« みなとみらいアフタヌーンコンサート | トップページ | ミラーリング »

2013/04/27

久しぶりに、めまいの予兆

2013年4月27日

昨日午前中、会社で基板のハンダ付けをやっていた時、ふと顔を上げたら景色が少し横に流れました。これはめまいが起こる前兆で危険信号です。このまま作業を続けたら流れる景色が止まらなくなり、ぐるぐる回る渦の中にいるようになります。そう言えば今までめまいが起こったのはすべて自宅で、それも朝です。だからそれから3日間起きられなくても平気だったわけで、出先でめまいで倒れるとこれはやっかいです。

小生のめまいは、首筋が凝って頭に血が回らなくなるのが原因です。首筋が凝るのは、目が原因です。脳神経外科でMRIを撮った時に、「目が原因のめまいは揺れる。回るのは耳が原因の時だ。」と言われたのですが、現実には目が原因で回るめまいが起こっています。

さて、会社で倒れないようにするには、頭に血が回るようにすること。対策は、首を動かす、肩を回す、歩く。まず首を大きく動かします。バキッと音がしますが、ふらつきは出ません。よし、軽傷。重傷の場合は、首を動かせません。それから立ち上がって肩を大きく回します。これもバキバキッ。作業場から歩いて自席に戻ります。多少歩き方が変ですが、まあ歩けます。そこでともかくしばらく休みます。最近の会社は各席にパソコンが立ち上がっているので、何か画面を出していれば、ぼうっとしていてもばれません(^_^;。時々肩を回します。お昼になる頃は普通に歩けるように回復しており、階段を3階から降りてまた3階に登って、食堂に行けました。そして食後いつものように椅子3個を出して横になっていたら、どうやら回復しました。

久しぶりにめまいが起こった原因をいろいろ考えていたら、スタンドを点けずにハンダ付けをやっていたことに思い至りました。先日10年前に造った小型の制御盤と同じものを1台頼まれ、その仕上げ作業と並行して基板のハンダ付けをやっていたので、スタンドを点け忘れたものです。最近は、今まで無意識にやってきていたものが時々意識して確認しないと抜けるようになってきました。気をつけよう。

なおこの小型の制御盤、10年前と全く同じなので安請け合いしたのですが、中に入っているプログラマブルコントローラを始めとする電子機器類は半分以上は廃番になっており、しかもプログラムをインストールするソフトウエアのライセンス管理が厳しくなって昔のユーザー登録が通用せず、仮ライセンス登録やらソフトのアップデートやら、やたら手間がかかりました。

« みなとみらいアフタヌーンコンサート | トップページ | ミラーリング »

その他の病気」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんにちは
突然のめまいは難儀しますね。
小生もたまに起きるのですが、目から来るのか耳からくるのか?いまだにわかりません。
半導体のディスコンも困ったものです。
小生の場合は趣味の世界だからいいですけど、代替がきかなそうなものは、1個使用でも10本くらい購入してストックするようにしています。

ひでほさん、ありがとうございます。
小生のめまいは今回のように条件の悪いところで目を酷使すると確実に起こるので、目が原因と判断しています。
半導体のディスコンのピッチが速くなり、工業用のユニットまで廃番が早くなっているのが、困ったものです。以前は10年は確実に維持されていたんですが。特にDCスイッチング電源は、製品寿命が短いですね。
連休明けから、実使用でデバッグです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに、めまいの予兆:

« みなとみらいアフタヌーンコンサート | トップページ | ミラーリング »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ