« 左目に炎症、要警戒 | トップページ | どうやら普通の結膜炎 »

2010/12/19

今年書き残したこと=武蔵藤沢

2010年12月19日

今年も残すところわずかですが、今年あった出来事で書き残したことを、書いておきます。

5月末、武蔵藤沢にそれこそ数十年ぶりに行ってきました。武蔵藤沢と言ってすぐ場所がわかる方は、地元か縁のある方だけでしょうが、西武池袋線で所沢の4つ先、行政区域では入間市になります。小生はそこに30年ほど前に3年間住んでいました。10053005a


たった3年間と言ってもちょうど次男が生まれた年で、長男が幼稚園に入るなど、印象に強かった時代です。小生はその頃柄にもなく、大手町に通って一般のイメージにあるような「ビジネスマン」をやっていました。

武蔵藤沢の駅前に、武蔵ホールというホールが最近できています。そこでのピアノリサイタルにカミさんが行くというので、少し早めに出かけ、昔居たあたりを散歩してみようということになったわけです。なお武蔵ホール、日本には数少ないベヒシュタインのピアノが置いてあることで、ファンには知られています。10053003a


まず西武の池袋線、昔は特急(有料)以外は急行と準急しかありませんでしたが、なにやら種別が増えています。しかし日中に池袋から所沢の先に行くのには、昔ながらの急行が一番速いようです。急行の停車駅は、昔と変わっていません。「鉄」的に見ると、101系やその系統の3ドア車がすっかり姿を消し、4ドア車が幅をきかせています。小生が居た頃は、ラッシュ時にはまだ非冷房の赤電が走っていました。
武蔵藤沢に着いたところ、その変貌ぶりにびっくり!駅の改築に合わせて区画整理もやったようで(実際は順序は逆か)、場所がつかめません。昔居たあたりにいってみても、どこがどこやらさっぱりわかりません。だんだん番地を思い出し、2,3回回ったあたりで、昔の社宅が取り壊されて住宅になったことを理解しました。地図の発行年と変化を見ると、どうやら取り壊されたのは2年前のようです。時代が変わったことを実感しました。10053006a


かつてドラ息子(長男)が通っていた幼稚園の方に行ってみました。ところがなんと、幼稚園が残っていました。横の道路が拡幅されてはいるのですが、幼稚園自体は昔のままです。それを見たとたんにカミさんは昔のことがフラッシュバックして、ウルウル状態です。長男は環境の変化に弱く、幼稚園に入園したときは泣き続け、プールが始まれば水が怖いと言って泣き続け、カミさんを含め周りを相当困らせました。卒園式の時には、無事に卒園できたという思いで、カミさんは一人で(一人だけ)泣いていたそうです。その幼稚園が三十数年を経てそのままの状態であるのですから、これは泣きますね。10053010a


幼稚園の近くにあったスーパーも、昔のままでした。中の雰囲気もあまり変わっておらず、タイムマシンに乗ったような感じでした。

« 左目に炎症、要警戒 | トップページ | どうやら普通の結膜炎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

過去に生活した町を訪問してみることって、思い出がよみがえってきていいものですね。

ひでほさん、ありがとうございます。
ひでほさんも先日、昔暮らしていたところを訪問されていますね。30年以上経ってそのまま残っていると、びっくりします。

お隣りの街でしたか!
以前は、所沢駅から北野天神前・三ヶ島農協経由で武蔵藤沢駅行きバスも出ていました。
もっとも、武蔵藤沢駅前はがらんとしていましたので、乗る人がいるのかなーと心配するくらいの路線でしたけれど。
いまや、武蔵藤沢駅の西口は大変貌してしまいましたね。白梅幼稚園やしまむら辺りは、まだ昔の面影がちらほらと残っていますが。
ちなみに、入間市は旧・豊岡町と呼ばれていましたが、わが家の本家はそちらです。

私の場合は、学生時代を過ごした高田馬場や西早稲田界隈、あるいは福祉ボランティアにかよった西荻窪の松庵や宮前辺りを通ると、いつも泣きそうになってきます。
ただ、西荻窪こそ当時の面影がまだまだ残っているものの、高田馬場や西早稲田周辺はだいぶ面影が変わってきましたね。
そうそう。西早稲田の穴八幡の近くのまんぷく食堂(いまはもうないそうです)や三朝庵がお昼の定番でした。
安くておいしくて量もたっぷり、というお店が多くて、学生時代の思い出とたっぷりリンクしています。

いくつになっても、自分がいた街っていうのは忘れられないものですね。
そこに自分がいたという、思い出のアルバムの1ページですね。

まろくん、ありがとうございます。
はい。隣に住んでいました(笑)。バス停に「役場前」というのがあり、これは昔どこかと合併したな、と思っていました。
武蔵藤沢あたりは、踏切の位置も変わったようで、どうにも方角がつかめませんでした。昔は埼玉銀行(現:りそな)は踏切の向こうだったような木がします。駅前の段塚クリニックは、きれいになったけど健在でしたね。なお小生、たった3年しか居なかったのに、しっかり肺炎で石山病院に入院しています。
二男が生まれてすぐ武蔵藤沢に越し、狭い2DKに4人で住んでいました。毎日が大変だったから、印象も強いですね。
小生は高田馬場から早稲田にかけては、全くなじみがありません。何せ、敵ですから(笑)。先日のテレビの「一駅散歩」(題名は違っているかもしれません)でやった東急池上線の御嶽山-久が原あたりが、懐かしい場所です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年書き残したこと=武蔵藤沢:

« 左目に炎症、要警戒 | トップページ | どうやら普通の結膜炎 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ