« 安物買い | トップページ | パスモを洗濯すると »

2010/08/09

外科系その後

2010年8月9日

このところ整形外科に皮膚科と、外科系にかかることが増えていましたが、その後の状況です。

○足底腱膜炎
ほとんど治り、普通は湿布薬を使っていません。とは言ってもすでに伸びてしまったかかとの骨は戻らないはずなので、靴に工夫しています。まず中敷きですが、土踏まずが高くなったアーチ強調より、柔らかく厚いものに変えました。ともかく、クッション重視です。そして出張など長時間列車に乗るときは、あまり見場は良くありませんが、靴を脱いでいます。これは効果があるようで、展示会など革靴を長時間はいていなければいけないときは、時々足が痛くなります。

会社では作業服なので靴もスニーカー(現場に出るときは安全靴ですが、最近は現場に出ることもなくなったので、ほとんど履いていません)ですが、これをナイキのエア何とかというクッションの良いものに変えました。買うときに靴屋の店員が「ランニングでもされるのですか?」と聞いてきましたが、「ええ、まあ」とごまかしました。まさか会社の作業靴に使うとは、言えませんでした。

○粉瘤
皮膚科に通うのは、きっかり2週間で終わりました。浸出液も出なくなったので、「もういいよ」というわけです。手で触ると、ちょっとへこんだような感じになっていますが、違和感がないので、探すのに苦労するくらいです。鏡に映してみると、まだ黒く丸くなっています。内出血の後だと消えるのに数ヶ月はかかりますが、別に見える場所ではないので、放っておけばそのうち消えるでしょう。問答無用でばっさり切られたのですが、正解でした。

« 安物買い | トップページ | パスモを洗濯すると »

整形外科関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外科系その後:

« 安物買い | トップページ | パスモを洗濯すると »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ