« オーストリア皇太子の日本日記 | トップページ | 津山の機関庫(2) »

2011/12/17

津山の機関庫(1)

9月に岡山に行ったとき、津山の機関庫の一般公開の案内をもらった。今年の最終が、10月23日(日)。このチラシを見たカミさんが、「行ってきたら?いけるうちに。」確かに今年は行けるが、来年は行けるかもしれないが、行けないかもしれない。と言うことで携帯から参加を申し込み、行くことにした。住所を聞かれて「東京都」と言ったら、先方はびっくりしていたが。

2011年10月22日(土)

明け方強い雨だったが、出発する頃には上がる。津山に朝着くにはどうしても一泊しなければいけないので、名古屋の撮影を少し入れた。結局切符は前回と同じで、今回は津山往復になる。名古屋は暑そうで津山は気温が低そうだったので、昨日デパートに駆け込み、セーターを1枚買う羽目になった。まさに泥縄である。

新幹線の新横浜駅は大混雑。土曜の朝は、いつもそうだ。乗った「のぞみ」はZ-1編成、揺れない。満席である。名古屋で中央西線に乗り換え、転換クロスの213系である。213系は関東では見ない。高蔵寺で愛知環状鉄道(以下愛環線)に乗り換え。来た電車はJRからの直通で、なんと211系4連だった。Dscf4510a


9月は313系が乗り入れていたが、共通運用のようだ。愛環線内はICカードが使えず、車掌が説明していた。名古屋からICカードで乗ると、名古屋からの運賃を現金で払い、さらにJRの駅で名古屋の入場記録をキャンセルしてもらうことになる。Img_32531a


前回は高蔵寺の駅で愛環線の写真を撮ろうとして、うまくいかなかった。今回はしっかり撮ろうと思い、場所を新豊田に定めた。愛環線は路盤は複線が確保されており、単線から徐々に複線化していく方法がとられている。車両は日中は2両だが、停止目標には10両があり、ラッシュ時は長編成の列車が走っているようだ。自動車王国名古屋の、そのまた自動車の中心地豊田を通る線だが、道路が混雑し、電車通勤が増えているのであろう。Img_32581a


新豊田に着く。街が大きいのにびっくりする。松坂屋まである。東京に感覚だと、日中2両の電車が走っているところは閑散としているだろうという思い込みがあるが、日中の交通主体は自動車なのだ。Img_32681a

愛環線は新しいだけあってほとんどが高架で、写真を撮ろうとするとさらに高いところから狙わなければならない。そこで事前に、新豊田から新上挙母に向かうところに良い撮影ポイントがあるという情報を仕入れていた。ここは複線の路盤の片方に線路が敷いてあるので、側面がしっかり撮れるという。ところが着いてみると、しっかり複線化されていた(;_;)。Dscf4513a


場所は切り通しになっていて、どうしても対向側の車両を狙わないと良い角度で撮れない。おかげで上りと下りを撮るために一旦山を降りて反対側の山登りをすることになり、大汗をかいてしまった。セーターどころではない。しかし同じ2000系でも、塗装の違う第1編成と多数派の第2編成以降の両方を撮ることができた。JRからの乗り入れ編成が211系だったのだけが、残念である。Img_32721a


愛環線の2000系は、車内は4人がけの固定セミクロスシート、トイレも付いている。ただし窓は開かない。さすがに場所柄、日車製。JR東は停電時の対応のため209系は窓が開くように改造し、以降の車両も通勤車はすべて窓が開くが、混雑がさほど激しくないのか、九州にも窓の開かない車両は多い。Dscf4515a


名古屋に向かう途中勝川で降り、今度は時間を合わせて、城北線の勝川進入を撮る。しかし城北線はなんのために造ったのか、判らない路線だ。JRの勝川駅とつなげば、乗客は増えるだろうに。

岡山までの「のぞみ」は、最後尾の16号車だった。揺れるかと思ったが、全く揺れない。前回の岡山からの帰りは、同じN700系で結構揺れた。いったい何のせいだ?岡山に着いてホテルまで歩いているところで、雷を伴ったにわか雨になる。何とか傘を差さずにホテルに駆け込んだ。

岡山泊。

(つづく)

« オーストリア皇太子の日本日記 | トップページ | 津山の機関庫(2) »

鉄の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/53505596

この記事へのトラックバック一覧です: 津山の機関庫(1):

« オーストリア皇太子の日本日記 | トップページ | 津山の機関庫(2) »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ