« 熊本にいます | トップページ | プラハ・フィル+ラデク・バボラーク »

2012/03/03

1969年

2012年3月3日

先日、「ピンク・マルティニ+由紀さおり「1969」」なる記事を書きましたが、1969年は小生にとっても特別な年でした。

時代的には、「栄光の60年代」の最後の年、高度成長期でした。みんなミニスカートになったのが1968年、東大紛争も1968年です。この頃のアルバムを見ると、女性のスカート丈が1967年と1968年ではまるで違います。そして国鉄は1968年10月に「よん・さん・とお」のダイヤ大改正を行い、全国に特急が走り始めました。690226021a


小生は1967年に上京し、1年間日吉へ、1968年から専門課程で小金井(武蔵小金井)へ通い始めました。1968年は引っ越さず、目蒲線から渋谷-井の頭線-府中経由で、遠距離通学でした。1969年2月に、友人のIと一緒に東北から道南へ写真撮影旅行に行きました。その旅行中の青函連絡船の中で、小生は20歳の誕生日を迎えています。写真はその時の、花輪線の86三重連です。

4月に遠距離通学に耐えかねて京王線の千歳烏山へ引っ越し、府中経由で通い始めました。1969年は一番乗っていた頃で、受ける試験のほとんどでAを取っていた頃です。つきあっている女の子もいて(それが今のカミさんですが(^_^;)、充実していましたね。多田武彦の「雪明かりの路」の録音をしたのも、1969年です。文化祭にの展示に、大きなナハネ20の模型を作りましたっけ。この模型を作るために、東京駅前にあった国鉄本社に資料をもらいに行っています。もう一つの写真は、その文化祭展示のナハネ20の模型です。1969b

そんな栄光の時代も長く続くわけはなく、時代は「激動の70年代」に入ります。70年代は、小生にとっては母親の死というとんでもない激動から始まりました。

1970年1月、まだ20歳の時でした。

「1969」の由紀さおりさんが歌う「パフ」を聞いていると、なぜか涙が出てきます。

« 熊本にいます | トップページ | プラハ・フィル+ラデク・バボラーク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

南海さん、熊本はいかがでしたか。

へぇ、武蔵小金井にキャンパスがあったんですか。当時は私は環七沿いに住んでいました。中学生でしたが(^^ゞ

「1969」聴きましたよ。よくテレビで取り上げられている何曲かはフムフムと聴いてましたが、CDの入りがホント歌謡曲ですね(笑)。輸入盤と国内盤は曲順が多少ちがうようですが、私は輸入盤です。

miyaさん、ありがとうございます。
旅行記は、今まとめ中ですが、ここに書けないような話も多く、思案中です。
キャンパスがあったのは、ちょうど小金井市と府中市の境あたりです。今その敷地には、HIRO-2さんがいらっしゃる学校が建っています。三億円事件の現場にも近く、学校近くに下宿している連中はずいぶん調べられたそうです。
「1969」、小生も輸入盤です。なぜか国内盤は3000円もしました。
天皇陛下が入院中に「夜明けのスキャット」を聞かれていたそうですが、小生はこのCDも[1969」ではないかと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/54130201

この記事へのトラックバック一覧です: 1969年:

« 熊本にいます | トップページ | プラハ・フィル+ラデク・バボラーク »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ