« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/30

怒濤の一週間

9月23日(木)
秋分の日で休日。今日は朝、と言ってもお昼前だが、先日(18日)の法事のお礼状をまとめ、写真を付けて発送する予定でお礼状を書いていた。そこへ義母の家からの電話が鳴った。出たら義兄である。
「あ、南海君?朝起きたら母さんが息していないけど、どうしたらいい?」
青天の霹靂とはこのことである。聞けばもう冷たくなっているとのこと。これは119番より110番だと思い、110番して指示を仰ぐように言い、カミさんが買い物から帰ってくるのを待って、義母の家に行った。家に着いたら、遺体はもう検屍のために運び出された後。義兄の説明は要領を得ないので、管理人さんのところに行ったり、交番に行ったり、葬儀屋さんに電話をしたりで、わかったことは司法解剖はなし、検屍が終わって遺体が帰って来たら連絡をくれると言うことだった。この頃には、連絡先は小生の携帯になっていた。外は雨と言うより嵐、かなり濡れた。

要領を得ない義兄に確認してわかったことは、義母は前々日(21日)まで買い物に行っていたこと。昨日は具合が悪くて外出しなかったこと。昨夜は苦しそうだったので救急車を呼ぼうかと言ったところ、いらないと断ったこと。そして今日はもう冷たくなっていたので、まさにあっという間だった。

遺体が帰って来たとの連絡を受け、義兄とカミさんと3人で葬儀屋さんまで行く。葬儀屋さんには温度管理のできる安置室があるので、葬儀までそちらで預かってもらうことにしたのだ。そこで葬儀の段取りの打ち合わせ。カミさんの実家は曹洞宗で、これは作法がいろいろ面倒らしい。団子にご飯、果物などをお通夜の時までに用意するよう指示を受ける。その点、小生の実家の浄土真宗は楽だ。この頃、元々KYだった義兄の言動が、超KYと言うか、痴呆症を疑われるようなレベルになっていることに気がつく。喪主は義兄、これはちょっと面倒なことになった。なお26日が友引のため、お通夜が27日(月)、告別式が28日(火)になった。義母は享年92歳、死因は心不全だった。


9月24日(金)
お通夜が27日になったため、会社に行く。忌引き届けを出すが、会社からの生花は妻の親なので来ないことがわかる。社長名の弔電は来るので、部長と同じグループに弔電を頼む。社長だけでは、少しみすぼらしい。同じ頃ドラ息子も生花が出る、出ないでもめていたらしい。


9月25日(土)
休日が間に挟まったので、土曜なのに出勤日。最初は仕事をするつもりだったが、どうも葬儀屋さんと義兄との間では話が進まないようで、忌引きにして早退する。忌引きが3日とれるので、助かった。
葬儀用の写真は最近のものである必要はなく、参列者が持っているイメージに近いものが良いとのこと。小生が結婚したての頃の写真に良いものがあり、それを使うことにする。小生の一眼レフで撮った写真でピントもしっかり合っており、それを覆うタイプのアルバムに貼っていたため、36年前の写真とは思えないくらいに色もしっかりしている。集合写真で小生もカミさんも一緒に写っているが、葬儀屋の担当者から「この子供はどなたですか?」と言われてカミさんがむくれる。24歳か25歳の頃、年よりも若く(幼く)見えていたのは確かだが。

二人ともこういうことが起こるとは考えていないので、コンサート(別々)の予定を入れていた。そちらはしっかり実行する。小生は千住真理子さん、デュランティがよく鳴っていた。


9月26日(日)
今日もコンサートの予定であったが、小生はパスし、23日にやりかけだったお礼状を仕上げ、写真と一緒に送る。小生はやりかけのことがあるとストレスになるので、コンサートよりもそちらを取った。バボラクさん(ホルン)はまた機会もあるだろう。カミさんはコンサートに出かけたが、日中は団子作りの練習と、義兄の尻ぬぐいのお詫びの電話に追われていた。


9月27日(月)
小生は朝から心臓の検診。こういうことがあっても、異常なし。「手術はまだまだ先ですね」と言われる。最近疲れ目がひどいので。帰りに眼科によって、見てもらう。こちらも異常なし。白内、緑内も出ていないようだ。
呼び出したドラ息子を荷物持ちにし、かなり早めに出かける。義兄の服装チェックをするのだ。昨日カミさんが電話で指示を出して白ワイシャツや黒靴下を買わせたが、ベルトが茶色、傘がチェックだったので、近くのスーパーに買いに走る。こういうこともあろうかとカッターナイフは持ってきていたので、サイズ調整はすぐできる。

4人でお通夜/告別式の場所へ行く。お通夜の出席者はこの4人だけ、今日は気楽だ。フォルテからピアノへの変化がある木魚は、初めて聞いた。


9月28日(火)
小生は親の葬式は20歳の時の母親から始まり、義父、父、養母(正確には違うが)と、今回の義母が5人目である。さすがに段取りはすっかりわかっているが、会場あるいは葬儀屋さんによって微妙に違う。告別式の出席者は親戚だけであるが、前回会ったのは義父の葬式の時なので30年前、誰が誰やらわからず、それぞれ名乗りあう。義父側は新潟の出身で無口だが、義母側は伊豆の出身で明るい。
出棺後火葬場に移動し、火葬が終わるまで食事を取ってもらう。ここで義兄が行方不明になるが、会場から巻きが入ってきたので、さっさと食事にする。親戚の中に大学のクラブの先輩がいるため、変に盛り上がる。義兄が戻ってきた。全館禁煙なので、たばこの吸える場所を探していたのだろう。
やがて火葬が終わり、骨を拾って終了。4人でタクシーで帰るが、義兄が骨壺をトランクに入れようとするのをたしなめる。

義母の家について、ともかく香典の整理をする。ドラ息子にリストを作らせるが、カミさんも全く知らない名前があった。


9月29日(水)
今日から3日間の群馬出張。朝、バッテリーの寿命の尽きかけていた腕時計(ソーラー電波時計)が、機能を停止していることに気がつく。まるでおじいさんの古時計だが、この時計と義母は、全く関係はない。途中で時計屋に寄るつもりでまず横浜に出社するが、会議時間が変更になっていて、急遽「日帰り+泊まり」の予定を「泊まり+日帰り」に変更する。そのため弔電のお礼を言った後、家にとんぼ返りで泊まりの支度をする。そして時計屋で新しい腕時計を買い、無事いつも出張に使っている時間の湘南新宿ラインに間に合った。
ところが義兄が葬儀屋さんと何かあったらしく、携帯に電話が入る。ばたばたと連絡し、結果的に後始末をカミさんに押しつけ、何とかなる。「修羅場の南海」もさすがに疲れ、早寝。


9月30日(木)
午前中の会議が終わったらさっさと帰り、急ぎの支払いをインターネットバンキングで済ませる。まだまだ、先は長い。


これからの予定
1日:出張、朝が早い
2日:休日、高校の同窓会
3日:山形で芋煮会

2010/09/20

熊本に行っていました

2010年9月20日

17日から3日間、熊本へ行ってきました。親父の17回忌と、養母(親父の後妻さん)の7回忌をあわせた法事です。
今回は長姉と一緒だったのですが、長姉は十数年前のくも膜下出血で右半身が不自由の上、先日転んで右手首を骨折しており、いろんなところに気を遣いました。幸い姉の右手も、箸を持てるまでに回復していたので、その点は助かりました。Dscf5017a


往復JALで、行きはB737-800、帰りはMD-90と、どちらも一本通路機でした。かつてはB747が主体だった熊本線も、ずいぶん小型化したものです。姉は平坦地を歩く分はどうと言うことはないのですが、階段、特に下りがだめです。行きの飛行機は羽田、熊本ともボーディングブリッジ、熊本からは三角線を使わずにタクシーで往復し、帰りの搭乗までは良かったのですが、最後の羽田がなんと沖止め、しかもリフトバスは大型機の方に回されており、タラップ備え付けの「いすリフト」を使って降りました。このいすリフト、下はかなり高い位置で止まってしまうため、最後は係員に抱きかかえられるようにして降りました。そこからはバスではなく専用マイクロバスだったのですが、これがまた結構段差があります。ボーディングブリッジがあればなんと言うこともないところが、かなり大変でした。

写真は、有明海の夕日です。タクシーを使ったおかげで、止めてもらえました。

2010/09/12

新しいFMVの操作性

2010年9月12日

今日古い方のパソコン(=凡吉3号)を初期化し、買ったときと同じ状態に戻しました。このパソコン、どら息子がほしいと言い出したので、初期化した状態で渡します。リサイクルに出すには、もう少し丁寧に消去しないと、専門家が読み出すとハードディスクの消した痕跡から中身が読めてしまうそうです。FMVのリカバリーモードに「ハードディスクの中身をを完全に消去する」というモードがありましたが、どのくらい消せるのでしょう。

さてこれで、小生が使うのは否応なしに凡吉4号になりました。約一週間ちょい使って、いろいろ使い勝手が見えてきました。
まずこのFMV-F550AN5はキーボードもマウスも、オリジナルでワイヤレスがついているのですが、これが使い勝手が良いです。そして机の周りがすっきりして、「ほこりがたまるけど、怖くて拭けない」と文句言っていたカミさんは、大喜びです。ただキーボード、会社のLENOVOも凡吉3号も、そしてこの4号も皆19mmピッチのフルサイズなのですが、なぜかミスタッチが増えました。小生は完全なブラインドタッチ(今は、タッチタイピングと言うそうですが)ではなく、半分見ながら後はカンで打っているのですが、特にI,O,Pあたりのミスが増えました。キーボード全体は小ぶりになっているので、キーボードの全体位置をつかみ切れていないのかもしれません。

インターネットの接続は、早くなりました。小生は光で、ハブ以降は同じなのですが、どこか隘路になっていた部分の処理速度が上がったのでしょう。

画面はすごくきれいです。元々地デジ化で変えたのですが、他の映像もすごくきれいになりました。これはディスプレイの性能向上ですね。その肝心の地デジですが、ビデオの操作性は悪くなりました。これはWINDWS MEDIA CENTERと、パナソニック製のTV fan SUTUDIOの操作性の差によるものですが、TV fan SUTUDIOは放送局すべてが一画面で出る、曜日指定で先の日付へ飛べる、などができたのですが、皆できなくなりました。ただ本物のビデオ(シャープ製)もWINDOWS MEDIA CENTERと同様の操作性でした。パナソニックに一日の長があるようです。

録画したものを今日見てみましたが、映像はともかく、音が割れます。これは凡吉3号ではビデオの録画中はパソコン側は何もできなかったのですが、凡吉4号は他のことができ、録画中にいろいろやっていたせいかもしれません。これは今度夜中に録画したもので比較してみます。夜中の録画と言えば、録画中に画面が明るくならず、また音も小さいので、夜中の録画は楽になりました。

XPモードでリナザウと接続するのは、まだ再挑戦していません。今週末は法事で熊本に行くので、再挑戦はその後です。

2010/09/10

ホルター心電計

2010年9月10日

今朝ホルター心電図の検査のため、病院に行ってから会社に行きました。つまり、今現在ホルター心電計がついています。
前回の検査は一昨年で、そのときはカセットテープに記録する弁当箱くらいの箱を、肩から提げていました。そのためシャツの間からコードが外に出て、サイボーグのような感じに見えました。今回はICメモリー型の機械に変わっていました。実は小生が検査した後、一昨年の12月に変わったそうです。一昨年までの先生(技師さん?)は年配の女性だったのですが、今回からこちらも若い女性に変わりました。まあ、偶然なんでしょうけど。ICメモリー型になって小型になったため、肩ではなく首から下げるようになりました。ファゴットからイングリッシュホルンに変わったようなものです。首から下げるようになったため、すべてがシャツの中に収まり、外にはコードが出ません。会社の作業服はゆったりしているので、会社では外見からは全くわかりません。明日は休日なので、朝自分で外して機械だけ病院の守衛所預かりで返すことになっています。

ホルター心電計をつけているときは、お風呂には入れません。シャワーもだめです。この猛暑でどうなることかと思っていたのですが、今日は少し涼しく、助かりました。明日の朝暑かったら、機械を外して、即シャワーです。

小生は熊本の出身で、暑さには強い方なのですが、さすがに今年の暑さにはうんざりです。うんざりで済んでいるので、まだマシな方かもしれません。

2010/09/06

パソコンの更新、番外編

2010年9月6日

パソコンを更新すると、ゴミがたくさん出ます。ソフトの新しいものを買うと、古いソフトが、必要なCDなどは残しておいても、一箱ゴミになります。

ゴミを出すついでに、7年前にパソコンを更新したとき、つまり凡吉2号から凡吉3号に更新したときに不要になった器具類とメディアを、全部捨てました。段ボール箱まるまる一箱です。内容はSCSI(死語だなあ)接続のHDDやMO、それに98用のフロッピーディスクとMOです。凡吉2号は、PC-9821でした。使っているうちにHDDが不足し、SCSIでHDDを増設しました。ついでにMOも増設し、データのバックアップはMOで取っていました。そのHDD内のデータは凡吉3号に、USB接続のSCSIケーブル(こんなものがありました)経由で移管しました。今回も、似たような形で移管しています。

2003年に凡吉2号から凡吉3号にしたときからずっとしまいっぱなしだったのですが、さすがにもう出番はないでしょう。どうせ捨てるのなら、東京都のゴミが無料だった時代に捨てれば良かったのですが、後の祭りです。

2010/09/05

WINDOWS7のXPモード

2010年9月5日

土日の二日間かけて、何とかパソコンを入れ替えました。これは新しいパソコン(凡吉4号)で書いています。セットアップで何が苦労したかというと、7のXPモードです。いや、XPモードのセットアップ自体は簡単だったのですが、大変だったのはその後です。

○2台のパソコン
XPモードはWINDOWS7の中で仮想マシンを動かすわけですが、これがほとんど交互に無関係の2台のパソコンとして動作します。インターネットにはそれぞれ独自にアクセス可能で、アンチウイルスソフトのバージョンアップなどは裏で勝手に動いているので、同時もあり得ます。IEはXP側が6、7側は8です。従ってアンチウイルスソフトは2ID必要で、今まで使っていたソースネクストのウイルスセキュリティを、手持ちのものは7に非対応だったので、2つ使ってきました。パソコンにデフォルトで入っていたノートンのアンチウイルスは、操作の一挙手一投足に干渉してくるので、ウイルスセキュリティに置き換えました。

ところが新しいウイルスセキュリティ、メディアがCD-ROMからUSBに変わったのですが、XPモードはUSBからのプログラムインストールを受け付けません。仕方がないのですでに登録してある旧パソコン(凡吉3号)のIDで最新版を入手し、ハードディスクの中に入れてそこからインストールしました。凡吉3号はアンチウイルスを削除して、何かあったらもう一つIDがあるので入れることは可能ですが、再度電源を入れるかどうかはわかりません。

全く2台のパソコンとして見えるので、たとえばATOKを両側に入れるときは、ライセンスIDが二つ必要なのでしょうか?ちなみに凡吉4号は、7側はATOK2010、XP側はOUTLOOK2007をインストールしたときに一緒に入ったMSIME2007です。

○本体の再起動と、XPモードの再起動は別
ソフトのインストールの時、よく再起動が要求されます。この再起動は、本体の再起動とは全く別だということがわかりました。XPモードを閉じるとき、いわばスリープ状態に入っています。本体を再起動しても、スリープ状態のXP側は全く知らんぷりで、XP側の再起動(仮想窓内での再起動)をかけないと再起動になりません。小生のでは、いろいろいじっているうちに再起動をかけると「統合環境の構築に失敗しました」と出て、そのまま続行すると固まるようになりました。固まった後はCtrl+Alt+Deleteでタスクマネージャーを起動させ、XPモードだけを終了させ、再度起動させるとなぜか統合環境もうまく構築できます。

XPモードの再起動には、めちゃくちゃ時間を食います。XP側へのソフトのインストールは、半日以上時間のあるときにやらないと、危険です。

○USBはリモートアクセス
手持ちのソフトを調べていたら、意外に7対応が少ないことがわかりました。元々本体で7対応というものは少ないのですが、メーカーから対応パッチが出されていないものが多いんです。始末が悪いことにエプソンがほとんど対応しておらず、CDラベルへの印刷等、プリンタ周りのソフトが全滅でした。そこでXP側にインストールし、ついでにプリンタドライバもインストールしたのですが、これがつながりません。いろいろやった結果わかったのは(英語のXPモードのマニュアルには書いてありました。まじめに読まなかったのがいけない)、USBはリモートアクセスなので、XPモード内のUSBボタンを使って接続しないとつながらないということでした。ネットワークプリンタに接続するような感じです。

そんなこんなで、リナザウのパソコン連携は、まだ実現していません。OUTLOOKの2007は対応しており2010はだめだということはわかったのですが、USB通信のリモートアクセスの設定が、まだです。これはゆっくりやります。

携帯電話の対応ソフトは、あまりのんびりやっている暇がないので(水の中に落としたら、一巻の終わり)、7対応の新しいソフトを買ってきました。これも調べてみたら、会社からの貸与品のDOCOMO F903iには、7対応のUSBドライバがありません。まだ4年しかたっていないと思うんですけど、旧FOMAに対する対応は、悪くなっているようです。これをXPモードでやってみるかどうか、少なくとも暇なときです。

○XPモードのメモリー
本体には4GBのメモリーが積んであるのですが、XP側が認識できるのは512MBです。音声のクリーニングソフトやデジカメのRAWの現像ソフトなど、メモリーを食いそうなソフトが7に対応していません。これは徐々にインストールして、様子見ながらになります。

パソコン自体の使い勝手については、また後日。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ