« 石北線撮影記(4) | トップページ | チャイコフスキー5番 »

2012/11/13

コンタクトの縁が欠けると

2012年11月13日

目が左も右も軽い炎症を起こし、しばらくコンタクトを休んでいました。目の炎症が治り、コンタクトが復帰してしばらくたった昨日、やたらとコンタクトがずれるようになりました。小生の右目は水晶体がないため表面がきれいなカーブになっておらず、コンタクトの収まりが悪いため、よくずれます。しかしずれる時はパターンがほぼ決まっており、例えば仕事中にずれることはまずありません。ところが昨日は、仕事中に3回もずれました。

帰宅してコンタクトを外し、じっくり見てみました。別に異常はなさそうでしたが、よく見ると、縁が1mmほど欠けていました。丸い縁を直線にすぱっと切ったような感じですが、切れた幅は1mmくらいです。しかしどうやら、これが原因でずれたようです。欠けた縁が目の中に残っていると大変ですが、別に違和感もないし赤くもなっていないので、外で(洗う時に)欠けたのでしょう。

このコンタクト、2010年10月から使っていますので(ちょうど義母が亡くなってバタバタしている時に、前のコンタクトが壊れました)、2年以上持ったことになります。前のコンタクトが1年ちょっとでしたので、洗い方がうまくなったのか、だんだん長持ちするようになりました。

今日から新しいコンタクト、さすがにしっかり収まります。ソフトコンタクトは古くなるとコシが無くなってきますので、1年半か2年くらいで取り替えた方が良いのかもしれません。

« 石北線撮影記(4) | トップページ | チャイコフスキー5番 »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトの縁が欠けると:

« 石北線撮影記(4) | トップページ | チャイコフスキー5番 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ