« イカスミスパゲッティ | トップページ | おまけ付き岡山行き(2) »

2011/11/06

おまけ付き岡山行き(1)

今年は旅行に行く回数が多い。旅自体で見ると以前は出張で飛び回っていたが、最近はもっぱら私的な旅行、それもほとんどが遊びである。その私的な旅行にも2種類あって、一つは完全な私的、つまり自分の小遣い(もしくはへそくり)でいく旅行で、もっぱら「大人の休日」切符の発売時期やマイルがたまったときに撮影に行っているあれである。もう一つは南海家としての公式行事で、これは家計費から出る。カミさんは専業主婦で収入源は小生の給料しかないので、元々の金の出所は同じなのであるが、会社で本社経費か工場経費かと別れるように、直接小生の懐に影響があるかどうかは、大きな差がある(^_^;。

今回は岡山で所用があり、カミさんと出かけることになった。その用事の前日夜にドラ息子と会うことにし、岡山には午後7時に着けば良いというスケジュールになった。そこで出たのが互いに別行動、集合岡山駅前午後7時という案で、早速乗った。新横浜-岡山間であれば、どこででも寄り道ができるわけである。今回は滅多に行くことのない名古屋界隈の私鉄を見て、ついでにJR東海の鉄道博物館である「リニア・鉄道館」も見てくることにした。Dscf4432a


2011年9月22日(木)
小生は旅行の時はいつも早めに指定席を取るのだが、今回はスケジュールがなかなか確定しなかったこともあり、切符を買うのが前日になってしまった。駅のみどりの窓口を覗いたら、明日から3連休ということもあって大混雑、指定席自動販売機まで混んでいる。1台だけ空いている「カード専用」という指定席自動販売機を見つけ、そこで購入する。名古屋までの「のぞみ」の指定席はもうB席しかないが、これは仕方がない。そのあと乗車券を高松まで(何で高松までかは、後ほど)と入力すると、経路の選択が出てきた。これがなんと名古屋からずっと東海道線-山陽線の在来線と、関西線-草津線回り以降在来線の2つしかない。名古屋で途中下車してまた新幹線を使うという人は、いないと思っているのだろうか。仕方がないので東海道線在来線経由の切符を買う。夕方の名古屋-岡山の「のぞみ」は、ちゃんとE席が取れた。なお乗車券は往復割引になるので、往復を購入する。Img_3143a


2011年9月23日(金)
天気、曇り。少し肌寒い。今日から3連休なので、朝8時の新横浜駅は大混雑である。「のぞみ」はしっかりN700系を押さえてある。新横浜から名古屋まで1時間半、本当に速くなった。名古屋は晴れ。名古屋で一旦外に出て、宿泊だけに使う荷物をロッカーに入れる。ロッカーを探すのに手間取り、切符を買って中央西線のホームを駆け上がる。名古屋の駅のロッカーは400円であった。Img_31471a


新幹線の中でコーヒーを飲むのに5000円札を出しておいて、正解。
東京にいると中央西線名古屋口に日常的にどんな電車が使われているか、なかなか情報が入ってこないものだ。主力は211系5000番台と新しい313系で、なんと313系は211系との併結もある。発車ブザーをしっかり使っており、どうやら発車ブザーを省略する無精を行っているのは、JR東日本の東京圏だけのようだ。Img_31541a


高蔵寺に到着。目的は愛知環状鉄道の電車である。ホームに同業者が長玉を持って待ち構えているのを見かけ、なんだろうと思っていたら、EF64の重連がタンク車を引いてやってきた。場所は悪かったが、一応撮る。目的の愛知環状鉄道(以下、愛環線)の電車が見える良い場所がないかと外に出てみたが、これは失敗、また駅に戻る。中央線から愛環線への直通が来るので待っていたら、これはJRの313系であった。Img_31602a


愛環線の車両がホームに入ってきたのでよく見ると、外観は313系とそっくりである。ただ塗装はかなり派手で、ステンレス車体のこの側面をうまく撮るのは、大変だ。次の電車が駅へ侵入してくるところを狙ったら、中央線の313系がもろにかぶってしまった。これはこれで面白い写真が撮れたが。この愛環線の電車、場所を選んで撮った方が良さそうだ。Img_31621a


313系の快速で高蔵寺から勝川へ。「かちがわ」と読む。名古屋近郊は「トイカ」が使え、トイカが使えるところはスイカが使えるが、駅の事情がわからないので切符を買って乗る。勝川は大きな駅で、当然自動改札機も装備されていた。勝川は2面4線のホームで、中央線は外側2線だけを使っている。中の2線は城北線用で、中央線の下り線の下をくぐって上がってくるようになっている。準備工事はできているので、いつでも乗り入れは可能だ。ところが、城北線の乗り場がない。駅の外の出たら、矢印があった。そのままとことこ歩いて行くが、かなり遠い。そうしたら工事を中断したような高架があって、その端に駅があった。駅というより、単なる乗降場である。城北線は1時間1本しかないが、たまたま試運転の列車が止まっていた。Img_31642a


18m級のキハが1両、ホームに待っている人はいない。ただこの高架、中央線の高架と同じ高さである。勝川駅は城北線が中央線の下り線の下をくぐるようになっているので、この場所では城北線はもっと低い位置にないといけない。いったい何を考えているのだろう。城北線は東海交通事業というJR東海の子会社が運営し、東海道線と中央線を結ぶ路線でありながら、列車は1時間に1本、非電化で車両は単行、やる気があるのかどうか疑わしい路線だ。政治的ないきさつのある路線なのだろうか。

勝川から名古屋へ211系で戻る。今度はスイカを使った。名古屋駅のホームで昼食のきしめん、名古屋に来たらこれだ。

(つづく)

« イカスミスパゲッティ | トップページ | おまけ付き岡山行き(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんばんは
中央西線には、70、72、80系時代に撮影に行ったきりで、浦島状態・・・記事を拝見して、びっくりしています。
城北線なんてあるんですか・・・・
勝川駅は当時普通の側線もない平凡な駅でした。たしかクモニがついた80系8Bを撮影した記憶があります。

>新横浜から名古屋まで1時間半、本当に速くなった。
先日、名古屋往復で「こだま」を使いました。
息が700系、帰りが300系。
所要時間は新横浜から2時間半。
のぞみなら、京都に着きますな。

ひでほさん、ありがとうございます。
実は小生も、その時代の知識しかなかったんです。このあたりはまだ山岳線ではないので、115系ではないと思っていたのですが、211系と313系とは思いませんでした。書きませんでしたが、383系の「しなの」が頻繁に通過します。

楠の末裔さん、ありがとうございます。
奈良/京都の旅行記、拝読しました。「こだま」を使うパックツアーがあったのですね。
東京-新大阪間が「ひかり」で3時間10分の時代は「こだま」は4時間、今は名古屋までは2時間半だったら、新大阪までの時間はその時代と変わっていませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おまけ付き岡山行き(1):

« イカスミスパゲッティ | トップページ | おまけ付き岡山行き(2) »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ