« 京都経由備中高梁行き(1) | トップページ | 駒込駅のツツジ »

2011/04/30

京都経由備中高梁行き(2)

2011年4月16日(土)(つづき)

今日は他に行くところもないので、もう一度仁和寺に戻って、今度は庭園を見に行く。普通は庭園が主体だが、この時期は御室桜を見に来る人の方が多く、庭園を見に来る人の方が少ない。入り口の生け花は御室流、さすがは本家。ここの庭園はきれいだ。バックの五重塔は、同じ境内にあるから借景とは言わないのだろう。Dscf4202a


今日のホテルは京都の四条通にあるので、帰りは京福電鉄(通称、嵐電)を使う。仁和寺のほぼ正面に京福北野線の御室仁和寺駅がある。かつては、御室駅と言ったようだ。なかなか趣のある駅である。京福電鉄は、路面電車が専用軌道を走っているような趣で、東急世田谷線のイメージである。Dscf4197a


2両連結で貫通路はなく、それぞれの車両に乗務員が乗っている。ワンマン×2と言ったところだ。沿線には桜の名所が多く、桜と嵐電の組み合わせを撮りに来たいところである。残念ながら今回は、沿線の桜はもう盛りを過ぎている。帷子ノ辻で嵐山本線に乗り換え、四条大宮へ向かう。Dscf4200a


途中で「地下鉄乗り換え」の案内表示を見て、びっくりする。確か嵐電は地下鉄と接続はしていなかったと思ったのだが、帰って調べてみたら地下鉄東西線が延長し、東西線の太秦天神川と嵐電の嵐電天神川が乗換駅になっていた。これだと京都駅からバスを使わず、地下鉄で烏丸御池-太秦天神川/嵐電天神川-帷子ノ辻-御室仁和寺と来ることができた。次はこうしよう。Img_1890a


この天神川に限らず京都は、と言うより関西圏は、乗換駅で鉄道会社によって違う名前を名乗っているところが多い。阪急と地下鉄の接続駅四条烏丸は、阪急は「烏丸」、地下鉄は「四条」である。また阪急と嵐電の乗換駅西院は、どちらも同じ漢字だが読み方が違い、阪急は「さいいん」、嵐電は「さい」である。Img_1892a


四条大宮で阪急に乗り換え(ここも「四条大宮」と「大宮」)、四条烏丸ならぬ烏丸へ。ドラ息子の状況も確認できた。なおドラ息子は今日は奈良に泊まり、明日は吉野で合流することになった。Img_1896_1a


(つづく)

« 京都経由備中高梁行き(1) | トップページ | 駒込駅のツツジ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

嵐電いいですね。
一度訪問してみたいと思っています。

ひでほさん、ありがとうございます。
嵐電は途中に桜のトンネルのようなところがあり、Sくらの季節はさぞや、と思いました。他にもいろいろ見所がありそうです。

嵐電、冬に広隆寺に行った時、乗りましたよ~。その時、仁和寺も電車で行けるんだなと思いました。
確かに乗換駅なのに駅名が違うから、路線図見てるだけだと、離れているのかなぁとか心配になります。

吉野はどうだったのかしら…次の記事のお楽しみですね。
昔、出張のついでに電車でお喋りしながら行ったのを思い出しました。4月半ばでしたが桜には早くてちょっと残念でした。

miyaさん、ありがとうございます。
京都は地図で見ていたはずですがその地図が古く、地下鉄東西線の延長が載っていませんでした(^_^;。乗換駅なのに名前が違うところは大阪にも多く、代表的なのが大阪と梅田です。逆に東京圏は、同じ名前の駅でも結構離れているところが数多くありますね。丸ノ内線の大手町から都営線の大手町まで、どのくらい歩くことやら(笑)。
吉野の記事はこの次ですが、ちょっと浮気して(笑)タイムリーな別の話を入れました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都経由備中高梁行き(2):

« 京都経由備中高梁行き(1) | トップページ | 駒込駅のツツジ »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ