« 「大人の休日」またまた北陸旅行(2) | トップページ | BS顛末記 »

2012/09/16

「大人の休日」またまた北陸旅行(3)

2012年9月3日(月)

天気、曇。昨日の東京は28℃、富山は32℃。意外と上がっていなかった。今日の予想で東京は30℃、福井は34℃。最近はテレビでローカルニュースの後の、翌日の電気の使用量予想(でんき予報?)を発表するが、福井県が関西電力と北陸電力にまたがっているというのは、初めて知った。周波数は、どちらも60Hzである。Dscn0301a


今日の目的は、えちぜん鉄道永平寺口での3本並びを撮ることである。この3本並び、平日のみ朝2回あるが、最初の1回は福井から始発電車で行っても間に合わない。従って、2回目が一発勝負となる。Img_36951a

余裕を持って永平寺口につきたいので、7時からのホテルの朝食を取っていては間に合わない。同じ東○インでも、昨日の富山は朝食が6時半からだったが、福井は7時からである。昨日サンドイッチを買い込んでおいたので、部屋でそれを食べ、出発する。Img_37001a


この3本並びを知ったのは、福井鉄道の時刻表の表紙である。場所は永平寺口というのはダイヤでわかっているので、永平寺口でそれらしき撮影場所を探すが、無い。踏切をわたりながら眺め、時刻表の写真は線路にカメラを置いて撮ったということがわかった。Img_37061a


会社の仕事なら、線路にカメラを置き、場合によっては発車時間を1分くらい遅らせても平気である。こちらはそうはいかないので、下り列車が到着して上り列車が発車するまでのわずかな時間を、踏切から狙うようにする。幸いJRと違い、私鉄の踏切は電車が通過するとすぐ上げ、発車状態にならないと下ろさないので、何とかなった。Img_37101a


福井に戻り、JR福井駅で「はくたか」を早い時間に変更できないか聞いてみる。しかし今日は、夕方までず~っと満席である。それでは、と、福井鉄道の撮影に向かう。福井鉄道は福井駅の近くは路面電車であるが、途中から専用線を走る郊外電車になる。しかも路面電車の部分は軌道法、専用線の部分は地方鉄道方(最近は法律が変わったかもしれない)で、鉄軌境界の駅である日赤前へ行ってみる。日赤前から鉄道線であるが、ホームは低い。Img_37181a


鉄道線側でカメラを構えていたら、裏にある幼稚園の園児から「おじいさーん」と声がかかった。がくっときたが、幼稚園児の孫がいてもおかしくない歳である。長男が小生と同じ時に第1子を授かったとすると、孫はそろそろ中学生である(^_^;。後ろ姿からよくわかったと思ったが、1)帽子をかぶり、2)リュックをしょって、3)ポロシャツの裾をズボンの中に入れ、4)よたらずにまっすぐ立っている、というのが、今ではおじいさんスタイルになっていることに気がついた(^_^;。Img_37211a


日赤前から福井駅側に移動し、鉄道から軌道に変わるところへ行く。するとそこへ高床車200型がやってきた。相手は電車だが、市役所前まで追いかければ、福井駅まで一往復して出てくるところを捕まえられるかもしれないと思い、無理をしない範囲で追いかけ始める。ここで無理にスピードを上げると心房細動を起こすので、注意が必要だ。すると今度は反対側から高床車の610型がやってきた。こうなるとこちらを撮った方が良いので、200型はあきらめる。しかし200型は、昼食を採った後、折り返しをとらえることができた。Img_37251a


早めに富山に移動しようと思ったら、サンダーバードが神戸付近の人身事故の影響で、20分以上遅れている。ぎりぎりに動いたら、危ないところだった。途中金沢ではすごい雨、今回金沢を通過するたびに、すごい雨が降っている。意外と涼しい富山に到着、そろそろ「おわら風の盆」の客も少なくなってきたようだ。キリンビール北陸工場が廃止になり、神戸工場製となった発泡酒と弁当を仕入れ、「はくたか」に乗り込む。やたら暑かったが、狙い通りの収穫はあった。Dscn0298a


(完)

« 「大人の休日」またまた北陸旅行(2) | トップページ | BS顛末記 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

楽しませていただきました。
下からみっつめのパラグラフにドキッとする齢に、徐々に近づいてきています。
来月、「ライフプランセミナー」とかいうものにお呼びがかかりました。

楠の末裔さん、ありがとうございます。

仲間内でいるとみんな一緒に歳を取っているから気がつかないし、クラブのOB会の主力は小生の10歳くらい年上の先輩方ですから、まだまだ若いつもりでいましたが、世間的には「高齢者」の一歩手前なんですよねえ。邪魔にならないよう、気をつけねば。

南海さん、おはようございます。

「北陸旅行」、3回にわたって、楽しませていただきました。ありがとうございました。

 園児さんの声かけ、少し、ショックでしたね。知人のお子さん(男の子)も、3歳で、すでに、若い人とやや年齢の高い女の人を見分けると言っていました。検診の係りが、若いお姉さんだとでれでれするのと飽きれていました。
因みに、知人は高齢出産なので、40代です。
 私も、この間、4歳児の女の子から、「先生、おばさん?」って突然、言われ、びっくり(今更何??て声が聞こえてきます)。おかあさまが、席をはずされていたので、「おかあさんは、おばさんかな、お姉さんかな?」と、チェックしてから、「女の人には、おばさんて言ってはだめよ。お姉さんと言いましょう。」と指導して置きました。
 年には、逆らえませんから、そう、せめて、さわやかな人を目指しましょう。

yokobueさん、ありがとうございます。
自分に近い年齢ほど差をはっきり認識できますから、子供から見ると、おじさんもおじーさんも、差が無いんでしょうね。「女の人におばさんと言ってはダメよ。「ば」の後を伸ばしたりするのは、絶対にダメよ。」と言っておかなければいけません(笑)。
余談ですがうちの二男は年上好みで、幼稚園の頃同級生よりその美人のお母さんにぽーっとなっていました。

南海さん、こんばんは
3並び、希少だったのですね。
撮影成功おめでとうございます。

ひでほさん、ありがとうございます。
ローカル列車の撮影で一日1本は珍しくないのですが、こちらは追っかけも効かない本当の一発勝負でした。3番ホームの下りはもう動き出していますが、何とか画面に収めることができました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大人の休日」またまた北陸旅行(3):

« 「大人の休日」またまた北陸旅行(2) | トップページ | BS顛末記 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ