« N響横浜定期演奏会 | トップページ | 東横線の日比谷線直通列車 »

2013/02/24

ブルーライトカットレンズ

2013年2月24日

パソコンのバックライトがLED化したのに伴い、ブルーライトの害がいろいろ言われています。ブルーライトカットのグラスが売られていますが、最近小生の会社でも着用者が増え、R&Dのあるグループなどは全員が着用しています。

そんなこんなで、注文しておいたコンタクトレンズを受け取りに眼鏡屋に行った時、ブルーライトカットの眼鏡について聞いてみました。小生の場合ですので、単純レンズではなく、度入りです。小生が使っている中近のレンズだと、+4000円くらいでブルーライトカットのコーティングが追加できるそうです。ただ小生の中近は去年作り替えたばかりだし、また写真を扱うことが多いので色目が変わってしまうことも困ります。実は透明タイプのブルーカットは、見た目にちょっとぎらつきが出るそうです。

そこで出てきたのが、眼鏡の上にかぶせて付けるタイプです。これだと、写真を扱う時には上に跳ね上げ、無しで使えます。いろんな濃度のレンズがあり、レンズを取り寄せ、眼鏡屋さんで枠に会わせて加工することになりますが、試算してもらったところ、4万円強。ちょっと手が出ません。と言うより、この値段を出せばブルーライトカットの単焦点の眼鏡が楽に作れます。

これであきらめようかと思ったのですが、さすが向こうも商売、生産中止品の手持ち在庫で作ったら安い値段でできるということで、それで作ってもらうことにしました。生産中止の理由は、コストが高くて採算が取れなかったとのこと、従って、ものはいいレンズだそうです。16,000円で出来ました。13022401a


自宅のパソコンで使ってみたところ、ちょっと暗いです。自宅のパソコンは、目に炎症が起こっていた時にバックライトをぎりぎりまで暗くし、そのままにして使っているので、さすがに無理だったようです。目盛り1つ明るくし、ちょうど良い感じです。本来の目的は会社のパソコンで、これは明日テストです。

元々はパソコンを使っていて何となく目が疲れるというところから始まったのですが、少し暗くなってその分目が疲れ易くなるのと、どちらが良いのかはわかりません。目が赤いのは花粉症のせいだったという、とんでもない落ちになる可能性すらあります。

« N響横浜定期演奏会 | トップページ | 東横線の日比谷線直通列車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

業務連絡

西武鉄道売店で3月5日から黄色い電車鉛筆他を販売するようです。
たしか鉄道鉛筆フリークとお聞きしているのでUPしました。
参考

http://www.seibu-group.co.jp/railways/smile/seiburw-goods/index.html

http://railf.jp/news/2013/03/02/000000.html

ひでほさん、業務連絡ありがとうございます。

小生の住んでいるところから西武鉄道沿線はちょっと遠いのですが、来週池袋に行く用事があるので、その時売店を覗いてみます。
昔西武の沿線に住んでいた時、まだよちよち歩きの二男が「黄色い電車」(当時は、101系)が大好きでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/56831576

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーライトカットレンズ:

« N響横浜定期演奏会 | トップページ | 東横線の日比谷線直通列車 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ