« 角膜潰瘍、その後 | トップページ | みなとみらいアフタヌーンコンサート »

2013/04/22

石巻へ行ってきました

2013年4月22日

土曜日(20日)に石巻まで行ってきました。カミさんも一緒です。復興支援といった大げさなことではなく、単なる花見です。仙台市内の桜が終わりかけ、ちょうど石巻あたりが満開のはずです。とは言え、向こうで少しお金を落とすと、小生は神奈川県で給料をもらっているため、神奈川から石巻にお金を移動させることになります。微々たるものですが。Dscn0489a


仙台から石巻へは仙石線が普通ですが、途中不通で代行バスの時刻は時刻表に乗っていないため、石巻線回りになりました。1日2本直通の快速がありますが、そうつかまるものではありません。小牛田まで普通電車で行き、そこで石巻線の気動車に乗り換え、土曜日ということもあり、マンガッタライナーでした。車種はキハ48、直通快速のキハ110より、こちらの方が良いです。Dscn0492a


石巻駅に着いたら、そこはもう石ノ森章太郎の世界です。石ノ森章太郎氏は石巻の出身ではなく、隣の旧石森町(現在の登米市)の出身です。石巻の沖の小島に移住する計画があったとかで、もう完全に石巻の人になっています。境港線の水木しげる、氷見線の藤子不二雄(A)と、最近は漫画家が地域興しに使われています。Dscn0491a


昔は漫画を読むのは「悪い子」だったんですけどね。時代は変わった。ちなみに小生のカミさんの頭の中は未だに昔のままで、小生は漫画を読んでいる「悪い子」です(笑)。Dscn0504a


まずは日和山公園へ。駅から歩いて15分くらいですが、やはり「山」と言うだけあって途中から急な登り坂になり、坂道はきついです。やっと登ったら桜は満開、それに絶景!Dscn0506a


今でこそのんびり花見をしていますが、2年前の大震災の時はあの坂道を必死で駆け上がってきたはず。大変だったろうなあ。頂上から回り込んだら、反対側の道は麓から上がってくる車の大渋滞。やはりこの坂道、みんな車で来るんですね。Dscn0508a


景色の良いところに、震災前の写真が展示してありました。それとほぼ同じ場所の写真を並べますので、見てください。あえて説明はしません。Dscn0511a

日和山を降りて、今度は石ノ森萬画館へ。途中昔の盛り場のような場所を通りましたが、資金力のある大きな店は復旧していますが、小さな飲み屋は復旧できず荒れたままになっています。過疎化も進みますから、昔の賑わいを取り戻せるかどうか、これからですね。Dscn0512a


石ノ森萬画館は旧北上川の中州にあるため、津波をまともに食らっており、今回復旧再開したものです。1時間に1回、からくり時計のキャラクターが降りてきます。Dscn0523a


展示は、もう少し原画や石ノ森氏が使っていた道具などを見たかったところですが、被害を受けたのかなあ。景色のよい喫茶室でコーヒーを飲んで、本を1冊買って帰りました。(また本が増えた。)Dscn0532a


« 角膜潰瘍、その後 | トップページ | みなとみらいアフタヌーンコンサート »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石巻へ行ってきました:

« 角膜潰瘍、その後 | トップページ | みなとみらいアフタヌーンコンサート »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ