« 台風ニアミス、北陸旅行記(4) | トップページ | タイの水害の余波 »

2011/10/12

台風ニアミス、北陸旅行記(5)

2011年9月5日(月)

朝から、雨である。雨は午前中強くなったり弱くなったりの予報で、待っていても止みそうにはないので、早めに出発する。まずえちぜん鉄道で、永平寺口へ。Img_3058a


このえちぜん鉄道、以前は京福電鉄の一路線だったのだが、大事故を起こして運転休止になり、そのまま廃止されるところを引き継いだものだ。京福電鉄の時代は永平寺までの路線があったが、この線は廃止されている。なお福井駅前から永平寺へはリムジンバスタイプの特急バスが走っており、どう見てもこちらに部がありそうだ。Img_30641a


乗車券を買って、ホームに出る。手動改札、それもスタンプではなく鋏だ。切り込みの入った切符も、久しぶりに見る。ホームのベンチには、ティラノザウルスが鎮座している。終点の勝山に福井県立恐竜博物館があるためだろうが、この恐竜博物館、勝山からさらにバスで15分かかる。もう少し便利なところに作れなかったものか。Img_3065a


6000型単行の勝山行きが発車。平日朝の逆方向なので、がら空きだ。このえちぜん鉄道、山間を縫って走るローカル線と思っていたら、永平寺口までは沿線はずっと宅地である。さらに福井口の近くは、複線になっている。実は通勤路線だったとは、知らなかった。Img_3066a


永平寺口はかつては分岐駅だったので、構内が広い。出口は線路を渡った反対側だが、臨時の出口を作って永平寺口行きのバスが待っている。ここにテキ(電気機関車)が保存されていると思ったが、聞いてみたら保存されているのは終点の勝山だった。Img_30681a


雨も強くなったが、勝山まで行ってみることにする。切符を買ったときに渡された時刻表を見たら、表紙は永平寺口での3本並びである。永平寺口にはホームが3本あるが、その全部に電車が止まる時間があるようだ。おそらく、平日の朝だろう。Img_30751a


と思いながら8時2分発の勝山行きの電車に乗り、時刻表をじっくり見てみたら、永平寺口8時32分にも並ぶ。今日が平日だということをすっかり忘れていた。おまけに計画より早く出発したため、まだ通勤時間帯なのだ。8時32分の3本並びを取ってから勝山に行っても今日のスケジュールは十分余裕があるのだが、今更戻るわけにも行かず、大失敗であった。Img_30891a


勝山到着。雨が強い。肝心のテキは、展示施設を作るために辺り一帯が工事中である。そばに寄れないので、反対側から撮る。ホームまでは入れるので、ホームの端からも撮る。そうしたら、工事中の人から声がかかった。「電気機関車の写真とってんの?」「はい、そうです。」「じゃあ、線路渡って、こっちおいでよ。Img_30771a


本当はいけないんだけど。」とのご招待。喜んで線路を横断して写真を撮りに行く。昔だったら平気で入っていたのだが、最近は線路に入ることにどこでも神経質になっている。電車は1時間に1本しか来ないのだ。テキは屋根付きの展示施設に収まり、駅前のロータリーも整備されるのだろう。Img_30781a


勝山駅の駅舎は、立派である。中には古い出札設備が展示してあった。自動販売機か、人手で売っても印刷機なので、印刷した切符をためておいたり日付を印刷する機械は、本当に珍しくなってしまった。Img_30821a


帰りは福井駅には行かず、途中の福井口から三国芦原線に乗り換え、田原町で降りる。今度は福井鉄道である。Img_30901a


(つづく)

« 台風ニアミス、北陸旅行記(4) | トップページ | タイの水害の余波 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風ニアミス、北陸旅行記(5):

« 台風ニアミス、北陸旅行記(4) | トップページ | タイの水害の余波 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ