« こういう時期ですが | トップページ | 震災後初めての検診 »

2011/03/27

福島原発の復旧作業をやっている皆さん、応援しています

2011年3月27日

震災から約半月が経ちました。被災地にもやっと物が届くようになったようです。そういう中で気になっているのが、福島の原子力発電所(第一、第二)で復旧作業をやっている方たちです。不眠不休とは言いませんが(本当に不眠不休だと、死にます)、かなりそれに近いような状態で、難しい作業をやっていられるようです。それも日本国内でありながら、完全にアウェーの状態で。

今回の地震と津波は天災ですが、福島原発の事故は完全に人災です。原発自体は自動停止したのに、その後の冷却システムが津波にやられ、冷却ができなくなったのが今回の事故です。近くの東北電力女川原発が、事故対策拠点は壊滅的な被害を受けたのに、原発自体は高台にあったため安定停止状態になっているのとは、対照的です。福島原発は、津波に対する想定が甘かったと言わざるを得ません。

ただそのことと、現場で復旧作業に当たる方とは、分けて考える必要があると思います。報道をずっと眺めていると、一進一退しながら、着実に前進している様子がわかります。同じ電気、それも重電系の技術者として、何とか彼らと彼女らを何とか支援したいと思っているのですが、さりとて送る物も方法もなし、東電に現金を寄付したところで、停電もない安全な重役室にいる役員さんの元に行ってしまうだろうし、ネットに寄付口座があればたぶん詐欺だろうし、具体的な方法は思いつきません。

せめて、声援を送ります。福島第一及び第二発電所で復旧作業にあたっている東電の皆さん、配線工事をやっている関電工をはじめとする工事会社の皆さん、日立、東芝などメーカーの皆さん、その他協力企業の皆さん、あなたたちは今、地球を守る作業をやっているのです。応援しています。これ以上がんばれと言える状態ではないことはわかっていますが、何とか、がんばってください。

« こういう時期ですが | トップページ | 震災後初めての検診 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当にそうですね。彼らの努力の成功と安全を願い、そして後方でただ祈るしかなく不安であろうご家族にも応援をしたいです。

miyaさん、ありがとうございます。
ご家族の方の心配も、いかばかりかと思います。何とかこの困難な作業が成功するよう、応援し、祈っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/51231220

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の復旧作業をやっている皆さん、応援しています:

« こういう時期ですが | トップページ | 震災後初めての検診 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ