« だんだん前倒しになるエコー検査 | トップページ | 今年書き残したこと=武蔵藤沢 »

2010/12/18

左目に炎症、要警戒

2010年12月18日

数日前から左目が異常に赤くなり、何か傷が付いたような違和感もあるので、眼科に行ってきました。右目がぶどう膜炎になる前も目が真っ赤になり、違和感でしょっちゅう目薬を差していたので、ちょっと気になります。
結果は目が炎症を起こしていましたが、
1)ぶどう膜炎の時には黒目の部分にまで炎症細胞が見られたが、今回は見られないこと。
2)そのときは白目の炎症も全体に広がっていたが、それもないこと。
で、今のところはただの結膜炎と言うことです。ただしこれから炎症が広がる可能性があり、その場合はかなり危ないことになるので、しばらくは警戒態勢です。
ぶどう膜炎が両眼性になるのは、発病してすぐだと聞いています。こんなに時間が経ってから逆の目に出ることはあまりないはずなのですが、一応警戒しておくに超したことはありません。両眼失明はいやですから。

クラビットとフルメトロンの、2つの目薬をもらいました。10月に右目の中でコンタクトレンズが割れて炎症を起こしたときの目薬と、全く同じです。以前の目薬は、開封しても半年は持つので、しばらくは予備として取ってあります。点眼回数も一日4回で、全く同じです。

普通の結膜炎だと一週間から10日で治るそうなので、それで治らなかったらまた来いと言われましたが、その場合はそのまま紹介状を持ってF病院に直行になりそうです。なお見え方に変化が出たら、かまわずF病院に直行しろとも言われました。
特に日常生活に制限はないのですが、酒はあまり飲むなと言うことなので、しばらく禁酒します。またこのところ寝るのがだんだん遅くなってきていたので、12時には寝るようにします。これからの一週間が大事です。

実は1月(大人の休日クラブ)と2月(たまったマイレージを利用)に、旅行をする計画を立てていました。先がどうなるかはわかりませんが、今日が航空券の売り出しだったので、2月の切符は手配しました。1月の旅行は発売が24日、このときには1月に旅行に行けそうかそうではないか、はっきりしているでしょう。

« だんだん前倒しになるエコー検査 | トップページ | 今年書き残したこと=武蔵藤沢 »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

目は不安ですね、どうかうまく治まりますように。
主人の黄斑変性症は結局13回注射を受けて、2ヶ月前から落ち着いてほっとしました。注射の薬が3割負担で6万円近くだったのも痛かったです。
たぶん(大人の休日クラブ)ですが、主人は今週4日間九州遺跡旅行してきました。1月もなにやら計画を練っているようです。
我が家は私が希望しないかぎり、別遊びなんです。

meeさん、ありがとうございます。
目は大事ですね。小生の場合はすでに片方が実用上役に立っていませんから、後がありません。ただ今のところ1日で充血はほとんど引いてきたので、ぶどう膜炎までには行かなそうです。
ご主人様、落ち着いて良かったですね。目の薬は高く、小生が飲んでいた抗ウイルス薬も、飲み薬のくせにべらぼうに高かったです。
小生のところも「放し飼い」状態で、1月も2月も、一人旅です。

普通の炎症でおさまって、ひろがらないですぐ治ることを祈っています。お大事に

ひでほさん、ありがとうございます。
小生自身のぶどう膜炎治療記を読み直し、いろいろ反省すべき点を再認識しました。ともかく悪くしないよう、いろいろ手を打ちます。

こんばんは。短期集中ですが久しぶりに仕事らしきものをしていて、やっと多少なれましたが、ほとんど拝見していなかったら…、目、お大事にしてください。
そう、南海さん、早く寝ましょう(^^ゞ

miyaさん、ありがとうございます。
好事魔多しというか、このところ体調が良いなあと思っていたら、この騒ぎです。やはり夜更かしはいけませんね。0時過ぎの書き込みは、止めます。まだセーフだな(^_^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左目に炎症、要警戒:

« だんだん前倒しになるエコー検査 | トップページ | 今年書き残したこと=武蔵藤沢 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ