« 震災後初めての検診 | トップページ | がんばれ仙台工場 »

2011/03/30

震災以来初めての出張

2011年3月30日

昨日は震災以来、初めての出張になりました。行き先は震災当日と同じ、群馬です。小生は群馬での午前中の会議の時には、いつも新横浜-東京-熊谷と、新幹線を使っています。これは出張旅費からは新幹線の特急料金は出ないので、自腹です。新幹線を使っても、朝はいつもより20分早いのですが、各停だと1時間半早く出なければなりません。朝の1時間は、貴重です。

新横浜で東海道新幹線(東京行き)に乗り換えると、いつもより空いています。朝の新幹線はほとんどが通勤客ですが、やはりぽつぽつと乗っていた出張客が減っているのでしょう。東京駅で上越新幹線へ乗り換え。上越新幹線は100%の運行で、いつものガーラ湯沢行きです。ガーラ湯沢行き?まだやっている?と思ったところ、ガーラ湯沢スキー場は、予定より早く3月24日で今シーズンの営業を終了したと、掲示が出ていました。列車ダイヤの方は当初の予定通りの運行なので、営業していないガーラ湯沢行きになっています。当然、がら空き。

熊谷で各駅停車に乗り換え。上越線も100%の運行ですが、湘南新宿ラインが運転していないので、実質6割くらいに減っています。この時間の接続は上野発なので、いつもと同じです。熊谷貨物ターミナルには、EH200牽引の20両のタンク列車が止まっていました。おそらく被災地向けで、青森を回って盛岡まで行くか、磐越西線経由(2列車に分割)で郡山まで行くか、そのどちらかでしょう。と考えていたら、籠原で次の籠原止まりを待つために10分ほど止まり、その間に抜かれました。こういう列車になら、喜んで抜かれます。高崎線にはタンク列車がよく走っていますが、タキ1000の20両編成は珍しく、迫力があります。後で調べたら、6085レのスジに入っているようです。写真を撮られる方は、そのスジでどうぞ。これがEF64の重連だったら文句はないのですが、EH200は今ひとつ、顔がよくありません。同じEHでもEH500なら良いんですけどね。EH500と言えば、上り貨物で東京方面へ回送されていました。おそらく大宮工場への入場で、青森から羽越線経由で回送されてきたのでしょう。

群馬も工場全体が節電体制に入っており、暖房が入っていません。すると会議室の冷えること!地元のメンバーは全員防寒ジャンパーを着込んでいますが、出張組にはなく、仕方なしにコートをそのまま着ていました。小生はマフラーまで巻きっぱなしでした。

帰りは快速が走っていないので、ずっと各停。東急線も急行が走っていないので、これも各停です。全区間各停だと、さすがに疲れます。

« 震災後初めての検診 | トップページ | がんばれ仙台工場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/51256366

この記事へのトラックバック一覧です: 震災以来初めての出張:

« 震災後初めての検診 | トップページ | がんばれ仙台工場 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ