« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011/09/29

MRI顛末記

2011年9月29日

昨日、MRIを撮ってきました。昔MRIを撮ってもらった病院の院長先生が引退し、始めたという個人医院です。個人の医院で、よくMRIを持っていると思います。かかりつけの内科からの紹介状を持って行ってみたら、商店街の中のビルの1階にありました。乳腺科と併設なので、待合室はほとんど女性です(^_^;。問診表を書き、ついでにA4一枚の病歴表を提出、予約を取ってあったので、時間通りに呼ばれます。

上着だけを脱ぎ、時計やズボンのベルトもはずして機械の前へ。頭を固定するくぼみの付いている枕で、眼科の手術を思い出します。そして顔の前にもガードを取り付けます。昔はこれはなかったような記憶がありますが、17年も前のことなので、あまり当てにはなりません。非常用の押しボタンを胸の前で持っていたら、ベッドが動いて機械の中に入るときに肘が当たりました。思ったより狭いです。

以前のものは、海堂尊氏の著書に「がんがんトンネル魔神」とあるように、ドラム缶をたたくようながんがん言う音が響いていました。ところが今回はバラエティーに富み、超大型のブザーのような連続音からエンジンのような断続音、果ては鋸のような音まで、いろいろでした。おまけに検査項目の切り替えごとにベッドが前後(寝ていると、頭の方)に揺れ、結構不快でした。狭いところで揺すられると、酔いやすいのですが、MRIでめまいを起こしたら、笑い話です。

これは想像ですが、ベッドの移動レールは、停電時にベッドが自動的に機械の中から出てくるよう傾斜がつけられていて、ベッドを油圧で押し上げるような構造になっているため、切り替え時の油圧変動で押し上げ力が変わり、揺れるのだと思います。これは明らかに設計ミスで、組立機だったら検査で合格しません。フェールセーフにしてなおかつ揺れないようにするためには、油圧動作のメカブレーキを付けるなど、対策はいろいろあります。

肝心の結果ですが、全く異常はありませんでした。脳の中に少し白い点が見えますが、これは老化現象で年齢相当とのこと、海馬もきれいでした。同年代のアルツハイマーの人の脳を見せてもらいましたが、海馬は萎縮し、脳の中に隙間がたくさんあります。しかしよく見えるものですね。ちょうど目の部分を含む断面では、右目に水晶体が無く形がいびつなのが、はっきり判りました。

血管の映像も見せてもらいましたが、特に狭くなっているところはなく、逆に脳出血につながるようなこぶもありませんでした。脳には大きな血管が4本通っていますが、小生は3本が太いのに、1本が細くなっていました。ただこれは10人のうち数人にはみられるとのことで、特に異常ではないそうです。結局めまいの原因と思われるものは見つからなかったのですが、逆に見つからなくて安心です。やはり一時的な虚血でしょう。

診察が終わり、会計に呼ばれました。「南海さ~~ん、7,260円です。」う、さすがMRI、いい値段がします。でもそう頻繁に受けるわけではなく、安心料とすれば安いものでしょう。

2011/09/26

心臓の検診結果、異常なし

2011年9月26日

心臓の検診に行ってきました。8月に心エコーを撮っていますので、その結果を聞く目的もあります。先生、心エコーは、2年前の結果とまとめて印刷してくれました。それによると、
  EF(駆出率)      :66.9→75(%)
  LVDs(収縮時左心室内径):35→31(mm)
と、あろう事か、改善しています。逆流度は2で、これは僧帽弁も大動脈弁も、変わりません。5年くらい前から大動脈弁の逆流が始まり、2年前から大動脈弁の逆流度が2になりました。小生の僧帽弁は逸脱というか、映像を見ると健索が切れているのですが、弁の石灰化は始まっていません。ところが大動脈弁の方は、今回しっかり「石灰化」と書かれていました。こうなると弁形成はできず弁交換になるのですが、逆流度2で心肥大も治まっているので、手術はせずに行けそうです。
なお2年前は「ビデオ番号」が書かれていたのが、今回は「DVD番号」になっていました。時代の流れです。

今回気になったのが、先日のめまいと心臓との関係です。先生は突発的な心房細動でめまいになったのだろうという解釈ですが、大病院の悪いところで、自分の専門以外はあまり関心がありません。確かにワーファリンを飲んでいて脳梗塞に備えているので、半日で治るめまいくらい、どうと言うことはないのでしょう。

とは言うものの、めまいを起こした日の午後はやたら思い出せないこと(特に人名)が多かったので、行きつけの内科に行き、MRIを頼んできました。前回めまいの後CTとMRIを撮ったのは96年と思っていたら94年で、その時の病院の院長先生が個人でMRIを装備したクリニックを開いているので、そこを紹介してもらいました。善は急げで、明後日です。

岡山から帰ってきました

2011年9月25日

もう日付が変わってしまいましたが、無事帰って来ました。Dscf4480a

岡山でカミさんと合流、所用を済ませ、ちょうど学会にぶつかって岡山近郊のホテルが全く空いていなかったので高松に泊まり、ついでに高松をちょっと観光してきました。写真は旧高松城の月見櫓です。

2011/09/23

名古屋にいます

名古屋にいます
ただいま名古屋から岡山へ移動中です。リニア鉄道館に、初めて行きました。連休とあって、どこも混んでいます。

2011/09/21

台風ニアミス、北陸旅行記(1)

2011年9月2日(金)

台風12号接近中。上陸は高知か。当初の予定ではAと秋田周辺に行く予定だったが、こちらは中止になった。ただせっかくの「大人の休日」切符の期間でもあるし、富山周辺はさほど影響がなさそうだったので、一人で行くことに変更したのだ。指定席はすでに手配してあるが、秋田行きの「こまち」の分は使わないことになる。出発は明日(3日)でもよかったのだが、明日の東京の予報が暴風雨だったので、今日会社からそのまま旅行に出かけることにした。リュックを抱えて、会社に行く。今回は交換レンズを望遠の他に広角も入れたので、重い。コットンパンツにスニーカーだが、会社はクールビズなので、ラフな格好でも目立たない。

なお傘は、事前にユニ○ロで、「大型の折りたたみ」というものを見つけ、買っておいた。広げると普通の傘くらいになるが、たたんだ状態でも大きく、小さなカバンには入らない。リュックだと何とか入るので、旅行専用である。Dscf4404a


午後から群馬で会議だが、京浜東北線と高崎線が遅れているという情報が入ったので、早めに出発する。横浜で15両編成の東海道線に乗ったら、品川行きであった。品川では中線到着、品川から京浜東北線で東京駅へ、東京駅からは「あさま」で高崎まで行き、折り返す。乗り放題の切符なので、いろんな乗り方ができる。E4系だといつもの群馬出張であるが、もう旅行の一部、「あさま」のE2系を選んで乗った。

群馬での仕事が終わって高崎駅へ。雨が降り始めている。計画では高崎で余裕があるはずだったが、弁当とビールを買っていたら以外と時間がなくなり、あわててみどりの窓口で指定席をとり、ホームに駆けあがる。車内で弁当を広げてゆっくり確認したら、予定の1本前に乗っていた。時間がないはずだ。Dscf4406a


あわただしかったせいか、それとも「上州まいたけ弁当」に夢中だったせいか、上毛トンネル内の徐行区間は気がつかなかった。越後湯沢ではまだ雨だったが、その後何本かのトンネルを抜けると雨も上がり、全く雨の気配のない新潟に到着した。

新潟泊。
(つづく)

2011/09/19

マエストロ・ブロムシュテット

2011年9月19日

書いた順序が逆になってしまいましたが、16日にはN響のC定期に行ってきました。後半だけ。この切符はカミさんが取ったもので、カミさんは前半の「アン様」(レイフ・オヴェ・アンネス氏)のラフマニノフが目当て、魔法使いのチャイ5は、どうでも良いというわけで、小生が後半だけを聞きました。なお我が家では、マエストロ・ブロムシュテットを「魔法使い」と呼んでいます。あの風貌もそうですが、この十数年歳を全く取らないところなど、人間とは思えません(笑)。なおA定期(10日)も、カミさんが前半だけ、小生が後半の予定だったのですが、前日小生はめまいで倒れてしまったため、断念しました。「新世界より」だったのですが、池田昭子さんのイングリッシュホルンを聞きたかったです(;_;)。

さて、チャイコフスキーの5番と言えば、小生は1997年にマエストロ・スヴェトラーノフ指揮のチャイ5を、同じNHKホールで聞いていますが、これは名演でした。このときはホルンは松崎さん、オーボエは茂木さんでした。そのため、この日のチャイ5はちょっと心配でもありました。

2階の後の方とは言え正面だったのですがNHKホールは広く、しかも最近とみに目が悪くなったため、演奏者の識別があまり出来ません。ホルンはどうも日高さんのようです。真っ先に入場してきて気合いは十分なのですが、緊張している様子がありありです。第1楽章、オーボエの茂木さんが良い響きを聞かせますが、クラリネット(たぶん、伊藤さん)もよく鳴ります。第2楽章のホルンソロ、大向こうをうならせるような響きではないですが、うまいです。やはりこの音の感じは、日高さん?メロディーがオーボエに移ると、ここぞとばかりに茂木さんの出番、今日の茂木さんはずいぶん気合いが入っています。
マエストロ・ブロムシュテットのチャイコフスキーは珍しいそうですが、そこは巨匠、良い演奏を聴かせてくれます。魔法使いの魔法にかけられたのか、各セクション、よく鳴ります。チューバ(池田さん)も、ずいぶん響かせていました。

良い演奏でした。来てよかったです。終演後、ホルン(日高さんと思います)を立たせたときは大拍手で、ブラボーが飛んでいました。マエストロは次に茂木さんの方を指さしたのですが、茂木さんはホルンの方を見て拍手をしており、気がつかなかったようです。次に出てきたときに、木管の席まで行って茂木さんと握手をしていました。

会社が終わるやいなや飛び出してコンサートホールに駆けつけるのがいやになってN響の定期会員を辞めたのですが、やっぱりオーケストラは良いですね。次は11月です。

2011/09/18

羊蹄丸

2011年9月18日

船の科学館が9月末で閉館するというので、昨日見に行ってきました。船の科学館はわりと好きで何回か行っていますが、今回の目当ては羊蹄丸です。本館の方は改修後また再開する見込みもありそうですが、羊蹄丸は売却か、買い手がないときは解体だそうで、今回が見納めになります。11091702a


船の科学館は、閉館前の特別割引中で、入館料が200円になっていました。これで本館、宗谷、羊蹄丸と3つ見られるのですから、お買い得です。本館をさっと見て、羊蹄丸の方に向かいます。小生は青函連絡船は一往復しか乗っていませんが、その両方とも羊蹄丸でした。そして中に入ったのですが、う~~ん、期待はずれ。あまりにもフローティングパビリオンというか「船の科学館、別館」化しており、昔の座席など、何も残っていません。わずかに昔の車両甲板にDE10(それもDML61ZA装備の基本番台)の本物がいたことですが、ここも昭和30年代の青森駅の風景が再現され、DE10もアクセサリー状態でした。11091705a_2


小生は函館に保存されている摩周丸は見たことがありますが、ここは船内の座席などよく残してあるものの、車両甲板は非公開でした。ところが、羊蹄丸の中でばったりであった仲間によると、青森の八甲田丸は機関室まで入れるそうです。これはぜひ青森に行って見てこなければ。なお羊蹄丸も摩周丸も、ブリッジは航海していましたが、後部にある積み込み司令所は、非公開でした。ここは船体の傾きを制御する指令装置も置かれているはずで、ぜひ見たいところです。11091703a


なおこの日は船内で青函連絡船のビデオを見たため、昼食抜きでほとんど一日いてしまいました。

2011/09/13

十六夜

2011年9月13日

一日遅れのぽんぽこぽん。11091302a


2011/09/12

BSの「要連絡」表示

2011年9月12日

一昨日、めまいがどうやら大事には至っていないことが判ったあたりで、カミさんが「最近BSに変な表示が出るのよ。」と言い出しました。出たりでなかったりするのだそうですが、かなり邪魔になる位置に出てくるそうです。地デジ化以降に取り替えたビデオデッキは、未視聴のものがあると画面に注意表示が出るため、常に録画して見ている状態なので、注意表示は出っぱなしなのですが(使い方を全く理解していない注意表示の出し方!)、それとは違い、もっとでかでかと出る表示だそうです。

ひょいとBSを点けたら、表示が出ていました。結構長い分ですが、衛星契約をやっているところも再度NHKに連絡しろ、とのことです。ホームページからも出来るようなことが書いてありましたが、どうもやりとりがありそうだったので、画面に出ている番号に電話をしてみました。

比較的すぐに繋がりました。フリーダイヤルでこの画面の受付専用の番号らしく、用件は言わなくても通じます。ところが、「今画面はどうなっていますか?」と聞いてきました。これから先は、画面を確認しながら操作をする必要があるそうです。小生の家は固定電話で、電話機のあるところからテレビの画面などは見えません。フリーダイヤルだったのでことさら携帯からかけなかったのですが、これは表示が不親切で、「テレビ画面が見えるところから電話をしてください。携帯電話でも可能です。」と書くべきです。

幸い電話機にはコードレスの子機が付いていたので、子機からかけ直すと言ったところ、一度切るとなかなか繋がらないから、こちら(NHK)からかけるから子機で取ってくれと言われました。なかなか繋がらないとは、かけたときに一発で繋がったのは、たまたまだったようです。

さてNHKから電話がかかってきて、テレビの前に移動、住所、名前、電話番号等の確認です。せっかく「お客様番号」を探し出して準備しておいたのですが、必要ありませんでした。ここで、衛星契約になっていることが確認されました。それから、B-CASカードの番号を教えろと言います。B-CASカードを抜くのかと聞いたところ、リモコンの青ボタンを5秒くらい押すと画面に出てくると言います。押してみたら、出てきました。その16桁の番号を読み上げ、先方(NHK)で表示消去の操作をしてできあがりです。念のためにBSのチャンネルを変え、注意表示が出ていないことを確認します。

次にビデオデッキ側に切り替え、同じような操作をします。ビデオデッキは置き場所のせいかリモコンの応答が悪く、5秒が10秒くらいかかりましたが、こちらも無事終了しました。小生が使っているパソコンにもB-CASカードは付いていますが、チューナーが地デジ専用のため、こちらは必要ありません。

小生のところは無事終了しましたが、いろいろ考えさせられるところがありました。まずB-CASカード、これは受信機の個体識別が出来るので、個別課金が可能なシステムだと思っていたのですが、やっぱりそれを使っていました。地デジの時は何もなかったのですが、BSで使っているとは思っても見ませんでした。現在は注意(警告)表示だけですが、B-CASカードの機能停止をさせることも当然可能で、やがて受信料を払わないとB-CASカードが動作しないようなシステムが出てくるでしょう。

もう一つは、「画面が見えるところに電話機がある」のが前提となっているやり方です。カミさんの実家のような、黒電話だけ携帯無し、パソコン無し、というところはどうするのでしょう。カミさんの実家は電気屋さんに頼んでBSアンテナを立てたので、この注意消去作業も電気屋さんに頼めばすみますが、最近はBSも集合アンテナで各戸配信になっている集合住宅が多くあります。そういうところは電話で操作手順を教えて改めて電話をしてもらうか、操作手順書を送ってB-CASの番号を書いておくってもらうか、ということになるのでしょうが、ただでさえボタンが増えてどこを触って良いか判らなくなっているリモコン、「最近のテレビは難しすぎて、見られない」となって、お年寄りのテレビ離れが進むかもしれません。

2011/09/10

好事魔多し=久しぶりの「めまい」

2011年9月10日

昨日(9月9日)朝、いつものように目覚まし時計で起き、ベッドから降りようとしたら、強烈なめまいに襲われました。世の中全体が、時計方向に回っています。この日は会社に行き、フレックスで少し早上がりして「こまち」に乗ってその日のうちに秋田まで行くつもりでしたが、とてもその状態ではありません。朝食の支度をしているカミさんに「めまいで起きられん、しばらくパス」とだけ言ってまたベッドに戻りました。カミさんは心得たもので、野菜を切ったところで中断です。小生は一旦ベッドに戻ったもののトイレに行きたくなり、トイレだけは行きました。目を開けると視界が回ってかえって気持ち悪くなるので、ほとんど目を閉じたままです。無事終了して、ベッドに戻ってひっくり返りました。横を向いた方が楽なので、横向きに寝ました。

一時間ほど眠ったらいくらか良くなったので、会社に電話を入れます。そうしてもう一眠り、お昼近くになっていました。そうしたら後頭部に軽い頭痛が残っているもののめまいはなくなったので、起き始めました。何とか動けたのでパソコンの電源を入れ、今夜と明日の宿をキャンセルします。ひっくり返らずに、出来ました。そこでごそごそとコーンフレークの朝食、カミさんに言葉のチェックをしてもらいますが、特にろれつの回らないところは無し。指の動きも問題ないので、脳出血や脳梗塞ではなさそうです。この時点ですべての計画が変更になり、旅行は中止したので、今夜の夕食が必要になります。カミさんは、買い物リストのチェックに入りました。

またベッドに戻ったらまた眠ってしまい、起きたら午後3時を過ぎていました。ジャーの中にご飯が少し残っており、カミさんが食べられたら整理してくれと言うのでそれが昼食です。食べたら何となく体力も戻ってきたので、駅まででかけました。切符のキャンセルのためです。「こまち」の発車は18時28分だったので、キャンセル手数料は630円ですみました。

その日のそれ以降はほとんどいつも通りで、夜も12時過ぎに寝ました。我ながら、よく寝られるものです。

今日(10日)はいつもの休日のように9時過ぎに起きました。今日は池袋か渋谷に出かける用事があったのですが、どちらもキャンセルです。ちっと近場に出かけただけにとどめました。その後はぶらぶらと、今の状態に続いています。

小生は頸椎脳底動脈血流不全というめまいの持病があり、1996年からつきあってきました。この原因は不明でしたが、中近両用の眼鏡を作ったら劇的に治まり、どうやら、度の合わない眼鏡→肩こり→めまい、と起こっていたようでした。その後は気をつけて肩を回す運動などをしていたのですが、このところサボり気味でした。そして前回眼鏡を作り替えたのは2010年4月で、そろそろ合わなくなってきているようです。

と、普通なら判断してしまうところですが、今回めまいがしているときに心房細動に近い不整脈が起こっているのが気になりました。具合が悪いときに脈がおかしくなるのはよくあることなのですが、ひょっとして不整脈が先で、それがめまいを引き起こしたのではないかという可能性です。調べてみたところ、不整脈からくるめまいは失神に近い症状のようで、小生のようにぐるぐる回るタイプは、あまりないようです。ただ元々脳の血流不全ですので、失神するほどまでは血流は落ちていないけどめまいを起こすには十分なくらい血流が落ちている可能性は、あります。

ただ昨日あれだけ眠れたということは、過労の可能性はあるようです。やはり3連休動き回って「お疲れ休み」なしというのは限界で、「2週連続などまかりならん!」という身体の危険信号だったのでしょう。

2011/09/08

2週連続

2011年9月8日

バタバタと、また紆余曲折がいろいろあって、明日から今度は北東北に行くことにしました。2週連続ですが(^_^;。明日は会社が終わってから出発するので、秋田泊まりです。また一人で、効率的には回れないので、乗っている時間の方が長い旅行になりそうです。
今日切符を取ったのですが、予想に反して「はやて」が混んでおり、希望の列車が取れませんでした。やはり「大人の休日」期間は北海道行きが人気なので、「白鳥」に接続する「はやて」が混んでいるのでしょう。

この秋は大腸ポリープの切除やら義母の一周忌やらいろいろあり、もうすぐ動き回る時間が取れなくなります。次はたぶん年明けの冬です。

ちなみに、前回の旅行ではこんな写真が撮れました。Img_29181a


2011/09/01

計画変更

2011年9月1日

明日からAと一緒に、秋田から新潟にかけて写真撮影に行く予定でしたが、台風の接近により中止しました。Aと一緒に狙うのは夜行列車か貨物列車、どちらにしろ長距離列車なので、大阪あたりの大雨でも運休やダイヤ乱れが懸念されたためです。

と、Aと一緒の旅行は中止にしましたが、小生は元々Aと別れた後福井まで行くつもりだったので、一人で行くことにしました。明日は群馬で会議があるのでそれに出席し、そのまま新潟に向かいます。それから富山へ。一応雨が降っても小雨のところで、何とか写真は撮れそうです。また写真の撮れないような雨だったら、観光旅行に変更します。どちらにしろ、一転のんびりしたペースの旅行になりそうです。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ