« 怒濤の一週間 | トップページ | 今度は膝の関節炎 »

2010/10/08

やっぱりいろいろあった一週間

10月1日(金)
朝が早いので、久しぶりに新幹線で群馬へ。これで3日連続である。もう少し、ばらしてくれ~~。午前中で会議は終わり事務処理のために横浜に引き返すが、帰りの湘南新宿ラインの中では久しぶりに爆睡した。

10月2日(土)
年1回の高校の同窓会、東京支部である。男子校であるが、小生の頃は学年600人のうち約5%の女生徒がいた。ところがなぜか小生は3年間女生徒のいるクラスであった。アルバムの写真を適当にコピーして持って行ったら、当然あちこち女生徒だらけ、写真が勝手に一人歩きし、二次会が大盛り上がりになってしまった。3年間女生徒のいるクラスというのは確率1/1000だと誰かが言ったが、本当かな?2次会の途中で抜け出し、山形へ向かう。久しぶりの山形新幹線である。

10月3日(日)
今日は山形で芋煮会、山形に嫁いだ高校の同級生(つまり、女生徒)から招待されたのだ。同窓会の流れで東京から来たのは小生を含め3人、後の二人は女性。家に泊まれと言われたが、さすがにそれは遠慮した。天気予報では雨だったが、雨が遅れて最高の芋煮会日和になった。Img_1544a

8時頃自宅に帰り着き、カミさんから義兄が葬儀屋さんとトラブルを起こしたことを聞く。なんだかんだで寝るのが遅くなった。

10月4日(月)
カミさんがトラブルの後始末と葬儀代金支払いのため、葬儀屋さんに出かける。とりあえず、立て替えである。小生の方はさすがに眠く、午後の業務報告会は半分以上寝ていた。

10月5日(火)
CEATEC開幕。招待客専用の初日の招待券が回ってきて、資料をもらってくることを頼まれる。小生の印象では、CEATECは年々寂れる。欧米のICメーカーが一切出店しておらず、日本の電子産業の先行き危うさを感じる。シャープではガラパゴスを展示していたが、説明員がザウルスを知らないことに驚く。ザウルスがWINDOWS-XPとOUTLOOK2007までしか対応していないはずだ。お昼に幕張から群馬へ、高崎線の往復で、よく寝る。

10月6日(水)
朝から胃の内視鏡検査、会社の成人病検査でバリウムを飲むのがいやになり、久しぶりに行きつけの開業医で内視鏡検査を頼んだ。ここでは10年ぶりの内視鏡検査である。会社の検査は選択制になったので、別に受診していればパスできる。いろいろハードだったが、胃の中はきれいなもの。逆に胃の中はヒダが豊富で「胃は若い」とほめられる。10100602a

検査のためにコンタクトは外しておいたが、検査が終わって付けた後、何か違和感がある。そのままにしていたら夕方引っかかるような感じで目から外れ、外れたのを見たらほぼ中央から真っ二つに割れていた。約1年1ヶ月、そろそろ寿命か。

10月7日(木)
久しぶりに行事が何もなく、一日横浜の会社で過ごす。コンタクトは新しいものにしたが、コンタクト以外のところで何か違和感がある。昨日割れたので、傷でもついたか。夜目が真っ赤になっていることに気がつき、明日は会社を午前中休んで眼科に行くことにする。
会社の終業後、49日法要と納骨の手配。恥ずかしながら塗りの位牌は仏具屋さんに頼むとは、知らなかった。葬儀屋さんで手配できるとのことで、依頼。小生の田舎では、お寺が準備してくれた。10100802a


10月8日(金)
眼科で見てもらったら、コンタクトの破片が目の中に残っていた。取ってもらって、すっきりする。ところが目が炎症を起こしており、久しぶりに目薬が処方された。クラビットとフルメトロン、かつてお世話になった薬だ。行きつけの薬局に行ったが今日はナオコ先生は不在。ナオコ先生がいれば「あら、久しぶりの目薬、いったいどうしたの?」とか声がかかるのだが、若い薬剤師の先生からは何もなし。しかも過去の処方歴を確認していないようだ。だめだ、こりゃ。
カミさんに頼んでおいた霊園への連絡は、うまくいった。問題は義母の家での永代供養証探しである。

まだまだ続きそう。

« 怒濤の一週間 | トップページ | 今度は膝の関節炎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりいろいろあった一週間:

« 怒濤の一週間 | トップページ | 今度は膝の関節炎 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ