« ホルター心電計 | トップページ | 熊本に行っていました »

2010/09/12

新しいFMVの操作性

2010年9月12日

今日古い方のパソコン(=凡吉3号)を初期化し、買ったときと同じ状態に戻しました。このパソコン、どら息子がほしいと言い出したので、初期化した状態で渡します。リサイクルに出すには、もう少し丁寧に消去しないと、専門家が読み出すとハードディスクの消した痕跡から中身が読めてしまうそうです。FMVのリカバリーモードに「ハードディスクの中身をを完全に消去する」というモードがありましたが、どのくらい消せるのでしょう。

さてこれで、小生が使うのは否応なしに凡吉4号になりました。約一週間ちょい使って、いろいろ使い勝手が見えてきました。
まずこのFMV-F550AN5はキーボードもマウスも、オリジナルでワイヤレスがついているのですが、これが使い勝手が良いです。そして机の周りがすっきりして、「ほこりがたまるけど、怖くて拭けない」と文句言っていたカミさんは、大喜びです。ただキーボード、会社のLENOVOも凡吉3号も、そしてこの4号も皆19mmピッチのフルサイズなのですが、なぜかミスタッチが増えました。小生は完全なブラインドタッチ(今は、タッチタイピングと言うそうですが)ではなく、半分見ながら後はカンで打っているのですが、特にI,O,Pあたりのミスが増えました。キーボード全体は小ぶりになっているので、キーボードの全体位置をつかみ切れていないのかもしれません。

インターネットの接続は、早くなりました。小生は光で、ハブ以降は同じなのですが、どこか隘路になっていた部分の処理速度が上がったのでしょう。

画面はすごくきれいです。元々地デジ化で変えたのですが、他の映像もすごくきれいになりました。これはディスプレイの性能向上ですね。その肝心の地デジですが、ビデオの操作性は悪くなりました。これはWINDWS MEDIA CENTERと、パナソニック製のTV fan SUTUDIOの操作性の差によるものですが、TV fan SUTUDIOは放送局すべてが一画面で出る、曜日指定で先の日付へ飛べる、などができたのですが、皆できなくなりました。ただ本物のビデオ(シャープ製)もWINDOWS MEDIA CENTERと同様の操作性でした。パナソニックに一日の長があるようです。

録画したものを今日見てみましたが、映像はともかく、音が割れます。これは凡吉3号ではビデオの録画中はパソコン側は何もできなかったのですが、凡吉4号は他のことができ、録画中にいろいろやっていたせいかもしれません。これは今度夜中に録画したもので比較してみます。夜中の録画と言えば、録画中に画面が明るくならず、また音も小さいので、夜中の録画は楽になりました。

XPモードでリナザウと接続するのは、まだ再挑戦していません。今週末は法事で熊本に行くので、再挑戦はその後です。

« ホルター心電計 | トップページ | 熊本に行っていました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいFMVの操作性:

« ホルター心電計 | トップページ | 熊本に行っていました »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ