« 津山の機関庫(2) | トップページ | ワーファリン »

2011/12/19

今年最後の通院は、循環器

2011年12月19日

循環器の検診に行ってきました。血液検査の結果は、赤血球数:522万、白血球数:6100、ヘモグロビン:15.8g、血小板数:20.1万と、異常ありません。PT-INRが2.15とやや高めですが、このくらいは振れる範囲でしょう。朝着いてすぐに胸のX線写真も撮ったのですが、特に心臓に変化はなく、さらっと通り過ぎました。このところ心臓は小康状態というか、やや中康状態なので、先生もさらっと流してしまいます。数年前、いつ外科に行こうかと言っていたのが、嘘みたいです。

診察の後待合室でもらった資料の整理をしていたら、どうも数値が変です。やたらLマークが付いているし、これはどう見ても貧血です。ひょいと上を見たら、違う名前が書いてありました。慌てて診察室にとって返し、次の人の診察に入っていましたが先生が立った気配の時にドアを開けました。先生、「ちょうど良かった。今呼びにやろうと思っていたところだった。」そして看護師さんの方を振り向き、「今済んだからもう良いよ。」その場でプリント用紙を交換してきました。この先生、予約順序と関係なく、検査結果が上がった順番に呼びますから、机の上は乱雑です。まあこういうこともあるでしょう。

自動支払機で会計を済ませて予約一覧を見たら、次の循環器の予約が載っていません。再度会計窓口に戻って確認したところ、再印刷をかけたら出てきたそうです。サーバーの更新タイミングで、ちょっと先生の入力が遅れると、こうなるようです。そう言えばいつもは診察が終わって一服するのに、今日は午前中の会議の最後に出るため、会計窓口に直行しました。いろいろあります。

ぼけ始めると、病院にかかるのも大変です。

« 津山の機関庫(2) | トップページ | ワーファリン »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

南海さん、今年最後の通院、お疲れ様でした。異常がなくて良かったですね。

私も印刷した結果用紙を見たら数字が変な時がありました、やっぱり違う人のです。うちはその場で印刷するのが多いんですが、その時は机のを渡しちゃったみたい。数値が良くても自分のじゃないから嬉しくないです。
ちなみに私の今年の通院納めは31日、初が2日と久しぶりに素晴らしいスケジュールです(笑)。

ところで、今公開中の「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」は、三浦友和が、富山地鉄の定年間近の運転士さんという設定なのですが、随分風景や電車が出てきます。ライトレールもちらっと出てきます。家が南富山らしく私はその地域はあまりしらないのですが、富山日赤病院も実名で出てくるので、ここは見舞いに行ったことがありました。
鉄ちゃんだとどうご覧になるのかしらんと思いました。

miyaさん、ありがとうございます。
通院最後が31日、最初が2日ですか!お疲れ様です。小生もIFNの2回目の時は、そういうスケジュールでしたが。
RAILWAYS2、やっぱり見てきました。話としては、三浦友和の運転士、今年の定年(昭和26年生まれ)ではなく、もう10歳くらい年上のイメージですね。行動パターンが。場所は富山地鉄もライトレールも9月に写真を撮りに行ったばっかりで、面白かったです。常願寺川の鉄橋は撮影の名所のようで、小生もその場所で元西武5000系を撮りました。映画の方が天気が良かったので、バックの山がきれいでしたね。その時の写真を、↑にアップしておきます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/53522521

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の通院は、循環器:

« 津山の機関庫(2) | トップページ | ワーファリン »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ