« 新「ヤマカズ」氏 | トップページ | 二つの訃報 »

2011/08/21

高速型SDカード

2011年8月21日

来月の「大人の休日」切符発売時期にまた写真撮影を企て、その準備としてヨ○バシカメラSDカードを買いに行きました。前回は気がつかなかったのですが、棚の配置が変わっています。どうやらSDカードの種類が増えたようです。じっくり見たら、左半分は従来のSD/SDHCカード、右半分は高速対応カードのようで、さらに高速の中に超高速が入っているようです。値段もそれなりに上がりますが、上位互換性はあるというので、とりあえず高速対応の8GBを買ってきました。

帰ってからSDカードをカメラ(CANON EOS KissX2)に装着してみます。認識したのでまずOKです。カードをよく見たら、[10のマークがあり、最低速度が10MB/秒だということがわかりました。最高は読み出し23MB、書き込み19MB/秒です。今までのカードを見たら[4なので、最低4MB/秒です。なるほど、これが高速だということがわかりました。

転送速度は、カメラ-SDカード間と、パソコン-SDカード間の両方で効いてきます。パソコンの方は自動的に対応ドライバを持ってくるでしょうが、カメラの方は判りません。現在の4MB/秒のSDカードでRAW+JPEGで撮ると連写は5枚(4枚まで連続で、一呼吸置いて5枚目)ですが、高速転送になるとここが少し上がるはずです。これはやってみないと判らないで、実際にカメラを使ってやってみました。しかし残念ながら、従来のカードと全く変わりはありませんでした。「BUSY」(書き込み中)でシャッターが切れない時間が短くなっているのかもしれませんが、ここは短くなってもあまりメリットはありません。パソコン-SDカード間はデータ量が多くないと判らないので、今度の撮影終了後に確認することにします。なお連続撮影はRAWだけだとどちらも6枚いけるので、ここぞというところはRAWだけにした方が良さそうです。なお現在のSDHCカードは32GBまでで、それから上はSDXCカードになりますが、カメラの方が対応しておらず、対応しているのはEOS KissではX4以降です。

こういう連続撮影をやると、Kissなどのいわゆるエントリーモデルと、EOS-50Dのようなハイアマチュアモデルとの差が出てきますね。50Dだと連続撮影でRAWで16枚程度はいけます。しかし同じAPS-Cサイズでも50DはKissより300gも重く、これからますます体力が無くなることを考えると、ハイアマチュアモデル(今なら、7D)に変えるのは二の足を踏んでいます。

超高速というのはUHS(UHS-I)インターフェースですが、これは読み出し95MB、書き込み80MB/秒(一例)という高速タイプです。さすがにこれはカメラ側は無理ですが、UHSに対応していないときはそれなりの速度(大抵10MB/秒)で動作するそうです。しかしパソコン側が対応できるのかどうか、情報がありません。カード価格も高価なので、当面は様子見でしょう。

なお今回の旅行、またAと一緒で、寝食を無視した旅行になりそうです。

« 新「ヤマカズ」氏 | トップページ | 二つの訃報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/52531030

この記事へのトラックバック一覧です: 高速型SDカード:

« 新「ヤマカズ」氏 | トップページ | 二つの訃報 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ