« ピリオド奏法とピュアトーン | トップページ | 50Hzと60Hz »

2013/10/27

京王レールランド

2013年10月27日

久しぶりに良い天気なので、京王レールランドに行ってきました。場所は京王線の多摩動物公園の駅の前ですが、橋本から行く場合はそのまま京王線で行くより、多摩センターでモノレールに乗り換えた方が早く、そして安く着きます。
橋本でホームに上がったら、都営車の区間急行が停車中。中はJRのE233系とそっくりだと思ったら、10-300形の中でも3次車と呼ばれる最新車両でした。メーカーは東急車輌改めの総合車両製作所です。Img_5386a


多摩動物公園に着いて京王レールランドへ。京王線だと駅のすぐ前ですが、モノレールからだと横断歩道を渡る必要があります。それでも、駅前と言える範囲です。Img_5387a


250円の入場券を買って、自動改札で屋内へ。屋内と屋外展示と改札は2カ所に別れていますが、入場券は何回でも出入りが出来ます。ジオラマ(昔はレイアウトと言いましたが)、シミュレーター、プラレールと盛りだくさん。今日は日曜日とあって、子供連れで大混雑です。

一通り眺めて、目的の屋外展示へ。6000系、3000系、5000系、2010系の各先頭車と、古いデハ2410型が並んでいます。柵が無いので、床下をじっくり眺められるのがありがたいところです。しゃがみ込む必要はありますが。

小生は3年間京王線を使って通っていたので、5000系が一番なじみがあります。5000系に試作冷房車が登場し、続いて冷房付きの新車が7両編成となって登場した頃です。台車もそれまで各メーカーでばらばらだったのが、東急車輌のTS-805系に統一されました。Img_5400a


今日その台車をじっくり眺めてきましたが、同じ東急のTS-800シリーズでも、5000系のTS-805Aはインダイレクトマウント方式、3000系のTS-821A(パイオニア台車を置き換えたため、台車は新しい)はダイレクトマウント方式と、変わっていました。その違いも、じっくり眺めることが出来ました。

« ピリオド奏法とピュアトーン | トップページ | 50Hzと60Hz »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんばんは
レールパークさっそく行かれたのですね。
小生も行きたいと思っています。
ところで最近の電車はJR、民鉄問わず・・・みんな同じ部品を使った同じ制御方式らしいです。コストダウンでしょうか。

ひでほさん、ありがとうございます。
渋谷新宿を経由するところは、気合いを入れないと腰が上がらないのですが、裏から(?)行けるところはふらふらと出かけてしまいます。一見の価値ありです。
今はどこも共通設計になってしまい、似たような電車になってしまいましたね。それでも個性的なのは、関東では京浜急行でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/58464293

この記事へのトラックバック一覧です: 京王レールランド:

« ピリオド奏法とピュアトーン | トップページ | 50Hzと60Hz »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ