« 膠原病と工業新聞 | トップページ | 福島原発の復旧作業をやっている皆さん、応援しています »

2011/03/26

こういう時期ですが

2011年3月26日

横浜線のうち、東神奈川に近い大口、菊名の両駅にはエスカレーターやエレベーターが無く、車いすリフトだけの設置でした。その大口駅にやっとエレベーターが設置されましたが、こういう時期に電力を使う設備なので特にPRもされず、3月23日からひっそりと稼働を始めました。大口駅は島式ホームで出口が両側にあるため、エレベーターは3基設置されています。大口駅は貨物線の旅客線転用時に、貨物線との交差点へ約500m移転するという噂が流れていましたが(地元の商店街は、反対しています)、これだけの工事をやったのですから、移転はなさそうです。11032501a


残るは菊名だけですが、菊名駅の通路は横浜線の下をくぐって次ぐに東横線の上を乗り越すため、エレベーターを造ろうとすると、複雑な配置になります。ましてホームが狭く階段がホームの幅一杯にあるため、そこを切るわけにも行きません。二子玉川のように、ホームの途中から一旦上に上がり、横浜線と東横線を乗り越し、出口行きと東横線降り換えの2つのエレベーターを造ることになるのでしょう。ただ今はとてもそういう工事には掛かれないので、早くても今年の秋以降の着工でしょう。

昔は菊名に東横線と国鉄線との連絡線がありましたが、廃止されました。そのときに菊名のホームも少し(線路1線分ほど)東神奈川に向かって右に移動しています。移動した線路跡はずっとそのままあったのですが、数年前にそこに菊名の駅舎とファミレスが建っています。連絡線廃止の時にホームを移動せずにホームの拡幅をやっていれば、エレベーターの設置ももう少し楽だったでしょう。

« 膠原病と工業新聞 | トップページ | 福島原発の復旧作業をやっている皆さん、応援しています »

鉄の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/51222114

この記事へのトラックバック一覧です: こういう時期ですが:

« 膠原病と工業新聞 | トップページ | 福島原発の復旧作業をやっている皆さん、応援しています »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ