« 百瀬研勢鉛筆画展 | トップページ | 散財番長見習い、続その後 »

2012/02/05

バッファローのRAMディスク

2012年2月5日

小生のパソコンには外付けのHDDを使っていますが、以前雷でHDDの入り口がやられたとき、買い換えたHDDは同じバッファローだったのですが、それまでのFドライブがGドライブに変わり、Fドライブには何か小さな領域ができました。この時はHDD内に何か小さなパーティションができているのだとばかり思っていました。それから約1年、なんの問題もなく使っていて、その間のもう一つHDDが増えたりもしていたのですが、このところインターネットの動きが悪くなってきました。動画を見ていると、途中で止まることもあります。そうしたら「Fドライブが一杯」という警告が出るようになりました。インターネット一時ファイルの置き場所がFドライブで、そこが一杯になったようです。ところが、Fドライブは600MBあるのに、消せるのはやっと1MBくらいです。おかげで毎日のように警告が出るようになりました。

問題はインターネット一時ファイルの置き場所がFドライブと言うことなので、これを標準のCドライブに変えれば、Cドライブはまだ数GBの空きがあるので、問題はなくなるはずです。それで「インターネットオプション」の「ホルダーの移動」でCドライブに変えてみたところ、Cドライブにインターネット一時ファイルができたものの、インターネットエクスプローラのインターネット一時ファイルは、相変わらずFドライブのままでした。

では、と強引にドライブ名を変えて、今までのGドライブのHDDをFドライブに当てはめようと思いましたが、「ディスクの管理」にFドライブが出てきません。なのにGドライブの名前を変えようとする異動先には、Fはありません。またFドライブを開放しようとすると、「使用中に付きできません」と出て、開放することもできません。これはもうどうしようもないと思って、新しいHDDを買いに走りました。この時はまだHDD内のパーティションと思っているので、HDDを取り替えればうまくいくと思っていたのです。

新しいHDDをつなぎ、Gドライブの中身をコピーします。写真、それもRAWファイルが多いので、1時間以上かかりました。そこで電源を切ってHDDをつなぎ替え、立ち上げてみると、Fドライブはしっかり残っています。そして「満杯」表示の赤い色のままです。そこで改めて検索し、このFドライブがバッファローのRAMディスクユーティリティが作るドライブだということがわかりました。おまけに、同じようにYOUTUBEが止まるようになった話が出てきます。

そこでバッファローのユーティリティを立ち上げたら、何のことはなくFドライブのドライブ名が変わりました。ただし、「インターネットのキャッシュとして使用する」のチェックを外しておかないと、ドライブ名が変わっても付いてきます。最初からこれに気がついていれば、このチェックを外し、Fドライブをフォーマットするだけで(フォーマットしないと、削除ができません)全部片付いたはずです。

結局散財して(大散財でなくて良かったですが)1日何もできなかったものの、予備HDDが1台増え、インターネットの動きはぐっと良くなりました。やれやれ。

« 百瀬研勢鉛筆画展 | トップページ | 散財番長見習い、続その後 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

意味が分かるような分からないようなですが、南海さんでも手こずる事があるのですね。

meeさん、ありがとうございます。
わかりにくい説明で、失礼しました。経験した人でないと、わからない話ですね。RAMディスクなど入れた記憶は全くないのに、あるとき買ったバッファローのHDDのユーティリティソフトに入っていたようです。HDDの取説をじっくり読めばどこかに書いてあったと思うのですが、HDDは動き出したらもう取説は読まないので、どこかに行きっぱなしです。

結構FAQみたいですねぇ。
Q&Aサイトでもよく質問が出ています。
(たとえばこちら)

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6320714.html

ちなみに。
RAM ディスクというと、MS-DOS の当時、CONFIG.SYS に DEVICE= 構文で組み込んだことを思い出します。
標準で付いていましたよねぇ‥‥。
年齢がバレますね(^^;)。

これを使うと、プログラム本体をそっちへ逃がすことができたりしてとにかく動作が軽くなるので、さんざん重宝したものです。
業務用の会計ソフト(たとえば、社会福祉法人会計がそうだったんですが)ではあたり前の機能でした(^^;)。

Windows95 あたりまでは MS-DOS に下りることができたので使えた機能なんですが、さすがに XP 以降はダメですねぇ。
だからこそ、バッファローみたいな機能に変化しちゃったというか‥‥。
でも、フリーでも同様の機能が提供されるものがあるんですけれど、動作が何とも独特で、いざトラブると「???」となってしまいますよね(^^;)。

まろくん、ありがとうございます。
いや、本気でCONFIG.SYSを探そうかと思いました。確かに95まではCONFIG.SYSをいじくっていたんですが、XP以降はNTの系統ですからねえ。いや、勉強になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッファローのRAMディスク:

« 百瀬研勢鉛筆画展 | トップページ | 散財番長見習い、続その後 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ