント

南海さんおはようございます。
レンズゲットおめでとうございます。
小生もいざというときは、フイルム時代後期に購入したリミテットレンズを使っています。
早朝、夕刻の暗いときに威力を発揮しています。

ひでほさん、ありがとうございます。
小生は銀塩カメラ時代の財産がなく、デジカメになって初めての固定焦点です。いやあ、レンズの明るさがこんなに効くとは、思ってもいませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/58938979

この記事へのトラックバック一覧です: 50mmF1.8試運転:

« 本を注文する | トップページ | 蛍光灯型LED »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ