« 記事:人工眼FDAで承認 | トップページ | ブルーライトカットレンズ »

2013/02/23

N響横浜定期演奏会

2013年2月23日

久しぶりにN響を聞きに行きました。今回は、みなとみらいホールでの「横浜定期」です。指揮は、準・メルクル。前半はリストの交響詩「レ・プレリュード」、それにヘルベルト・シュフのピアノでリストのピアノ協奏曲1番という、リストプログラム。後半はサンサーンスの交響曲3番、通称「オルガン付き」です。

レ・プレリュードの木管アンサンブルを聴いて、やはりN響はうまい!と思いました。ちなみに、フルートは神田さん、オーボエは茂木さんです。ホルンの入ったアンサンブルもよく、今日はホルンもよかったです。ホルンの1番は、今井さんでした。

リストのピアノ協奏曲は、きちんと聞いたのは初めてではないでしょうか。「超絶技巧をひけらかす曲」とカミさんが言っていましたが、まさにそうでした。アンコールのラ・カンパネラを弾いてくれ、拍手は協奏曲の時より大きかったです。

サンサーンスの3番のオルガン、それも低音が鳴る時は、耳よりも身体に感じますね。ホール全体が楽器として振動しているような感じです。席が3階の正面(最前列はちょっと怖いので、2列目)だったので、特にそう感じたのかもしれません。この感覚は、生でないとダメですね。小生はCDはもっぱらヘッドホンで聴いていますが(安アパートなので、音を大きく出来ないのです(;_;))、ヘッドホンではこの感じは出ないです。

会社が終わってすぐ飛び出してサントリーホールに駆けつけるのが心臓に悪いようなので、N響の定期会員は辞めたのですが、やはりこうやって休日の昼間に聞くのが、精神的にはゆったりしますね。曲目がどうしても有名な曲、すなわち名曲コンサートになってしまいますが、名曲は何回聴いても良いものです。

« 記事:人工眼FDAで承認 | トップページ | ブルーライトカットレンズ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: N響横浜定期演奏会:

» 1460- ヘルベルト・シュフ最高、リスト前奏曲、協奏曲第1番、サン・サーンス3番、準メルクル、N響2013.2.20 [河童メソッド]
. 2012-2013シーズン聴いたコンサート観たオペラはこちら2012-201 [続きを読む]

« 記事:人工眼FDAで承認 | トップページ | ブルーライトカットレンズ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ