« 石北線撮影記(5) | トップページ | 永青文庫と「天地明察」 »

2012/11/18

胃にもポリープ

2012年11月18日

昨日、胃の内視鏡検査(いわゆる、胃カメラ)を受けました。一昨年からもう胃カメラに切り替えようと思っていたのですが、昨年は手違いで会社の胃の透視(いわゆる、バリウム)を手配してしまい、間が2年空きました。胃の調子自体は特に異常は無く、不整脈が激しい時は胃も気持ち悪くなりますが、これは胃のせいではないでしょう。

さて結果は、何とポリープが見つかりました。大腸のポリープと言い、そろそろ何か出来て来る歳なのかもしれません。悪性ではなく(きれいな色です)、放って置いたら消えるかもしれないもので、少なくとも何もせず放置です。また来年、胃カメラを受けることになりました。12111701a


今回は(前回も)ワーファリンは止めず、何かあっても組織は採らない、ということで検査しました。この状態で来年、ポリープは取らないにしても、検査のため組織を採る可能性があったら、ワーファリンをどうするかという話になります。しかし来年も、ワーファリンは止めなくて良いと言うことでした。内視鏡学会の最新決定、組織を取るくらいだったらワーファリンは止めなくても良い、ということがこちらの内科の先生(先生、どちらかというと、リウマチ学会の方です)のところまで伝わっているかどうかわかりませんが、まだ組織を採るまでには至らないという判断でしょう。

写真で黒い点々が写っているものがありますが、これは出血の跡ではなく、海苔です。食事OKの制限時間一杯に、海苔巻きのあられを食べたのがいけなかったようです。最近の海苔は、産地(と言うより、養殖法)によって全く溶けないものがあるので要注意です。先生によると、海苔は3日くらい残るものがあるそうです。皆様、ご注意ください。今度の大腸の内視鏡検査の時は、少なくとも前日の海苔は止めよう。12111701b


完全引退後はどこかに(それも、遠くに)引っ越そうと考えていますが、これだけ昔からの状態を知っているかかりつけの医院が増えると、引っ越しづらくなります。

« 石北線撮影記(5) | トップページ | 永青文庫と「天地明察」 »

その他の病気」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんにちは~。
胃カメラ、お疲れ様でした。
私も去年からポリープが見つかっています。今年は増えちゃいました。
ま、いずれ食道ももっと厄介なことになるだろうし、ポリープは可愛いもので何もしていません。
で、海苔ですか~(笑)。私も気をつけます。

南海さん、いずれはどこかへ引っ越しされるんですか?
ハワイにでも移住されますか(というわけでもなさそうですが・・)

私は小さい頃から引っ越しばかりしていたので、土地への愛着が少ない方で、勤めのしがらみがなくなったら、夏は涼しい地、冬暖かい地に住めるぞなんて思っていましたが、病を抱えるとどうもそうもいきませんね。特に例外ケース的なものが多い私は、この20年で築いた信頼と気楽さを手放せません。

miyaさん、ありがとうございます。
小生のポリープもかわいいので、しばらくはそのままです(笑)。海苔には、びっくりしました。
移住ですが、一応国内です(笑)。病院通いの身としては東京にいた方が便利なのですが、小生の退職金では、東京近郊では中古マンションも買えなかった、と言うのが本音のところです。
とは言うものの、車の運転が出来ないので暮らせるのはある程度大きな都市に限られるし(熊本は、これで却下)、3ヶ月に1回の通院は東京近郊の今のところに来たいということを考えると、行き先はかなり限定されます。おまけに、小生は寒いのがいや、カミさんは暑いのがいやとなると、不可能に近いです。

南海さん、こんばんは!

内視鏡検査、お疲れ様でした。
かわいいポリープが見つかりましたね。
経過観察ですんで、ひとまず、よかったです。

画像、きれいですね。見入ってしまいます。
胃のひだまで、鮮明に見えて、下りの管は小腸でしょうか?
どうやって、撮影されたのでしょう。
スクリーンをデジカメでパチリと撮ったのですか??

海苔って胃酸に耐えて3日も残るんですか。
今日、久々にばかうけをスーパーで購入したのですが、南海さんの話で海苔はちょっとためらい、青のり味は購入を見合わせました(笑)。


yokobueさん、ありがとうございます。
ポリープがかわいくて、良かったです(笑)。小生の行きつけのところでの内視鏡検査は、安定剤を使うので意識が多少もうろうとしています。そこで先生は検査して要所要所の写真を撮り、後でその写真を見ながら解説するわけです。この写真、4枚を組み合わせてキャビネ判1枚に印刷してくれたものを、スキャナで取り込んで切り離したものです。丸い穴は出口か入り口ですが、多分食道側だったと思います。
海苔の養殖は昔は浅い海に支柱を立てて行っていたのですが、今は深い海に筏を浮かべ、そこで養殖する方法も増えてきました。仙台湾など、この筏(浮き流し式と言うらしいです)です。この浮き流し式で作られた海苔は水に強く、多少の湿気ではぐにゃっとならないのですが、なかなか水に溶けません。ひょっとすると残った海苔は、この製法のものかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃にもポリープ:

« 石北線撮影記(5) | トップページ | 永青文庫と「天地明察」 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ