« いい話を拾いました | トップページ | 流氷再挑戦記(5) »

2011/03/19

この一週間

2011年3月19日

木、金曜日になってやっと横浜線が安定し、間引き運転ながらも何とか頼りになるようになってきました。座席のない6ドア車は、大混雑の時には威力を発揮します。昨日までは煌々と明かりが付いていた駅も、今日になったら照明がずいぶん間引きされ、省電力につとめるようになってきました。今日乗ったら、天気が良かったせいか昼間は電車の室内灯が消されていました。暑くなっても冷房を入れないことも検討しているようですが、横浜線の205系は全部の窓が開くので、少し暑くなっても冷房を入れずに平気です。なぜか結構頼りになります。

会社のあるあたりは停電にならないようで、仕事は平常通りです。ただ交通機関は乱れもあるので、遅く来ても遅刻にならず、早く帰っても早退になりません。会社会社はフル生産、作っているものは一応復興資材なので製造部は張り切っていますが、小生のいるR&Dは「試作当分お断り」と現場から言われ、まして小生のような新規事業はそれこそ不要不急なので、若い人たちのモチベーションの維持に苦労します。しかし周辺が元気でないと被災地も支えられないし、復興もできないので、いつも通りにやるのが一番です。社長は、宴会も遠慮せずにやれ、と言っています。

被災地に関しては、電気科の出身のせいか、福島の原子力発電所の復旧作業をやっている方たちが気になっています。原子炉に外部電源の接続が完了ということが報じられましたが、これは発電所までの配線を、10km以内で作業して復旧させた人たちがいるはずです。最前線でがんばる東電及びメーカーの技術者や作業員の人たちとともに、原子炉周辺の復旧工事に当たられた、もしくは当たられている人たちに、敬意を表します。

« いい話を拾いました | トップページ | 流氷再挑戦記(5) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。

この1週間は自転車通勤、片道約9キロですから、40分程度。
公共交通機関を使っても、同程度の時間なので、家を出る時間も変更なし。
雨のときは、公共交通機関かなぁ。

わが社の本屋はEV3台ありますが、現在は2台稼働させています。
フロアの窓側は、消灯。

別屋は非常電源はあるのですが、燃料不足のため、計画停電中は自主停電なので、そちらに置サーバは、手作業で止めたり起動したり。
18時20分からの計画停電のときは、落したままにします。
なので、通常やっている夜間バックアップができません。
その前日状態には戻せるから、まぁ、いいかと。

ところで、当初「輪番停電」だったのが、いつのまにか「計画停電」になりましたが、やはり「輪番」の語は世間ではこなれていないのでしょうかね。
職場では、日常用語になってますが。

楠の末裔さん、いろいろお疲れ様です。

うちの会社のR&D専用の部門サーバーも、突発停電に備えて、毎日17時半で電源を落としています。たぶんバックアップは取れていないでしょうし、時間外や休日の自宅からのアクセスも不可能になっています。会社も定時で追い出されることが多く、報告書が書けないとぼやいている連中もいます。
13日の発表時には「輪番停電」でしたが、途中から「計画停電」に変わりましたね。都心部が停電にならず、「輪番」とは言えないからでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間:

« いい話を拾いました | トップページ | 流氷再挑戦記(5) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ