« 大腸ポリープの組織検査結果 | トップページ | 百瀬研勢鉛筆画展 »

2012/01/28

散財番長見習い、その後

2012年1月28日

先日購入したウォークマン、予定表の転送が終わった時点でメール(連絡先)には行かず、本来の、音楽プレイヤーの機能確認に移りました。説明書を見たら、「パソコンにソフトをインストールしろ」とのこと、USBでつないで指定のところをクリックすると、インストールが始まりました。最近はこういうサポートソフトのたぐいも、CD-ROMではなくメモリーになりました。まず以前作った音楽ファイル(音楽テープなどをパソコンに取り込み、ノイズ除去したもの)を転送しました。ファイルを持って行くだけだから早いと思ったのに、意外と時間がかかりました。結構大きいファイルだったので、それが原因だったのかもしれません。

別の日に、今度はCDから直接転送をやってみました。これは速いです。CD-ROMからUSBメモリーに転送するのと同じと言えば同じなのですが、相手が音楽CDだと不思議な気がします。調子に乗って今日はベートーベンの交響曲全集(カラヤン指揮、全5枚)を転送してしまいました。それでもメモリーはまだたっぷり残っています。これは便利です。大きさもディスクマンよりずっと小さく、電源線を引っ張らなくて良いので、助かります。何せディスクマンは普通の乾電池だとCD2,3枚しか持たず、もっぱらACアダプタを使っていました。これはやみつきになりそうです。今もキャンディーズを聞きながらこれを書いています。

イヤホンはノイズキャンセリングヘッドホンとのことですが、耳にの中にすっぽり入り、耳にぴったり密着して音漏れをなくす(ついでに、外の音もカッタする)タイプです。従って、これで音楽を聴いているときは外の音があまり聞こえません。家で聞いているとカミさんが声をかけても多分判らないので、家庭争議の元になるかもしれません(笑)。

ただ気になるのが、電源を切ったまま置いておいても、電源を入れると毎日少しずつ(目に見える範囲で)バッテリーメーターが下がってくることです。電源を入れるとすぐ無線LANに接続するので、電源を入れている間、特に初期の電力使用量が多いのでしょう。標準付属品はUSBからの充電だけですが、旅行に持って行くことを考えると、別売のACアダプタを買った方が良いかもしれません。

なおこのウォークマンを買ったため、無線LANステーションのことをいろいろ調べる羽目になりました。面白いことがいろいろ出てきましたが、もう少し自分の設定が進んでからご報告します。

« 大腸ポリープの組織検査結果 | トップページ | 百瀬研勢鉛筆画展 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/53840049

この記事へのトラックバック一覧です: 散財番長見習い、その後:

« 大腸ポリープの組織検査結果 | トップページ | 百瀬研勢鉛筆画展 »

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ