« 「大人の休日」冬の北陸旅行記(4) | トップページ | 「大人の休日」冬の北陸旅行記(6) »

2011/02/11

「大人の休日」冬の北陸旅行記(5)

2011年1月24日(月)

今日は7:25発の高山線にのる。この時間だと7時からのホテルの朝食には間に合わず、前日に買っておいたサンドイッチを食べて出かける。Img_17271a


富山駅の高山線ホームは1番線で、行き止まりのホームである。そこから大阪方面に向けて出発するのだが、どうも方向感覚がつかめない。キハ120の2連、高山線はすっかり新型の気動車に置き換わってしまった。今日は時々雪が激しく降る。Img_17301a


今日の狙いは、キハ58である。わざわざキハ58を撮りに行く日が来ようとは思っても見なかったが、もう希少価値が出てきている。雪の中あまり奥までは行きたくないので、地図で見て婦中鵜坂に目星を付けていた。ところが田んぼと思っていた婦中鵜坂の周りは住宅と工場で、そのまま一駅先の速星まで行く。Img_17341a


速星の駅の裏にも日産化学の大きな工場があるのだが、横の道路から撮れるだろう。高山線も速星まで貨物列車があり、タンクコンテナを積んだコキ200が止まっている。速星の駅は大きいので、吹雪かれて時はここに逃げ込める。Img_17421a


駅から富山側に少し歩いた道路際で撮ることにする。歩道はすっかり雪に埋まっているので、雪山を踏み固め、足場を作る。やはりこの時期の撮影は、スニーカーでは無理だ。小生の靴はトレッキングシューズというのか耐寒仕様なので、雪山の中に立っていても平気である。まずやってきた「ワイドビューひだ」6号を撮るが、欲を出して途中でカメラを振ったので、フォーカシングの分シャッタータイミングが遅れてしまった。Img_17521a


キハ58と28の2連の849Dが来る。今日は残念ながら高岡色だ。キハ58の運用は平日の朝、富山と越中八尾の間を決まった編成が往復するだけなので、今日はいくら待っていても旧国鉄色が来ることはない。同じ編成が富山から戻ってきた852Dを撮る。高岡色で1100番台だとちょっと目にはキハ48と差がないが、運転席も窓がドアとそろっていてすっきりした感じがする。Img_17581a


最初の計画では次の857Dまで粘るつもりであったが、雪もひどいので、早めに引き上げる。雪よけのために、カメラはケースに収める。駅に向かって歩き出し、何か列車接近の気配がしたので振り返ると、DE10牽引の貨物列車が入って来るとこだった。最近は警笛を鳴らさないので、全くわからなかった。カメラをケースに収めたので、振り向きざまの撮影も間に合わない。柄袋のために防戦が遅れた桜田門外の変と同じだ。最初は富山は日曜日の予定で、速星貨物は日曜運休なので、その存在をすっかり忘れていた。キハ58を撮るためにスケジュールを1日ずらしたのに、そのことを忘れていた。JRF色のDE10にすぐ後ろはタンクコンテナを積んだコキ200、う~~ん、逃がした魚は大きい。Img_17621a


せめて入れ替えでも撮ろうと、激しくなった雪の中を駅の先の踏切まで歩く。カメラが雪まみれになったが、一応撮れた。高岡から出る城端線と氷見線はJR西日本のDE10だが、高山線はJR貨物東新潟機関区所属のDE10である。どちらも同じA寒地装備だが、何か運用の都合でもあるのだろう。ここで富山に引き上げる。

(つづく)

« 「大人の休日」冬の北陸旅行記(4) | トップページ | 「大人の休日」冬の北陸旅行記(6) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。これからもブログ拝見させてもらいます。

代官山さん、ありがとうございます。
いらっしゃいませ。歓迎します。

寒い中ご苦労さまでした。
写真見ただけで、寒そうで、ぶるってしまいました。

ひでほさん、ありがとうございます。
ところが、意外と寒くなかったのです。今日会った、小生の3日前に同じところに行った仲間とも話しましたが、関東の空っ風の方がよっぽど寒い、という意見に一致しました。雪が積もった方が、寒くないようです。
ただカメラが雪まみれになるのには、参りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大人の休日」冬の北陸旅行記(5):

« 「大人の休日」冬の北陸旅行記(4) | トップページ | 「大人の休日」冬の北陸旅行記(6) »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ