« N響オーチャード定期 | トップページ | 「大人の休日」冬の北陸旅行記(2) »

2011/01/30

「大人の休日」冬の北陸旅行記(1)

JR東日本の「大人の休日」切符、12,000円で特急も含め乗り放題なのだが、昨年度は4回発売があったのに、本年度は2回になってしまった。このまま行くと来年度は1回、再来年度には廃止になってしまうので、行けるときに行こうとばかりに、本年度は2回とも使うことになった。冬の旅行は体調が良いときでないとできないので、行けるときに行っておこうという気もある。もっとも回数制限はないので同じ期間中に2回行けばよいのだが、さすがにそこまで休みは取れない。時期が一番寒い頃であるが、今回は北陸に行くことにした。狙いは氷見線と城端線の貨物列車である。

冬の北陸に行くとなると、それなりの靴と防寒着は必須である。小生は米沢で2年間過ごしたのでそれなりのものはそろっていたのだが、ショートブーツは履き潰してすでに無く、ダウンのインナーが付いた防寒着を探していたら、カミさんから「あれは鳥の羽が飛び出してきてどうしようもないから、インナーだけゴミに出したじゃない」と言われてしまった。記憶力が減退したのはさておき、買わないとどうしようもない。ともかく、出発前に買いそろえた。後はリュックに最近の撮影旅行用の一式を詰め、できあがりである。


2011年1月22日(土)

今回は珍しく、土曜日出発である。その前に出張が続くので、東京駅が11時過ぎという、遅い出発にした。どうやら山形は大雪のようで、「つばさ」が遅れて「MAXやまびこ」が単独運転をしている。小生は併結区間に乗るときには大抵シートの広い「つばさ」か「こまち」の方を取るのだが、そういう時だったら大変だった。Dscf6249a


「とき」319号は200系G編成である。高崎まではいつも出張で使っているコースなので、滅多に乗らないG編成はありがたい。G編成は山形新幹線の400系と併結できるように改造された編成で、昔米沢に通っていた頃の相手は、ずっとこれだった。その頃はまだ向きが固定のリクライニングシートの車もあったが、その後全編成がアコモ改善の改造を受け、転換リクライニングシートに変わっている。なお東北新幹線では混雑が激しく、併結相手は定員の多いE4系に変わって、。G編成は上越新幹線に転用された。その相手と、久しぶりの対面である。Dscf6251a


弁当を抱えて車内に入る。腰を下ろした印象「狭い!」。200系は窓の位置が高く、窓枠の出っ張りがちょうど肩の辺りに来るので、狭く感じるのだ。車内は、がら空きである。上野を過ぎてもまだがら空きだったが、大宮で大量に乗り込み、大宮出発時ではほぼ定員になった。渋谷や新宿からだと大宮に回った方が早いので、そうなるのであろう。いい加減に上野-大宮間の速度制限を解除してくれないかと思うのだが、騒音源が高いところにある2階建て車両が走っている間は、ダメであろう。Dscf6252a


高崎を出て2つめのトンネルが中山トンネルである。このトンネル内で減速するのは以前乗ったときに気がついていたが、それが建設中の大出水事故のため、コースを変更してトンネルが急カーブでSカーブしているせいだとは知らなかった。そのあたりについては、北川修三著「上越新幹線物語1979」(交通新聞社新書)に詳しい。今回は真剣に観察していたら、Sカーブとなっているのがはっきりわかった。Dscf6260a


中山トンネルを抜けると、雪が積もっている。それでも天気は快晴であるが、越後湯沢に着くとここは雪国、一面の積雪で雪が降り続いている。屋根の雪がすごい。積雪は1mを越しているだろうか。「はくたか」10号に乗り換える。六日町までの上越線や、ほくほく線内の雪もすごい。1mを越す積雪は米沢で見慣れてはいたものの、久しぶりに見るとやっぱるすごいと感じる。隣の席の若い女性もびっくりして、「すごい雪ですね」と声をかけてくる。

直江津に着くと、積雪は多いものの、50cmくらいになる。京葉線色の205系がいたのは、改造前の保留車か。ここから日本海沿いに走って行くと、富山に近づくにつれて雪が少なくなる。そして波も次第に穏やかになっていく。能登半島が西からの季節風を遮っているためだろう。富山湾が「奇跡の海」と言われる一端も、このあたりにあるのかもしれない。とうとう魚津あたりでは、田んぼの雪が消えたところも現れた。高岡で下車する。

(つづく)
写真はすべて、クリックすると大きくなります。

« N響オーチャード定期 | トップページ | 「大人の休日」冬の北陸旅行記(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/50729334

この記事へのトラックバック一覧です: 「大人の休日」冬の北陸旅行記(1):

« N響オーチャード定期 | トップページ | 「大人の休日」冬の北陸旅行記(2) »

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ