« プラハ・フィル+ラデク・バボラーク | トップページ | A列車で行こう(1) »

2012/03/11

あれから1年

2012年3月11日

あの日から、1年が経ってしまいました。犠牲者のご冥福をお祈りし、今なお避難生活を続けられている方にお見舞いを申し上げます。

今回の大震災は、地震、津波に加え、福島第一原子力発電所の事故が、復興の大きな妨げになっています。しかしこの事故、各地の放射能被害をもたらした水素爆発事故は、地震と津波の後適切な処置をしていれば、防げたといわれています。ここで記事を引用したいのですが、日経BPの記事は登録制なので、引用しません。「見逃されている原発事故の本質」で日経ビジネスオンラインの記事にたどり着けますので、興味のある方は検索してみてください。

ここで気になるのが、1号機爆発事故の後です。1号機が水素爆発した後1号機には海水注入を行っていますが、なぜこの時2号機と3号機に海水注入を行わなかったのでしょうか。2号機と3号機で海水注入が行われたのは、燃料棒が露出した後、つまり手遅れになってからです。まだ水位があるうちに海水注入を行っていれば少なくとも2号機と3号機の水素爆発は避けられたはずで、そうすれば放射能の汚染地域は、今よりぐっと少なかったはずです。これは急病人がいるのに救急車を呼ばなかったことと同じで、犯罪行為です。

一気に対応せずに様子を見て対応するやり方は、旧日本軍の先の大戦での負けパターンでした。戦況が不利と判ったところで順次兵力を追加投入し、結局は現有兵力を全滅させてしまうというパターンです。危機に対する対応は、日本は先の大戦で何も学んでいないようです。この状態に神様もあきれたのか、4号機の燃料が露出しないという奇跡を演出してくれました。これは全く奇跡で、普通だったら東京も避難区域になるところでした。ヨーロッパの国々が東京から自国民を退避させたのは、今となっては当たり前の行動と言えます。

ただこういう原発事故、何で水素爆発が起こったのか、なぜ防げなかったのかを全く検証せずに、原発の再稼働が行われようとしています。小生は、20年くらいかけて原発は廃止すべきだと思っていますが、それまでは原発のうちの新しいものは動かしてもやむを得ないと考えています。しかし何も検証せず、事故時のマニュアルも改訂せず(一説には、燃料棒が露出した後でないと海水を注入してはいけない、と定められているとか)再稼働することには、反対です。

今の政府の対応を見ていると、原発のある地元が政府のやり方に納得するわけはなく、原発は全部止まるでしょう。今年の夏もいろいろな我慢を強いられる夏になりそうですが、それ以上に、日本の製造業がどんどん海外に出て行くことを心配しています。

« プラハ・フィル+ラデク・バボラーク | トップページ | A列車で行こう(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/54196770

この記事へのトラックバック一覧です: あれから1年:

« プラハ・フィル+ラデク・バボラーク | トップページ | A列車で行こう(1) »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ