« 牧阿佐美バレエ団のくるみ割り人形 | トップページ | フレッツ光顛末記 »

2012/12/18

心臓の定期検診

2012年12月18日

昨日、心臓の定期検診に行ってきました。心臓が3ヶ月に一度、肝臓が半年に一度で、心臓の検診で2回に1回は心臓の検診の2週間後に肝臓の検診を受けることになります。そのため、採血も2回に1回は肝臓の分とまとめて取ります。2週間あれば、ちょうどTAQ-MANの検査結果も出ています。
今回は心臓だけだったので、採血の本数も2本と少ないです。そうしたら看護師さん、ゴムで縛らずに針を刺して、採血を終えました。ゴムで腕を縛るのは、血管を出すためと、血液を止めて採血管の方に行きやすくするためですが、2本くらいなら取れてしまうんですね。針を刺すのも腕の良い方で、ゴムで縛らずにすいと一発で刺しました。

その後は、今日はX線です。今は全部デジタルになっているので、フィルムのセット替えがありません。現像時間も無いので、撮ったらすぐに先生のパソコンに出せます。小生の場合はPT-INRの検査に時間がかかるので、あまりメリットはありませんが。

そのPT-INR、この日はやけに時間がかかりました。そのため小生の後から来た人に、3人追い越されました。先生もそれを感じたようで、検査結果は手書きで書いてありました。あまりにも出てこないので、電話で確認したそうです。

結果は、X線で見ても心臓は肥大無し。血液検査も、白血球数5100、赤血球数509万、血小板数19万7千と、異常ありません。なおPT-INRは、2.02です。

体調も問題なく、心臓の手術がだんだん遠くなりました。このまま行けば何の問題も無いのですが、エコーを撮ると心臓の弁が僧帽弁だけではなく、大動脈弁まで石灰化が進んできているのが気になるところです。どうせ手術をするのなら元気なうちが良いのですが、今のところ手術適用範囲からは全く外れており、当分様子見が続きます。12121702a


写真はT病院(分院)のX線検査室があるフロアにあった、クリスマスの飾り付けです。病室の入り口にはツリーがあるはずですが、そちらは見損ないました。

« 牧阿佐美バレエ団のくるみ割り人形 | トップページ | フレッツ光顛末記 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんにちは
心臓定期健診、無事終了おめでとうございます。心肥大がないのはいいですね。
弁の石灰化がすすまないことを祈っています。

ひでほさん、ありがとうございます。
心臓自体は肥大もなく、変な負荷をかけて動悸を発生させないようにしていれば良いのですが、昔の不摂生がたたっているのか、動脈も含めて石灰化は進んでいますね。まあこれは考えていてもしようがないので、なるようにしかなりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/56345892

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓の定期検診:

« 牧阿佐美バレエ団のくるみ割り人形 | トップページ | フレッツ光顛末記 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ